夏場でも手間が9割減る! 超効率的な水回りの予防掃除法

夏場でも手間が9割減る! 超効率的な水回りの予防掃除法

Bu facebook
Bu twitter

_DSC5892.jpg
掃除って、多くの人にとっては面倒なものです。そんななか、どうして面倒だと思うのか? どうしたらもっとラクになるか?を追及し、効率の良さを重視した「知的掃除」を生み出した人がいます! それが知的家事プロデューサーの本間朝子さん。今回は、掃除のなかでもいちばん気が重いと感じがちな、“水回りの掃除”をラクにするため、知的掃除ポイントの一つ、「汚れる前に予防する術」を教えてもらいました!

シンクはスクレーパーで水きりしておけば、頑固な水あかが定着しません!

使用後はしっかり水きりを。ふきんだと拭いたあとふきんを洗わないといけない手間が増えるので、スクレーパーがおすすめです。


小物類はつるしておくと、水回りのヌルヌルとさよならできます

_DSC5850.jpg
水あかやカビがつきやすい浴室は、小物を床に置かずにつるすことで水きれがよくなり、ヌルつき防止に。床もきれいな状態を保てます。

先が少し浮くキッチンツールで調理中の汚れを激減
_DSC5877.jpg
調理中の菜箸やフライ返しはそのまま置くと調理台が汚れるし、皿に置くと洗い物が増えます。先が浮くツールなら解決!

冷蔵庫の上にラップを敷くだけで、ほこり&油汚れに別れを告げられます
_DSC5882.jpg
油煙でべたべたになったほこりがたまりやすい冷蔵庫の上は、ラップを敷いておけばラップをつけ替えるだけでOKに!

ドアポケットの底にペーパータオルを敷けば液垂れのべたつきなし!
_DSC5884.jpg
掃除しにくいドアポケットは、汚れがこびりつきがち。ペーパータオルなら替えるだけで済みます。

いかがでしたか? 目からうろこが止まりません! もう汚れちゃってるから・・・なんて思っていてもあきらめないで、今日から始めてみましょう!


参照:『サンキュ!』7月号「手間を9割減らす知的掃除3つの心得」より一部抜粋 監修/本間朝子、写真/林ひろし、取材/秋山由紀、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP