夜中の「おめめパッチリ」を防ぐ!子どもに早寝早起きさせる6つのコツ

夜中の「おめめパッチリ」を防ぐ!子どもに早寝早起きさせる6つのコツ

Bu facebook
Bu twitter
①生活リズムを作る

80726b6287c6d8fbf7834ac48923029b
ご飯やお風呂、歯磨きにお着換えの時間……。平日だとだいたい同じ時間にすることになると思いますが、休みが続くとこのリズムも乱れがちですよね。「この順番でこれをしたらお布団に入るんだ」と無意識に体に覚えさせることで、子どもは自然と眠気に誘われるようになります。さらに、ベッド周りにお気に入りのぬいぐるみを置くなどして子どもが安心して寝られる環境を作れば、ベッドに入るのを楽しみにしてくれますよ。
②お昼寝はできるだけしない

E3d63dbb2cb8d108bbbc25139f9904fc
これも、睡眠のリズムを作る一環です。中途半端な時間に疲れてウトウトしてしまうと夜中に目が覚めてしまい、睡眠の質も落ちてしまいます。すごく疲れている時以外はできるだけお昼寝しないように、するとしても20~30分で起こしてあげてください。楽しいテレビ番組をつけたり、おいしいご飯の匂いで起こしてあげたりすれば、グズらず楽です。
③日中は思いっきり遊ぶ

5b1bbb99d213af2747f55493d1d89ca5
体力を使わないのでは、どうしても眠くなりにくいですよね。外で日の光を浴びてたくさん遊べば、体内時計も正常になりますし、適度に疲れてくれます。暑いと家の中にこもりがちになりますが、涼しい時間にちょっとお散歩に出かけるだけでも違いますよ。
④朝食と夕食に気を配る

Madre figlia verdure
まず朝食はしっかり食べましょう。脳や身体を起こし、エネルギーを補給して一日遊ぶ原動力になります。朝食を食べないと日中元気に遊べず、結果的に夜に目が冴えてしまいます。また、夕食はできるだけ早く食べるようにしましょう。夕食後は歯磨き・お風呂・着替えなどやることが多いので、夕食を遅くすると自然に寝る時間も遅くなります。夕食を早く食べればダイエットにも効果的ですから、ママにも嬉しいですね!
⑤起きたらすぐカーテンを開ける

C111f3b49e339b524a2c48946215c64f
朝日を浴びると、脳にセロトニンという神経伝達物質が作られて脳が活性化します。つまり、グズらずスッキリ目覚めることができるんです。また、体内の生体時計を整える機能もあり、日中活発に動けるようになります。朝起きたらすぐに、まぶしくてもカーテンを開けて日光を取り込みましょう。朝のうちにお出かけするのもいいですね。
⑥寝るときは電気・テレビを消す

6a4390b6fbf7a5a50476c96859d56c90
寝るときは電気やテレビ、それにスマホやPCなどを一度消しましょう。特にスマホやPCはブルーライトで脳を刺激してしまいますので、子どもが寝ようとしている隣ではできるだけ見ないであげてくださいね。電気を消すと怖がる子も多いと思いますが、暖かい光の間接照明を取り入れるなどして、できるだけ暗く、かつ安心して寝られる状態にするのがいいでしょう。
コツはリズムを整えること!
ポイントはいくつかありますが、どれも「睡眠に至るために日中の生活リズムを整えるのが大切」ということでした。最初は大変かもしれませんが、コツをつかんで、親子で快眠してくださいね。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP