池袋のサンシャイン水族館で子どももわくわく夢中!|東京都

池袋のサンシャイン水族館で子どももわくわく夢中!|東京都

Bu facebook
Bu twitter

サンシャイン水族館は池袋の高層ビルサンシャインシティの中にあります。地上40メートルの位置に広がる水辺の生き物達の世界は、迫力満点で、小さな子どもから、大人まで夢中になれます。

池袋駅からサンシャインへ続く地下道入り口もあるので、子連れでも遊びに行きやすいところも魅力!今回は池袋サンシャイン水族館の見どころをご紹介します。

池袋サンシャイン水族館について

旅をテーマにした水槽展示

サンシャイン水族館は旅をテーマにしてフロア区分されています。

水族館の入り口に入ると、視界に緑のヤシの木々が飛び込んできます。
初めて来館された方はきっとビルの屋上にある異空間に歓声の声を上げてしまうことでしょう。

屋上のマリンガーデンでは、天空の旅をテーマにしており、ペンギンビーチやアシカたちの砂漠などを近い距離で見ることができます。

水族館1階の大海の旅では、サンゴ礁をイメージした水槽展示が広がっており、マンボウやラッコ、チョウチョウウオなどを観察できます。

水族館2階の水辺の旅では、アマゾンやマングローブの森などをテーマにしています。
世界中の水辺に住む魚の生態を観察することができます。

この記事に関連するリンクはこちら

サンシャイン水族館のパフォーマンスショー

6種類のパフォーマンスがあります

サンシャイン水族館に来館したら、パフォーマンスショーは必見!

合計6種類のパフォーマンスショーが1日に、数回行われます。

6種類のパフォーマンスをすべて見るには、最初にスケジュールをチェックしておき、空いた時間を水族館の見学に回すと効率よく見ることができることでしょう。

子どもに人気なのは、アシカ・パフォーマンスタイム!
このショーはかなり近くでショーを見ることができるので、子どもの笑顔がまぶしく光ります。

ダイバーと魚の水中パフォーマンスも必見です。
ラッコの食事風景を観察できるラッコフィーデングタイムや、ペリカンの水中採餌が見学できるペリカンフィーディングタイムもあります。

この記事に関連するリンクはこちら

水族館のおすすめショップ・カフェ

子どもが笑顔になれるメニューがあります

サンシャイン水族館内にあるカナロアカフェの店内は、まるでリゾートに来たような雰囲気たっぷり!

お店の外にあるテーブル席では、動物や緑の木々を眺めながらいただくこともできます。

キッズ向けのメニューがあり、おすすめはご飯が動物の形になったペンギンハヤシライスやカワウソカレーライス、クマノミロコモコアシカパンケーキです。
見た目も可愛らしいので、子どもも笑顔になることでしょう。

おみやげ屋さん、アクアポケットでは、水族館の生き物をフィギュアにしたカプセルトイがあります。
家にいる家族のおみやげには、ラッコのおかきや水族館の生き物がプリントされたカラープリントクッキーがおすすめです!

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

都心にありながら、本格的な水族館体験を提供してくれるサンシャイン水族館。

サンシャインシティには他にもナンジャタウンやプラネタリウムなど、子どもの喜ぶ施設がたくさんあります。
魚の揺らめきを見ながら、安らいでみませんか?

入場料・営業時間
ー入場料ー
大人(高校生以上) 2,000円
こども(小・中学生)1,000円
幼児(4才以上)   700円

ー営業時間ー
■4月1日~10月31日 10:00~20:00
■11月1日~3月31日 10:00~18:00

[営業時間延長のお知らせ]
■12月23日~25日は20:00まで営業時間を延長いたします。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP