マイナス金利の今だからこそおススメ!?個人向け国債とは?

マイナス金利の今だからこそおススメ!?個人向け国債とは?

Bu facebook
Bu twitter

去年の夏のボーナスを金利の高いネット銀行の1年定期に預けて、いよいよその定期預金も満期に。マイナス金利の現状で、今年はますます金利に期待はできないし、この際国債を検討してみようと思うんだけど、個人向け国債ってどんな商品なの?

そんな疑問をお持ちの方に、今回は個人向け国債について解説します。

■個人向け国債とは?

個人向け国債とは、日本国が発行している債券を個人投資家向けに売り易くした商品のことです。
そもそも債券には、以下3点の大きな特徴があります。

-------------------------------------------
・満期時に投資元本が戻ってくる
・運用期間中に利息が受け取れる
・(発行体がつぶれない限り)元本保障
-------------------------------------------

債券投資のリスクは、「発行体がつぶれないか?」という点ですが、国が発行体となる国債は最も安全性が高い債券と言えるでしょう。
また、個人向け国債に関しても通常の債券と同様の特徴を持っていますが、更に個人が買いやすいように以下の特徴が追加されています。

------------------------------------------------
・発行後1年を経過すると中途換金可能
※直前2回分の各(税引き前)利子×0.79685%が差し引かれるペナルティあり
・1万円から投資可能(1万円単位)
------------------------------------------------

投資家から見ると定期預金と比較的似たイメージですが、定期預金はお金を預けるのに対し、個人向け国債は購入という形態になります。
1年を経過すると中途換金可能という点では、定期預金より柔軟性が高いと言えるかもしれません。

そんな個人向け国債ですが、大きく分けて3種類あります。
では、それぞれの特徴を見て行きましょう!
現在売り出し中の商品は、財務省のホームページで確認することができます。

さて各タイプを紹介していきましょう。
大きく分けて、「変動金利」「固定金利」があります。

1)変動金利タイプ
現状販売されている商品は、満期が10年となります。変動金利ということで、半年ごとに金利の見直しが発生します。将来的に金利が上昇することに備えるのであれば、この変動タイプを選ぶと良いでしょう。
なお、気になるのが利率の最低保障の有無ですよね。マイナス金利になると、適用利率もマイナスになってしまうのでしょうか?

いいえ、ご安心ください。
適用利率がマイナスやゼロにならないように、現状0.05%の最低保証金利が存在します。

2)固定金利タイプ
現在販売されている商品では、5年満期と3年満期のものがあります。長く預ける余裕があるのか、ないのかで、満期期間を選ぶと良いでしょう。
また、満期のタイミングをバラけさせるために、5年と3年とに分けて入れるのも良いかもしれません。皆さんのライフプランに適した方を選びましょう。

なお、2016年6月現在、3タイプとも金利が0.05%と同一金利になっています。マイナス金利とはいえ本当に金利が低いですね・・・。

■個人向け国債はどこで購入することができるの?

さて、そんな個人向け国債ですが、どこで購入できるのでしょうか?
都市銀行や地方銀行、郵貯を含めたメジャーな金融機関であれば、原則どこでも購入可能です。ご自身が普段利用してる金融機関で取り扱いがあるかチェックしたい方は、財務省のホームページで確認することができます。
なお、個人向け国債を購入する場合は、専用の口座を開設する必要があります。そのため、免許などの本人確認書類と印鑑が別途必要となります。

小額からできて元本が原則保証される個人向け国債は、投資初心者向けの商品と言えるでしょう。ご検討されている方は、始めてみてはいかがでしょうか?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP