九九暗唱できた?上り、下り、バラ九九ってなに⁉︎

九九暗唱できた?上り、下り、バラ九九ってなに⁉︎

Bu facebook
Bu twitter
小学二年生の秋からは、かけ算の勉強が始まります。子どもは「お家で毎日練習するように」と、学校で言われてきますから、練習している姿を見かけると、かつての自分と重なり懐かしい気持ちになりますよね。九九暗唱は、毎日の積み重ね。家庭での練習も、ママのサポートが大切です。ママスタには、早く覚えさせる工夫や、イマドキの九九事情が寄せられています。
■いつでも、どこでも、ひたすら練習
早く覚えるためには、子どもの興味を引き出したり、いつでも九九表を見られるようにしたりと、工夫がいろいろありますよね。そして、ママや家族の協力があることで、子どものヤル気は、ぐんと高まります。
『ひたすら練習してる。お風呂で100数える代わりに九九。車の中や、リビングでも九九を唱えてた。』
『100均で売ってるお風呂貼り用の九九ポスターで覚えたよ。』
『お風呂、リビング、トイレと、家中あちこちに貼って、少しずつ覚えさせた。』
『九九の歌のCDを寝る前にかけて聞かせていたら、自然に覚えられた。』
『クイズ風に「葉っぱに虫が何匹いるでしょう?」とかやってた。「なにそれー?」と言いながらも「他にもクイズ作れる九九あるかな?」と興味を示しだした。かなり無理なクイズもあったけど、本人はそれで覚えたよ。』
■大人になっても使う九九だから
学校から出される九九の課題も、ママが小学二年生の頃とは違う出され方もあるようです。子どもが大人になってもずっと使う九九だから、どんな時でも、スッと答えが出てくるようにしてあげたいですね。
『上り(かける数が1から順に増える)、下り(かける数が9から順に減る)、バラ(アットランダムに)の3パターンで練習しているよ。』
『自分の時には、下りとかバラとかは、無かったよ〜。これが、結構難しいね。私、言えないかも。。。』
『私の時代は、下りとバラは無かったけど、大事だよね。二桁以上のかけ算になったら、九九の答えがパッと出ないと、テストで時間が足りなくなるし。』
『英単語カードみたいに「九九カード」作って、ゲームっぽくやる。お父さんやお兄ちゃんも巻き込んで。』
『◯秒以内に出来ないといけないと言われてくるから、ストップウォッチで、タイムを計って練習した。
九九暗唱って、合格してもやらないと直ぐに忘れてくるから、お風呂とかでちょこちょこやってる。』
九九は、低学年算数の大きなステップ。頑張ればできるとという自信、やり切った達成感を、子ども自身につかんで欲しいですね。
お子さんがまだ覚え切れていないと心配なママさん、冬休みはチャンスです。お子さんを励ましながら、一緒に取り組んでくださいね。ママと一緒にやる事で、家庭学習の大きな力につながりますよ。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP