SNSは怖くない!ママのFacebook活用法

SNSは怖くない!ママのFacebook活用法

Bu facebook
Bu twitter


浜松市の子育て情報サイトが行ったアンケートでは、ママ友・パパ友をつくるためにネットを利用したことがあるという人は半数以上、ネットで知り合ったママ友・パパ友に実際に会ったことがある方も1/3おられました。
浜松市子育て情報サイトぴっぴ

ネットで作る友だちは、園や近所の友だちよりも子育ての悩みを相談しやすく感じる方も多いようです。またさまざまな地域の方と知り合うことができることに楽しみを見出す方もおられ、親密になると実際に顔をあわせるオフ会などに発展するケースもあります。
親同士の交流や、子育ての相談にもインタ-ネットが役立っていますね。

■Facebookで交流する際の注意点
パパママ世代がよく使うSNSにFacebookがあります。Facebookも子育てについて投稿したり、子育てに関する情報を収集する場として活用されていますね。子どもの写真をSNS上に投稿することについては、「子どもへの影響を考えて控えた方がいい」「いや、問題ない」など様々な意見が語られていますが、どんな投稿をするうえでもFacebookの利用には気を付ける点がいくつかあります。

まずは自分の投稿の公開範囲を確認しておくことです。公開範囲は「設定」の「プライバシー」から確認することができます。ステータスが「公開」になっていると世界中に投稿を公開していることになり、あなたのことを全く知らない人でも投稿を見ることができます。おすすめなのは公開範囲を「友達」にしておくこと。こうすることで、Facebook上でつながっている人しか見ることができなくなります。

また、Facebookではグループを作ることができます。グループの設定を公開にするか非公開にするかを選ぶこともできるので、ママ友のグループを作って非公開にすればそのグループに入っている人以外は内容を読むことができません。大勢に連絡事項を一気に伝えることもできますし、それぞれのコメントも把握することができます。Facebookには意外と便利な機能がたくさんあるのでぜひ活用してみてくださいね。

他の方の子育てについて気軽に知り、参考にできるようになったのもインターネットやSNSの普及があってこそ。自分なりの子育てをしっかりしながら、他の方の子育てのよい所を取り入れてみるのもいいかもしれませんね。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP