子供の学習に役立つ『NHK for School』を家庭で活用しよう!

子供の学習に役立つ『NHK for School』を家庭で活用しよう!

Bu facebook
Bu twitter
NHK for School

子供がいる家庭では、子供番組の定番とも言えるNHKの教育番組『Eテレ』。“いないいないばぁ”や“おかあさんといっしょ”などの幼児向け番組は有名ですよね。

ところで、その後の時間帯に放送されている『学校放送番組』はご存知でしょうか。通常、小学生は学校にいる時間帯なので、子供が長期休暇に見ている方なら、知っているかもしれませんね。

現在、世界中の学校では、タブレット端末や電子黒板などインターネットを活かした教育が取り入れられています。『NHK for School』では、学校放送番組の動画が、時間に関係なくインターネットを通じて見ることができるため、日本の多くの小学校でも活用されています。もともとは教師が学校で活用するために作られたものではありますが、これを家庭における子育てにも有効活用することができるのです!

すべての教科を楽しく学べる、子供も満足!

『NHK for School』では、国語・算数・社会・理科だけでなく、道徳・音楽・図工・総合等14教科、全88番組(2016年4月現在)とあわせ、学習内容に沿うクイズやゲームを楽しむことができます。子供に人気のタレントやお笑い芸人が起用されていることで、楽しく学習することができるのも魅力のひとつです。

番組内容は学校の授業でも使われる良質なものばかり。親としても安心して見せることができます。インターネットといっても料金が発生したり、他者との不審なコミュニケーションツールとなる心配もありません。また、各番組の放送時間は10~15分と短いため子供も短時間で満足しやすい構成になっています。

子供の『なぜ?どうして?』に答え、子供に自信がつきます!

小学生になると、学校で習ったことを理解し身に付けることに苦労する場面は少なくありません。学年が上がるごとにその内容は難しくなりますね。

親として教えてあげたいけれど説明の仕方がわからないこともあるでしょう。また、親であるからこそ子供が素直に受け取らないことに苦労する家庭も多いのではないでしょうか。

そのようなときは『学習指導要領』から、今現在子供が直面している内容に見合った番組を検索することができます。疑問に対する解説を早期に発見し、要領良く結論を得られるため、子供の自信につなげやすいのです!

動画で広がる子供の世界

子供の学習とは、足で歩いて耳で聞き、目で見て情報を収集することに意義があるという意見もありますね。しかし映像から得られる情報量は、文字と比較すると何倍にもなります。現代の子供たちは、映像を見ることに興味関心を示す傾向にありますよね。実体験では得ることのできない撮影技術を用いた特殊映像もまた、『NHK for School』を活用するメリットのひとつです。

楽しみながら次々と調べたり、絵本に出てくる場面を動画で確認するなど、『NHK for School』を家庭で日常的に楽しむことは、子供の世界を広げてくれるのに役立ちますよ。

用途に応じて持ち歩くと、より効果的!

どの教科にも対応するNHK for School。いつでもどこでもネット環境さえあれば見ることができます。家の中に限らず、スマホやタブレットを持ち歩いて外で見ることも、もちろん可能!

例えば「鉄棒が苦手……」という子供には『はりきり体育ノ介』が効果大。鉄棒のある公園や運動場に行き、実際にやりながらその場でNHK for Schoolを見てフォームを確認することができます。正しい方法を教えることができ、子供のモチベーションが維持できるのも嬉しいですね。

電子黒板を家庭学習に活用!

コンテンツのひとつである『電子黒板』。自習モードではクイズ形式なので、遊び感覚で楽しみながら勉強をすることができます。答え終わった後はまちがえた部分を絞り込み、動画で確認。わからないまま終わらせることがありません。毎日の復習やテスト前の予習に使うと、効果的な家庭学習になるでしょう

楽しく言語文化に親しむ機会が増える

子供が幼い頃は、絵本を読み聞かせる家庭も多いでしょう。しかし、小学生になるとその時間がぐっと減り、親が読んで欲しいと思う『昔話』や『童話』とふれ合う機会も少なくなります。漫画本やテレビアニメにかける時間の一部を、NHK for Schoolにすることで伝統的な言語文化に触れ合うことができます。

タレントや人気俳優が読み聞かせてくれるので、それだけで「おもしろい!楽しい!」と感じることができるでしょう。低学年には『おはなしのくに』、高学年には『おはなしのくにクラシック』がおすすめです。

便利な世の中になればなるほど、忍耐力や努力、コミュニケーション能力が低下しているという話も耳にします。しかし、それは活用の仕方次第。家庭で日常的に取り入れることのできるNHK for Schoolが、家族の会話を増やし、コミュニケーション能力を豊かにする手段になることは充分にあります。便利さを上手に活用し、将来につなげる使い方を教えて行くことが、今の時代、親の役目のひとつかもしれませんね。

参照/ NHK for School

関連コラム

賢い子供の家庭には図鑑があった!?図鑑でつくる学習習慣
知らないうちに学んでる!遊びや生活に勉強を取り入れる方法
子供だって立派な発明家!豊かな発想力を伸ばしてあげよう
最もケガが多いのはすべり台!子供が安全に遊ぶための注意点とは

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP