人と関わる力が育つ!縦割り保育のメリット・デメリットとは?

人と関わる力が育つ!縦割り保育のメリット・デメリットとは?

Bu facebook
Bu twitter
preschoolers-1191122_640

最近は少子化の影響もあって、兄弟のいない家庭も多く、年上・年下の子供同士で関わる機会が減っていますよね。そこで注目されているのが、縦割り保育。取り入れている幼稚園や保育園も増えてきています。 では、そんな縦割り保育には、実際どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。いくつか特徴をご紹介したいと思います。

縦割り保育って何?

同じ年齢の子供たちを集めて、年少・年中・年長のようにクラス分けすることを『横割り保育』といいます。それに対して、年齢の違う子供たちでクラス編成することを『縦割り保育』といいます。完全にクラス分けはせず、活動や時間によって、部分的に縦割り保育を取り入れている園もあるようですね。

縦割り保育のねらい

現代の子供は一人っ子も多く、他の年齢の子供と触れ合う機会が少なくなっています。そこで、縦割り保育では、子供たちが年齢の枠をこえて一緒に学び、成長していくことを目的として実施されています。他の年齢の子供と関わり合うことで、社会性や協調性、思いやりの気持ちなど、“人と関わる力”が育もうというねらいがあります。

縦割り保育のメリット

では、縦割り保育でさまざまな年齢の子供たちが一緒に生活することによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。

年上の子にとっては…

・「お兄さん」「お姉さん」としての責任感が芽生える。 ・年下の子をいたわり、かわいがることで、思いやりの気持ちを持つようになる。 ・年下の子との関わり方が上手になる。 ・年下の子のお手本になり、自分に自信を持つことができる。

年下の子にとっては…

・年上の子がやっているのを間近で見られ、いろんなことに挑戦しようとする。 ・年上の子に刺激を受けて、興味や関心の幅が広がる。 ・先生だけではなく、年上の子からも教えてもらえる。 ・年上の子を目標とするため、実力以上の能力を発揮することが期待される。

他にも…

・一般的な社会と同じように、年齢が混ざった中での生活体験ができる。 ・早生まれなど、生まれた月による成長の差が関係ない。 ・年齢相応のことができなくても、コンプレックスを持たないで生活できる。

など、多くのメリットが考えられます。

縦割り保育のデメリット

反対に、デメリットとしては、どんなことが考えられるのでしょうか。

・年齢に合った、行き届いた教育ができない。 ・先生がコントロールしないと、年上の子だけの遊び場になってしまう。 ・年下の子でもできるような保育内容に限られるので、年上の子にとっては物足りなく感じてしまう。 ・逆に年下の子が年上の子の活動についていけなくなる場面もある。 ・年上の子が年下の子のお世話をするといっても、年齢は1~2歳しか変わらないので、いつもより危険が伴うことも考えられる。 ・年下の面倒を見るのが嫌な子、年上の子と関わるのを怖がる子もいる。

といったデメリットがあるようです。

こういったデメリットをカバーするために、特に縦割り保育で子供をみる保育士には、経験値と高い能力が必要となります。

異年齢の子供たちが混ざることによって、さまざまなメリット・デメリットが考えられますね。幼児期は子供の“心の成長”にとって大切な時期。どんなことを経験して、どんなことを身につけてほしいのか、じっくり考えて選びたいものですね。幼稚園・保育園選びに迷っているパパママ、ぜひ候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

参考/ 保育士バンク!「保育園入園前のお母さん注目!縦割り保育のメリット・デメリット」 学研 おやこCAN「縦割り保育」 保育R「保育用語集 一斉保育・自由保育・縦割り保育」 総合保育サービス明日香「保育園・幼稚園における縦割り保育(異年齢保育)のねらいとメリット」

関連コラム

ドキドキの初体験!お泊り保育のメリットとは
幼稚園、保育園どっちがどうなの?幼稚園、保育園が分かれているデメリット
待機児童の解消になる?認定こども園って何?
目指せバイリンガル?インターナショナルスクールは進路に注意!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP