第3話 みんなはどうしてる?歯みがき習慣ストーリー~先輩パパママ編

第3話 みんなはどうしてる?歯みがき習慣ストーリー~先輩パパママ編

Bu facebook
Bu twitter

毎日忙しい中、どうやったら歯みがき楽しく親子で続けていくか、を探るこの連載。

第3回は、もめがちな親子の歯みがきタイムを先輩ママたちがどのように乗り切ってきたか、を調べてみました。

意外な秘策がいっぱいの先輩ママたちの知恵を、ご紹介します。

ママと競争!で歯みがきイヤイヤを克服。

口を大きく開けている子ども,子供,歯みがき,習慣

作戦1:カバさん競争作戦

3歳の男の子をお持ちのtsubakiさん。イヤイヤ期の歯みがきが苦痛で色々試してみた結果、まずは、口を開くことが楽しいということを覚えさせることに。

"口を開くこと、にゲーム感覚を取り入れています。

ママが子どもの前でなるべく大きく口を開けて、「ほらカバさんだよ~!ママのお口、大きいでしょ?◯◯もお口を広げてママと競争しようよ!」と比べっこを提案。

「口を開く=比べっこ&競争=楽しい」と印象づけました"

子どもは、ママと遊ぶのが大好き。ですから、毎晩、そんな風にママが自分の相手をしてくれると思ったら、歯みがきタイムも大好きになってしまいますよね。

そしてもう一つ。子どもは競争も大好き! しかも、ママに勝てる!と思ったらうれしくなります。

「カバさん」で飽きたら、「ライオンさん」「ワニさん」などバリエーションを変えてみるのもありかもしれません。

作戦2:お口のドアノック作戦。

さて、tsubakiさんのもう一つの作戦が、ドアノック作戦。

"子どもが口を閉じている状態の時に歯ブラシで唇を「コンコンコン!」といってノックします。口を開けてくれたら「歯ブラシさん、失礼しま~す」といって歯ブラシを口に入れて、子どもを褒めちぎったうえで、歯を磨きます。

子どもも褒められるのでうれしいみたいですよ"

子どもは、嫌だと口を開けることすらしてくれません。実は、この段階で悩んでいるママもたくさんいらっしゃるようです。

なので、この「歯ブラシさん失礼しまーす」は、きっと効果的。なぜか子どもって、敬語使われると大喜びしますよね?

お口を開けてくれない子どものママさん、ぜひ、お試しください。

歯みがき粉大好き作戦で、イヤイヤ克服。

歯ブラシと歯みがき粉と歯みがきコップ,子供,歯みがき,習慣

作戦1:歯みがき粉を残す作戦で歯みがき大好きに!

3歳の娘を持つ、エヌさんが取ったのは、保健所で指導された歯みがき粉の味、ちょい残し作戦。

"歯に気を遣っているので、娘にはチョコレートや飴などのお菓子を厳しく制限していました。そのおかげか、歯みがき粉の甘みが娘にはおいしくて仕方なかったようです。

保健所の歯みがき指導では「歯みがき粉たっぷりで歯みがきして、口に味が残るくらいで寝てください」と言われたので、その通りにしています"

歯みがき粉、昔は「よくすすぐように」という指導でしたよね。ところが最近は、味が残るくらいで、という指導がされています。日本の歯みがき粉はフッ素の含有量が低いので、そのくらいでちょうどいいのだとか。

最近は、おやつにも気を遣われている方が多いので、意外と歯みがき粉の甘さが気にいる子も、多いかもしれませんね。

作戦2:歯みがき粉の味は子どもに任せる。

エヌさんは歯みがき粉の味選びを娘さんに任せることで、より歯みがき好きを加速させているとか。

"子ども用の歯みがき粉はたくさんあるのですが、その中から銘柄は親が信頼できるものを選ぶようにしています。

但し、その銘柄の中で、歯磨き粉の味は娘が好きなものを選んでいるので、歯みがきの時間が楽しいようです"

たしかに、最近の子ども用歯みがき粉は、さまざまな味やデザインがありますよね。お母さんたちがチェックしたうえで、子どもが気にいったものを選べれば、より歯みがきの時間が楽しくなるというものです。

リビングにも歯みがきセットで「めんどくさい!」を撃退

リビングで歯みがき,子供,歯みがき,習慣

作戦1:リビングにも歯みがきを置く作戦

小学校低学年の男の子を持つきのこさんは、目から鱗の作戦を実施中です。

"洗面所に以外にも、キッチンカウンターにも歯磨きセット(歯ブラシ+コップ+歯磨き粉)を設置しています。

子どもが洗面台まで行くのを面倒くさがったり、子どもが眠気を帯びている時など、大変助かっています。

特に「今日はお風呂入れず、そのまま着替えて寝かすか」という場合など、洗面台まで歯磨きセットを取りに行くのが親も面倒な時があります。

キッチンやリビングの一角に、第二の歯磨きセットを置いておくことで、動線がグンと楽になり、親もストレスフリーです"

これはすごい作戦です。子どもに2回も3回も「歯ブラシもってきてー!」と言い続けているお母さん、いらっしゃいませんか? 

特に、一軒家で洗面所が寒いとか、階が違ったりすると、それだけでも子どもは嫌がるもの。ぜひ、実施してみたい作戦です。

作戦2:気分を変えるために違う歯ブラシセットを

さて、きのこさんのこの作戦、第二段階があります。

"ポイントは、歯ブラシの色や、コップを変えること。歯磨きタイムの際、その時々の気分が変わって効果的だと思います。その日の気分で選ぶ、という時もあり、それだけで歯みがきタイムが楽しくなります"

なるほど。子どもの気に入った歯ブラシをキッチンは青、洗面所は黄色、というように置き分けるのですね。

今日はこっちの気分だな、なんて大人みたいで、子どもの気分も上昇間違いなしです。

お口の健康、もっと知りたい方はこちら!

オーラルコムの「こども歯科相談室」には、子どものお口に関する情報がいっぱい

赤ちゃんからおとなまで、オーラルケア相談なら専門家に相談できるORALcom,子供,歯みがき,習慣 出典:www.oralcom.net

ライオンの運営するウェブサイト、オーラルコムにはお口の健康に関する情報がたくさん。

中でも「オーラルコム 子供歯科相談室」は、子どもの歯みがきやむし歯に関する質問に専門家がお答えしています。

また、メンバー登録をすると、歯科医師に直接質問ができますよ。

ぜひ、のぞいてみてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

歯ブラシ屋さん「オーラリシス」で、お口に合った歯みがきグッズを!

お口コンシェルジュbyライオン 東京駅の歯ブラシ屋,子供,歯みがき,習慣 出典:oralysis.oralcom.net

オーラリシスは、ライオンが運営する歯ブラシ屋さん。お口の健康を提案するお口コンシェルジュが、ひとりひとりに合った歯ブラシ選びや歯みがきの相談にのってくれます。

子どもに合った歯ブラシの選び方や、効果的な歯みがき剤の使い方などを丁寧に説明してくれるので、安心して商品選びができます。

機会があればぜひ、足を運んでみてくださいね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

コズレ読者限定のプレゼントキャンペーン

オーラリシスタオル&歯みがき,子供,歯みがき,習慣

6月4日~10日までは、「歯とお口の健康週間」です。
ライオンではそれを記念して「オーラリシス」に来てくださったコズレマガジン読者の方に、期間限定でうれしいプレゼントキャンペーンを実施中!

6月1日~15日の間、ご購入金額1000円以上のお客様で、記事中のプレゼントキャンペーン告知部分をスタッフに見せてくださった方、毎日先着3名様に「オーラリシスオリジナル ハミガキ40g&タオル」をプレゼントします。

対象の店舗は、オーラリシス(東京駅 グラントウキョウサウスタワー2F)、博多ポップアップショップ(6月15日まで)の2店。ぜひ、訪ねてみてくださいね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

歯みがきのイヤイヤを克服する作戦、いかがでしたか?

無理やり口を開けさせる、ということが難しい時は子どもの気分を上げること、をポイントに工夫してみましょう。

ちょっとした工夫を試すだけで、子どもに嫌な顔をされなくなれば、親もストレスがかからなくなりますよね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP