「家族っていいな!」と再認識させてくれるファミリー映画5選

「家族っていいな!」と再認識させてくれるファミリー映画5選

Bu facebook
Bu twitter

のんびりと週末を過ごすなら、自宅で映画鑑賞はいかがでしょう? ということで、家族みんなで楽しめる映画をピックアップしてみました。映画を見終わったら、「家族っていいな」と心温まるような気持ちになれますよ!

『チャーリーと14人のキッズ』

715blzFS+QL._SL1280_

出典:amazon

リストラされて就活中のパパが、安心して子どもを預けられる所がないので自分でデイケア(保育園)を作っちゃいました。それまでろくに育児なんてしたことないパパが、子どもたちを相手に奮闘する姿に「わかるわかる!」と共感してしまいます!

笑いあり、感動あり、そして子どもにとって何が大切なのかを考えさせられる映画です。

『アンドリューNDR114』

81cINGfowtL._SL1500_

出典:amazon

近い将来、一家にロボット一台の時代が来ると言われていますが、ロボットとの共存とは一体どんなものでしょうか?

人型ロボット(アンドロイド)のアンドリューは、人間になることを夢見るロボットです。マーティン家の人たちとの生活で、徐々に人間の心を学んでいきます。人とロボットの心通うヒューマノイドドラマです。

『ファミリーゲーム』

MV5BMTgwOTY0NTA3NV5BMl5BanBnXkFtZTcwMTQ2ODgyMQ@@._V1_SY317_CR4,0,214,317_AL_

出典:imdb

両親の離婚によって別々に暮らしていた双子がサマースクールで偶然出会い、お互いの存在を知ることとなります。意気投合した二人はもう一度家族四人で一緒に暮らせるように、ある作戦を立てます。

大人には大人の事情があるものですが、「できるものなら家族は一緒にいるのがいいね!」と改めて思わされる作品です。

『HINOKIO』

41Q2F9DDZXL

出典:amazon

車いす生活で引きこもりのサトルに代わって、遠隔操作で登校するロボット『ヒノキオ』。心を閉ざしていたサトルと、ヒノキオを介してクラスメイトたちとを描いたストーリーです。恋愛・いじめ・非行・性同一性障害(?)・親子関係……etc。

ネタがたくさん盛り込まれており、小学生くらいの子どもがいるならぜひオススメしたい作品です。ヒノキオのCG技術もポイントですよ。

『スクールオブロック』

81pG+7PMDLL._SL1378_

出典:amazon

いつまでもロック歌手になる夢を諦めきれない主人公のデューイが、友人になりすまして学校の臨時教師となります。エリート校の生徒たちの音楽センスと技術に目を付けたデューイは、極秘課題と称してバンドバトル出場を目指します。

本物のミュージシャンを起用した子役たちのステージは、一見の価値あり!です。

見終わったら映画の感想を語り合って、コミュニケーションを楽しんでみては? 改めて「家族」を考えるきっかけになるかもしれませんよ。

関連コラム

子どもの成長に悪影響の恐れ…、親がしてしまうNGな習慣とは?
『キレる』子どもにしないためにママが知って欲しい3つのこと
着膨れはNG! 「子どもには薄着が良い」その理由と効果とは?
実は『103万円の壁』より大事!『130万円の壁』ってナニ?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP