第5話 プロの手を借りてむし歯を予防!親と子どもの歯科クリニック活用法

第5話 プロの手を借りてむし歯を予防!親と子どもの歯科クリニック活用法

Bu facebook
Bu twitter

まだ、歯医者さんデビューしたことが無い、または、歯医者さんはむし歯になってから行くもの、と思っているママパパ、多くありませんか?

子どもの歯は柔らかくむし歯が進行しやすいので、痛くなってからでは大ごとになってしまうこともあります。定期的な健診でむし歯を予防するのが、最善の方法。

でも、いざ歯医者さんに行こうと思っても、どこに行っていいのか、何をしてもらえばいいのかわからないという方も多いですよね。

今回は、歯医者さんに、どのように歯医者さんを選んだらいいか、上手な歯医者さんとの付き合い方や予防治療の疑問をQ&A方式でお答えいただきます。

この記事に関連するリンクはこちら

歯医者さんとの上手な付き合い方、選び方は?

Q.親と子ども、別の歯医者さんがいい?同じでも大丈夫?

親子,虫歯,歯科,子ども

子どもを歯医者さんに連れて行きたいのですが私が行っていた歯医者さん(小児歯科はやっていません)とは別の小児歯科のほうがいいのでしょうか。

A.小児歯科診療への理解と経験を重視しましょう。

子ども歯医者さん,虫歯,歯科,子ども

小児歯科診療に理解と経験のある医院をおすすめします。

お子さんが3歳であれば、小児の診療や対応に慣れている歯科医師のほうがより良いと思います。実はあまり知られていませんが、法律で「歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科」の4つはどの歯科医院でも掲げて良いことになっています。

ご相談者の通っている歯科医院が「小児歯科をやっていない」と言っているのであれば、別の歯科医院で「小児歯科」と看板に掲げてあるところの方が良いかも知れません。

いずれにしても、小児のお口の中のみならず、発達なども含め、きちんと知識と経験のある先生をおすすめします。

日本小児歯科学会が認定した小児歯科専門医や、専門医が勤務している施設も学会ホームページから探すことが出来ます。

また、地域の歯科医師会で小児を診てくれる歯科を紹介してくれることやホームページに掲載していることもあります。参考になさってください。

ご回答者名:日本歯科大学附属病院 小児歯科 岩崎てるみ先生
出典元「オーラルコム回答集より」

子どもの定期健診のペースは?

Q.子どもの歯科健診はどのタイミングで?ペースはどのくらいで行くべき?

スケジュール,虫歯,歯科,子ども

私も歯医者さんで定期健診を受けているのですがそろそろ子どもにも受けさせたいです。どのタイミングで行くのがよいのでしょうか?子どもはどの位のペースで行けばいいのですか?

A.かかりつけ医に健診の間隔を決めてもらいましょう。目安は3~4ヶ月に1度。

ぜひ、かかりつけの歯科医院を見つけて、お口の状況に合わせて定期健診の間隔を決めてもらいましょう。

歯科医院に行くタイミングは、虫歯になってからではなく、定期的に受診し、歯みがきの方法を教わり、クリーニングやフッ化物塗布、歯並びのチェックをしてもらうことで、虫歯になりにくい環境を作ってあげることが重要です。

小児歯科専門医のいる歯科医院や、お母さんが通っている歯科医院でも構いませんので、お子さんのかかりつけの歯科医院を早めに見つけてあげましょう。

子どものお口の中は成長や生活環境によってすぐに変化しますので3、4か月に1回の定期健診をおすすめします。

ご回答者名:日本歯科大学附属病院 小児歯科 芦澤 みなみ先生
出典元「オーラルコム回答集より」

子どもが泣いて受診できない!受診の心構えは?

Q.子どもが泣いて、口の中を見せられません。事前にできることは?

泣く子ども,虫歯,歯科,子ども

歯のかみ合わせで黒くなっているところがあったので歯医者さんに連れて行ったところ大泣きされて口の中もゆっくり見せられないありさまでした。

また次回に来てくださいとのことでしたが、今から気が重いです。

歯医者さんに行くにあたって、何か家で言って聞かせられることや心構えなどがあったら教えていただきたいです。

A.何をするか、ゆっくり自宅で説明を。上手にできたら褒めることも忘れずに。

次回、何をするのかを歯科医師に確認して、お子さんに話してきてください。

お子さんが初めて行く病院や初めて見る器具に不安を覚えるのは当然です。初めての歯科受診で泣いて口を開けられないお子さんも多くいます。

痛みがなく治療に急を要さなければ、先生と「次は口の中を見せてね。」など、次回に行う内容を予め確認して、自宅でやさしく話してきてもらうと、お子さんなりの準備ができるはずです。

上手にできた時には、褒めてあげたりご褒美をあげたりすることは、その後の通院に対するモチベーションの維持にもつながります

子どもの対応に精通している「小児歯科専門医」を探して、一度受診をしてみてはいかがでしょうか。

ご回答者名:日本歯科大学附属病院 小児歯科 亀岡 亮先生
出典元「オーラルコム回答集より」

フッ素、シーラントはするべき?する時期は?

Q.フッ素、シーラントをするタイミングは?ペースはどのくらい?

規則正しい生活,虫歯,歯科,子ども

歯のためにはフッ素、シーラントをするのがよいと聞きました。歯が何本生えたくらいで連れて行くのがいいのでしょうか。
またどの位のペースで続けるのがいいのでしょうか。

A.まずは規則正しい生活と歯みがきを。

フッ素塗布やシーラントは虫歯予防に効果がありますが、まずは規則正しい食生活と歯みがき習慣が基本となります。

フッ素塗布は乳歯が生えてきたら行うことは可能です。たくさん塗ればいいわけではなく、年齢や体重に合わせて、適量を適切な間隔で塗布します。

シーラントは乳歯の奥歯の溝を埋めて虫歯を予防します。乳歯の奥歯が生えるのは1歳半前ですが、溝の形や口腔の状況を考慮して行うかを決定します。いずれも行ったから虫歯にならないわけではなく、基本は規則正しい食生活と歯みがき習慣です。

虫歯予防で歯科を受診するペースは、お口の状態や虫歯のなりやすさ、歯ならびなどによりで異なりますが、通常は3~4か月間隔で行う先生が多いのではないでしょうか。小児のお口の中を丁寧に診てくれる先生、または小児歯科専門医に一度相談してみてください。

ご回答者名:日本歯科大学附属病院 小児歯科 宮山 友紀先生 
出典元「オーラルコム回答集より」

お口の健康、もっと知りたい方はこちら!

オーラルコムの「こども歯科相談室」には、子どものお口に関する情報がいっぱい

赤ちゃんからおとなまで、オーラルケア相談なら専門家に相談できるORALcom,虫歯,歯科,子ども 出典:www.oralcom.net

ライオンの運営するウェブサイト、オーラルコムにはお口の健康に関する情報がたくさん。

中でも「オーラルコム 子供歯科相談室」は、子どもの歯みがきやむし歯に関する質問に専門家がお答えしています。

また、メンバー登録をすると、歯科医師に直接質問ができますよ。

ぜひ、のぞいてみてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

歯ブラシ屋さん「オーラリシス」で、お口に合った歯みがきグッズを!

お口コンシェルジュbyライオン 東京駅の歯ブラシ屋,虫歯,歯科,子ども 出典:oralysis.oralcom.net

オーラリシスは、ライオンが運営する歯ブラシ屋さん。お口の健康を提案するお口コンシェルジュが、ひとりひとりに合った歯ブラシ選びや歯みがきの相談にのってくれます。

子どもに合った歯ブラシの選び方や、効果的な歯みがき剤の使い方などを丁寧に説明してくれるので、安心して商品選びができます。

機会があればぜひ、足を運んでみてくださいね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

コズレ読者限定のプレゼントキャンペーン

オーラリシスオリジナル ハミガキ40g&タオル,虫歯,歯科,子ども

6月4日~10日までは、「歯とお口の健康週間」です。
ライオンではそれを記念して「オーラリシス」に来てくださったコズレマガジン読者の方に、期間限定でうれしいプレゼントキャンペーンを実施中!

6月1日~15日の間、ご購入金額1000円以上のお客様で、記事中のプレゼントキャンペーン告知部分をスタッフに見せてくださった方、毎日先着3名様に「オーラリシスオリジナル ハミガキ40g&タオル」をプレゼントします。

対象の店舗は、オーラリシス(東京駅 グラントウキョウサウスタワー2F)、博多ポップアップショップ(6月15日まで)の2店。ぜひ、訪ねてみてくださいね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか? 

子どもは歯医者さんを怖く感じてしまいがちで、歯科の受診はなかなか難しいこともあります。

最初の受診がむし歯の治療になってしまうと、子どもの拒否感も大きくなってしまいますから、普段から歯を点検する癖をつけて、歯医者さんへの苦手意識を少なくしたいものですね。

それにはまず、かかりつけの歯医者さんを探すことが一番。先生たちの回答を参考に、信頼できる歯医者さんを見つけてみてくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP