離乳食10倍粥の作り方!いつからいつまで?裏ごし~冷凍方法は?

離乳食10倍粥の作り方!いつからいつまで?裏ごし~冷凍方法は?

Bu facebook
Bu twitter

生後5ヶ月~6ヶ月頃になると、赤ちゃんも大人が食事をしている様子に興味を持つようになり、よだれをたらしたりします。その様子が見られたら、いよいよ離乳食の開始です!

離乳食と言えば、まず最初に食べさせることが多いのが「10倍粥」です。10倍粥がどんなものなのか、レシピや保存・解凍方法までをご紹介いたします。

10倍粥とは?

10粥ってどんな食べ物?

10倍粥,離乳食,10倍粥,レシピ

10倍粥とは、お米1の割合にお水10の割合で作ったおかゆのことを言います。水がお米の10倍になるので、見た目はとてもサラサラしています。

そして、お米がわずかしか入っていないため、おかゆいうよりは水に近い状態です。

離乳食としての良いところ

離乳食の画像,離乳食,10倍粥,レシピ 出典:*写真はイメージです

赤ちゃんは、食べ物のを消化を行う小腸がまだ未発達な状態ため、「たんぱく質」の消化が上手にすることができません。そんな消化器官が発達していない赤ちゃんでも、唯一消化することができるのが「炭水化物」です。

その中でもお米は、水をたくさん吸収して柔らかくなるため、赤ちゃんが食べやすい液状にすることができることから、離乳食を作るには最適の食材です。

また、ミルクやおっぱいしか飲んでいない赤ちゃんはまだ固形物を口にしたことがないため、離乳食も液状のものから慣れる必要があります。

そのため、水分をたっぷり含んだ10倍粥は、はじめて離乳食を食べる赤ちゃんも受け入れやすく食べやすいのが良いところといえますね。

いつから食べさせればよいのか?

お粥をたべる赤ちゃん,離乳食,10倍粥,レシピ 出典:*写真はイメージです

離乳食の開始時期は、その子によって差がありますが、だいたい生後5~6ヶ月頃が目安となっています。生後5ヶ月ことになると、だいたいの赤ちゃんは首がしっかり座り、目も良く見えるようになってきます。

また、赤ちゃんが大人が食事をしている姿に興味を持ち始める時期でもあります。パパとママが食事をしている時、赤ちゃんが口をモグモグ動かして、じっと見つめるようになったら離乳食を始めてみましょう。

食事をすることに興味を持ちだしたら、離乳食の開始時期がきた合図です。2、3週間ほどして慣れてきたら徐々に水分の分量を減らしていきましょう。

それでは、10倍粥の色々な作り方レシピをご紹介します

【1】炊いたご飯から作る10倍粥レシピ

お鍋で作るレシピ

離乳食☆10倍がゆ(ごはんから),離乳食,10倍粥,レシピ 出典:cookpad.com

炊いたごはんから作るので、お米から作るよりも早く出来上がります。また、炊飯器で炊くよりも、お鍋で煮る時間の方が短いため、時短にもなりますね。

吹きこぼれたり、焦げ付いたりしますので、おかゆを作っている間はじっくりコトコト焦らずに作ることが成功のコツです。

【分量】ごはん大匙1、水50cc

【必要な道具】お米と水が入るくらいの小さめの鍋1つ、ブレンダーまたは裏ごし器

【かかる時間】30分

【作り方】
1、鍋にごはんとの水を入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして10分ほど煮たら火を止めます。
2、1にふたをして、そのまま10分ほど蒸らします。
3、できたおかゆをすり鉢などになめらかにすりつぶすか、ブレンダ―にかけて出来上がりです!

この記事に関連するリンクはこちら

レンジで作るレシピ

❤離乳食初期❤レンジで簡単♪❤離乳食初期❤レンジで簡単♪10倍粥,離乳食,10倍粥,レシピ 出典:cookpad.com

炊いてあるごはんと水を耐熱容器に入れて、電子レンジでチンするだけでできてしまうのでとっても簡単です。おかゆを作り忘れた!なんてときも、ごはんさえあればすぐにできるのが良いところですね。

電子レンジで加熱しすぎると水分が飛んでしまうので、加熱時間をきっちり守ることが成功のコツです。

【分量】ごはん3g(小さじ1)と水30ml(大さじ2)

【必要な道具】ごはんと水が入るサイズの耐熱容器1つ、ブレンダーまたは裏ごし器

【かかる時間】10分

【作り方】
1、耐熱容器にごはんと水を入れ、ごはんをほぐし、ふたをしないで500wレンジで約1分加熱します。
2、レンジから取り出し、ふたをして10分ほど蒸らします。
3、できたおかゆをすり鉢などになめらかにすりつぶすか、ブレンダ―にかけて出来上がりです!

この記事に関連するリンクはこちら

【2】お米から作る10倍粥レシピ

お鍋で作るレシピ

離乳食❤初期*10倍粥,離乳食,10倍粥,レシピ 出典:cookpad.com

お鍋でお米で一からおかゆを作る場合は、ゆっくり焦らずコトコトと煮ることがポイントです。すぐに煮立つので、お鍋の近くから離れ名ようにするのが成功のコツです。

【分量】米大さじ1と水150cc

【必要な道具】お米と水が入るくらいの小さめの鍋1つ、ブレンダーまたは裏ごし器

【かかる時間】1時間20~50分(お米の吸水時間も含む)

【作り方】
1、お米をよく洗い、ザルに開けて水を切り、鍋にお米と水を入れて30~60分浸します。
2、はじめは強火で炊き、フツフツと煮立ち始めたら弱火にし、蓋をして20~30分弱炊きます。
 ※強火の段階では絶対にお鍋から離れず、弱火にしてから20分くらいで一度確認して下さい。
3、火を止めて、蓋をしたまま10分ほど蒸らします。
4、できたおかゆをすり鉢などになめらかにすりつぶすか、ブレンダ―にかけて出来上がりです!

この記事に関連するリンクはこちら

炊飯器で作るレシピ

【離乳食初期】炊飯器で簡単10倍がゆ,離乳食,10倍粥,レシピ 出典:cookpad.com

炊飯器にお米と水を入れて、スイッチを入れるだけ!しっかりお米と水の分量を量れば、炊飯器任せなので誰でも失敗することなく作ることができます。

水分がとても多いので、くれぐれも「おかゆモード」で炊くことを忘れないようにすることが成功のコツです。また一度にできる量がとても多いので、裏ごしをするときは一気にせず少しずつすると、溢れることなくうまくつぶすことができますよ。

【分量】お米50g(1/4カップ)と水500cc

【必要な道具】炊飯器、ブレンダーまたは裏ごし器

【かかる時間】1時間(炊飯器おかゆモードの炊き上がり時間によって異なります)

【作り方】
1、普段通りにお米を研ぎ、炊飯器の「おかゆモード」で炊きます。
2、できたおかゆをすり鉢などになめらかにすりつぶすか、ブレンダ―にかけて出来上がりです!
3、冷めたら冷凍保存容器に入れ、冷凍します。
※お米の吸水の必要可否は、ご家庭の炊飯器の説明書をご確認下さい。

この記事に関連するリンクはこちら

炊飯器で大人のご飯と同時に作る場合

離乳食・スタートは簡単♪炊飯器10倍粥,離乳食,10倍粥,レシピ 出典:cookpad.com

大人のごはんを炊くときに一緒に作れてしまう便利な方法です。赤ちゃんのおかゆを別に作る手間を省くことができるため、忙しいママも大助かりの方法ですよ。

炊飯器の中に入れるおかゆ用の器は、ギリギリのサイズだと炊いている最中に中身が溢れてしまうので、少し余裕のある大きさの器を使うことが成功のコツです。

【分量】お米大さじ1と水大さじ10

【必要な道具】炊飯器、お米と水が入るサイズの湯呑み茶碗やマグカップ、ブレンダーまたは裏ごし器

【かかる時間】60分(炊飯器の炊き上がり時間によって異なります

【作り方】
1、普段通りにお米を研ぎ、湯呑み茶碗やマグカップにお米とお水を入れる。ふきこぼれないようアルミホイルで蓋をする。
2、大人のご飯を炊飯器で炊くとき、真ん中に器を入れ、一緒に炊く。
3、できたおかゆをすり鉢などになめらかにすりつぶすか、ブレンダ―にかけて出来上がりです!
※お米の吸水の必要可否は、ご家庭の炊飯器の説明書をご確認下さい。

この記事に関連するリンクはこちら

冷凍保存と解凍方法について

冷凍の方法とコツ

蓋つきタッパーの画像,離乳食,10倍粥,レシピ

おかゆなど離乳食を毎食その都度作っていたら、とても時間がかかってしまいますよね。そのため、一度作ったら冷凍保存しておくと忙しいママもとても便利ですよ。

ちなみに、冷凍保存した10倍粥はおよそ1週間ほど保存がききます。1週間を過ぎてしまうと、乾燥して風味や味が落ちてしまったり、酸化してしまいますので、1週間を過ぎてしまったものは食べさせないことをおすすめします。

冷凍保存する方法はいくつかありますので、ご紹介します。

ふたつき製氷器を使って冷凍保存する場合

100円ショップに行くと、たくさん製氷器が販売されています。その中でもふたが付いているものは、汚れが入らないためとても便利です。製氷器に10倍粥を8割程度入れるようにします。

このとき、ギリギリまで入れてしまうと、冷凍することによって体積が大きくなり、溢れてしまう原因になるので、少し余裕を持って入れることがポイントです。

シリコンカップを使って冷凍保存する場合

シリコンカップは何度も使いまわしができて、1回分を1カップに入れることができるので解凍する時もとても便利です。また、洗って繰り返し使うことができるので、衛生的で経済的なのも嬉しいポイントですね。

シリコンカップに10倍粥を入れて、大き目のタッパーに並べます。そして、タッパーごと冷凍庫へ入れれば完了です。シリコンカップは熱を通しても大丈夫なので、解凍するときに電子レンジを使うことも可能です。

また、赤ちゃん用品店で離乳食保存専用の容器も販売されていますよ。そのまま冷凍も可能です。

解凍の方法とコツ

10倍粥,離乳食,10倍粥,レシピ

冷凍した離乳食は、解凍する必要があります。その際気を付けたいことは、「冷凍の状態のまま解凍する」ことです。自然解凍してしまうと、雑菌が繁殖してしまうことがあります。

そのため、冷凍庫からだしたらすぐにそのまま解凍するようにしましょう。それでは、解凍する方法をご紹介します。

電子レンジで解凍する場合

電子レンジでの解凍は、とにかく時間がかからないため一番手軽な方法です。解凍する際のポイントは、少し大きめの器に入れて加熱することです。

赤ちゃん1食分のおかゆは、とても量が少ないため、すぐに沸騰してしまいます。小さい器だと吹きこぼれてしまうことがあるため、余裕をもったサイズの器を使うようにしましょう。

電子レンジで解凍する場合は、器にふんわりとラップをかけて、500Wで30秒加熱します。加熱している際も、吹きこぼれていないか確認しながら時間を調節するようにしましょう。

お鍋で解凍する場合

凍った状態のおかゆを、鍋に入れてそのまま加熱します。1食分が少ないため、使う鍋の大きさはできるだけ小さなものを選ぶと良いでしょう。

お鍋で解凍する場合は、おかゆが焦げ付かないように気をつけるのがポイントです。加熱する際は、弱火で5分ほど火にかけると解凍できます。焦らずゆっくり火にかけるようにしましょう。

まとめ

初めての離乳食、10倍粥についてご紹介しました。初めてのわが子の離乳食、色々悩むと悩むと思いますが、まずは「10倍粥」から始めてみてはいかがでしょうか?

そして、ここで紹介したレシピを参考に、少しでもやりやすい方法がみつかれば幸いです。ママの負担にならない、自分に合う方法を探してみてくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP