離乳食後期のおにぎり!人気のおすすめレシピ&レトルト

離乳食後期のおにぎり!人気のおすすめレシピ&レトルト

Bu facebook
Bu twitter

裏ごしした10倍がゆからスタートした離乳食も、後期に入ると5倍がゆ(全粥)や軟飯まで食べられるようになります。そうなってくると、とうとう「おにぎり」も作れるようになりますね。

酒やおかかなどの具を入れたり、のりで巻いたり、ふりかけをかけてみたりと手づかみ食べで赤ちゃんが飽きずに食べられるのがうれしいですね。今回は離乳食後期以降のおにぎりレシピもご紹介します。

離乳食後期のおにぎりについて

手づかみメニューにぴったり

赤ちゃんによっては離乳食中期の7~8ヶ月頃から、自分でお皿や離乳食を手で触りたがるようになります。そのため後期に入ったら「手づかみ食」を用意して、赤ちゃんにぜひ触らせてあげましょう。

おにぎりは手づかみ食にぴったりなので、小さなおにぎりをたくさん作って冷凍しておくのもおすすめです。食べるときは赤ちゃんが自分で自由に触る分と、確実に口に入れて食べる分にお皿を分けておくのもおすすめですよ。

具だくさんで栄養バッチリ

白いごはんのおにぎりもいいですが、混ぜごはんのおにぎりもとっても便利です。離乳食後期の頃になると、赤ちゃんによってはすでに好き嫌いがでてきたり、食べムラがでてきたりすることもあると思います。

そんな時は食材とごはんを混ぜておにぎりにしてみると、意外とパクパク食べてくれるようになることもあります。

また、野菜を混ぜたおにぎり+お肉or魚のおかず、お肉or魚を混ぜたおにぎり+野菜の入ったスープなどにすれば、離乳食の栄養バランスもとれ、作るのもラクになりますよ。

離乳食後期向けおにぎりレシピ

【1】鮭と小松菜の軟飯おにぎり

緑の野菜も混ぜておにぎりに

後期☆鮭と小松菜の軟飯おにぎり,離乳食,おにぎり, 出典:cookpad.com

それでは、離乳食後期のおにぎりおすすめレシピをご紹介します。こちらは色鮮やかな、鮭おにぎりと小松菜おにぎりです。

軟飯はふつうに炊いたごはんに水を加え、レンジで加熱して作っています。鮭は茹でてほぐしたもの、小松菜もみじん切りにしてから茹でたものをごはんに混ぜて握っています。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【2】簡単ひとくちおにぎり

ラップをねじって一度にたくさんつくる技

離乳食後期簡単ひとくちおにぎり,離乳食,おにぎり, 出典:cookpad.com

こちらでは、一度にたくさんのミニおにぎりをつくる方法が紹介されています。作り方は簡単!

ラップに細長く棒状にごはんを乗せて包み、ひとくちサイズになるところでねじります。それを何度も繰り返すとちょうどいい大きさのおにぎりをたくさんつくることができるんです。包んだまま冷凍保存も可能とのことで、とっても便利なワザですね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【3】手づかみ 花型おにぎり

かわいいお花型に作ってみよう

手づかみ 花型おにぎり,離乳食,おにぎり, 出典:cookpad.com

こちらは、とってもかわいいひとくちおにぎりです。巻きずしをつくる時のように海苔の上にごはんを敷き、巻くというより包むようなかんじで、海苔で二つ折りにします。雫型になるようにギュッと成形すると、より花型になりますね。

鮭を混ぜてピンクのお花、炒り玉子を混ぜて黄色のお花などいろいろ作れそうですね。手づかみもしやすそうです。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

離乳食後期、完了期~幼児向けおにぎりレシピ

【1】チャーハン風おにぎり

おにぎりを卵にからめて焼く

離乳食後期チャーハン風おにぎり,離乳食,おにぎり, 出典:cookpad.com

こちらのレシピは、桜えびやしらす、ごま、青のりなどをごはんに混ぜて、小さなおにぎりを握ったあとに、溶き卵をからめてフライパンで焼いた「チャーハン風」になっています。

卵にからめて焼くひと手間で、見た目も食感も変わりますし、これなら指にごはん粒がついてベタベタ…ということも少なくなりそうですね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【2】おにぎらず

離乳食でもおにぎらずは活躍

離乳食後期・幼児用★おにぎらず,離乳食,おにぎり, 出典:cookpad.com

最近大ブームになり、もはや人気は定番化してきた「おにぎらず」は、離乳食にも使えます。

ラップの上に海苔を置き、軟飯を広げてもう一枚の海苔ではさみ、ラップで包んでぎゅっと押してからキッチンばさみで赤ちゃんにちょうど良い大きさに切ってあげれば完成です。

もちろん軟飯にいろんな具を混ぜ込んでもいいですし、作りやすく赤ちゃんも手づかみしやすくておすすめです。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

おにぎり作りに便利なレトルト食品やグッズ

【1】緑黄食野菜ふりかけ さけ/おかか|和光堂

生後9ヶ月からOKのふりかけ

和光堂 緑黄食野菜ふりかけ さけ/おかか (2.2g×6)×4箱,離乳食,おにぎり, 出典:www.amazon.co.jp

おにぎりをつくる時に便利なのが、ふりかけです。ごはんに混ぜ込んでおにぎりにしたり、握ったおにぎりの表面にまぶしてあげたり、いろんな使い方ができますね。

こちらは和光堂から発売されている「緑黄食野菜ふりかけ さけ/おかか」です。生後9ヶ月から対象になっています。国産緑黄色野菜のフレークが入っています。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,234
*メーカー:和光堂

商品の特徴
*内容量:(2.2g×6包)×4箱
*カロリー:さけ7kcal おかか6kcal
*商品サイズ(高さ×奥行×幅):130mm×55mm×80mm

【2】赤ちゃんのお野菜ふりかけ いわし、海藻|ピジョン

栄養豊富ないわし・海藻入り

ピジョン 赤ちゃんのお野菜ふりかけ いわし、海藻 (1.7g×6袋)×5個,離乳食,おにぎり, 出典:www.amazon.co.jp

こちらはピジョンから発売されている「赤ちゃんのお野菜ふりかけ いわし、海藻」です。こちらも生後9ヶ月頃から対象になっています。

いわしはDHA、ビタミン、ミネラル、鉄分、カルシウムなど、赤ちゃんの成長に良い栄養がたくさん入っていますが、なかなか離乳食として食べさせてあげるのは難しい食材。ふりかけで摂取できるのはうれしいですね。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:ピジョン

商品の特徴
*内容量:1.7g×6袋×5個
*商品サイズ(高さ×奥行×幅):140mm×40mm×57mm

【3】モグモグ赤ちゃん 無添加 元気のり|B&D JAPAN

赤ちゃんにも安心の海苔

無添加 元気のり(減塩・味付海苔):モグモグ赤ちゃん,離乳食,おにぎり, 出典:www.amazon.co.jp

こちらはB&D JAPANから発売されている「モグモグ赤ちゃん 無添加 元気のり」で、生後5ヶ月頃から対象です。

化学調味料・着色料・保存料不使用と赤ちゃんにも安心の製法になっています。おにぎりに欠かせない海苔は、タンパク質、カルシウム、鉄分、12種類ものビタミンが含まれていて栄養豊富ですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 950
*ブランド:モグモグ赤ちゃん
*メーカー:B&D JAPAN
*サイズ:内容量(12切×5枚入)×16袋

商品の特徴
*化学調味料・着色料・保存料はしようしておりません。食塩にはミネラル豊富な藻塩を使用しています。
*原材料:乾のり(国産)、糖類(砂糖、水飴)、醤油(大豆、小麦を含む)、みりん、風味原料(えび、昆布、かつお節)、食塩、ごま油

【4】ふりふり 一口おにぎり型|スケーター

一度に7個ミニおにぎりが作れる

スケーター  ふりふり 一口 おにぎり型 SNO2,離乳食,おにぎり, 出典:www.amazon.co.jp

こんな便利グッズもありますよ。ごはんを入れてフタをして、10~20回上下に振ると、一度に7個ミニおにぎりを作ることができます。

もちろん離乳食期だけでなく、子どものおにぎり、お弁当をつくるときにも便利ですね。赤ちゃんが大きくなってきたら、上下に振るのをお手伝いしてもらうこともできますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 540
*ブランド:スケーター(SKATER)

商品の特徴
*サイズ:幅19×奥行17×高さ5cm
*本体重量:0.185kg
*素材・材質:ポリプロピレン
*原産国:日本

まとめ

離乳食後期におすすめの「おにぎり」について詳しくご紹介しました。手づかみしやすく作りやすいので、おうちでの食事にはもちろん、おでかけの時にもパッと作って持っていけるので便利ですよね。

家族でピクニックのときに、赤ちゃんにもおにぎりがあれば手軽に食べることができます。外だとなかなか食べてくれないお子さまでも、おにぎりひとつあれば安心ですね。今回紹介したおにぎりを、ぜひ参考にしてみてくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP