粘土で工作!かわいい鯉のぼりの作り方

粘土で工作!かわいい鯉のぼりの作り方

Bu facebook
Bu twitter

5月5日は「子どもの健康と成長を願う」子どもの日ですね。最近は住宅事情で家に鯉のぼりがないお宅が増えてきました。

そこで今回は、粘土で簡単に作れて飾れる、かわいい鯉のぼりの作り方をご紹介したいと思います。道具もお家にある物を使って作れるのでお手軽です!

子どもの日は、子どもと一緒に粘土工作を楽しみましょう!

粘土で鯉のぼりを作ろう!

用意するもの

粘土で作る鯉のぼりの材料(オリジナル),粘土,工作,鯉のぼり

・粘土(100均の紙粘土を使用)
・絵の具(黒・赤・青・緑・黄色)
・ラップの芯
・牛乳パック(洗って乾かし開いておく)

【作り方(1)】粘土を大・中・小に分けましょう

大・中・小の粘土(オリジナル),粘土,工作,鯉のぼり

粘土を、大、中、小、3つの大きさに分けましょう。きっちり量らずにだいたい、という感じで大丈夫です。

【作り方(2)】粘土を伸ばしましょう

粘土の伸ばし方(オリジナル),粘土,工作,鯉のぼり

粘土の汚れ防止に広げた牛乳パックの内側面を粘土板にし、粘土をラップの芯を使って伸ばします。粘土板、麺棒がある場合は、そちらを使ってくださいね。

次に、粘土の両脇に割りばしなどを置き、麺棒を転がすと、一定の厚みになります。

【作り方(3)】粘土を長方形に切りましょう

長方形に切られた粘土(オリジナル),粘土,工作,鯉のぼり

先ほど伸ばした粘土を正方形に近い長方形の形になるよう、使わなくなったはがきやスケールなどを使って端を切ります。

【作り方(4)】余った粘土に色をつけましょう

粘土への色づけの方法(オリジナル),粘土,工作,鯉のぼり

【作り方(3)】で切り取って余った粘土を5等分に分けます。粘土に黒、赤、青、黄、緑色とそれぞれ絵の具をつけ、よく練りこんで色粘土を作っていきます。

【作り方(5)】黒色の粘土で目をつけましょう

粘土への目の付け方(オリジナル),粘土,工作,鯉のぼり

【作り方(3)】で作った粘土を使います。長い面を縦にし、【作り方(4)】で作った黒い粘土を目にしてつけていきます。

左端から1cm、手前の端から1cm、奥の端から1cmのところに目をつけます。この時、奥の目は、上下ひっくり返してつけてください。

【作り方(6)】うろこ模様をつけましょう

うろこ模様の付け方(オリジナル),粘土,工作,鯉のぼり

色をつけておいた粘土で、真鯉、緋鯉、子鯉を色分けして、小さく丸めた色粘土を押し付けるようにつけていきます。

ペタペタはる作業は手先を使うので子どもと一緒に楽しめますよ。

【作り方(7)】しっぽ部分の模様をつけましょう

しっぽ部分の模様の付け方(オリジナル),粘土,工作,鯉のぼり

残った粘土でしっぽ部分の模様をつけます。

この時、しっぽ部分の模様は、鱗の丸模様と差をつけるよう、長く伸ばした粘土を押し付けるようにするようにしてください。

【作り方(8)】ラップの芯でカーブをつけましょう

カーブの付け方(オリジナル),粘土,工作,鯉のぼり

ラップの芯に鯉のぼりを被せ、端を押さえるように、形を整えていきます。

ラップの芯に被せた状態で、そのまま完全に乾くまでしばらく乾燥させます。

鯉のぼりの完成です!

粘土で作った鯉のぼり(オリジナル),粘土,工作,鯉のぼり

完全に乾燥したら出来上がりです!

横に並べたり、ずらして並べて飾ったり、真鯉の上に緋鯉、緋鯉のうえに子鯉と、積み重ねて飾ってもいいでしょう。

カラフルな色合いで、子どもの日をお祝いするにはぴったりです!敷物もカラフルなものにしたり、あえてシックなものにしたりと工夫次第で、鯉のぼりが引き立ちますよ!

鯉のぼり作りにおすすめの粘土

(1)超軽量紙粘土 Kクレイ(M) 3個セット

超軽量紙粘土 Kクレイ 3個セット,粘土,工作,鯉のぼり 出典:www.amazon.co.jp

「超軽量」という商品名の通り、とても軽くて伸びが良い紙粘土です。粘土同士の粘着力が良く子どもの工作におすすめです。

絵具を練り込むことでカラー粘土を作ることができます。

開封してしまうと心配なのが乾燥ですが、この商品には、乾燥を防いで保存できるチャック袋がついています。これはうれしいですよね!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,260
*メーカー:エコール教材

商品の特徴
*CEマーク認定商品(EUで定められた玩具の安全標準規格)
*商品の大きさ:約130×100×25mm

口コミ

・手にくっつかず、とても軽いので使いやすいです。
・乾燥しても割れにくいので購入して良かったです。

(2)ヤコ オーブン陶土「工作用」

ヤコ オーブン陶土「工作用」 ,粘土,工作,鯉のぼり 出典:www.amazon.co.jp

こちらの陶土は、家庭にあるオーブンで焼き物ができるという優れものです。開封して練らずに使えるので、子どもの工作にもおすすめです。

焼き上がった物は、色を付けることもできます。さらに、器などを作れば実用が可能です。その際は、専用のコート剤を塗ると良いでしょう。

自宅のオーブンで、本格的な焼き物体験ができそうですね!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 584
*メーカー:アウベルクラフト

商品の特徴
*瀬戸産蛙目粘土使用
*焼成温度 160℃~180℃

口コミ

・粘土はこねやすく、陶芸に慣れていなくてもうまく作ることができました。
・15分程度オーブンで焼けば出来上がりました。色も塗れるので楽しく作れました。
・開封してすぐに使えて、練る作業も必要ないのでとても便利です。
・子どもも簡単に作品が作れるので買って良かったです。

(3)ねんどでラララ カラフルかみねんど 5色組

ねんどでラララ カラフルかみねんど 5色組 ,粘土,工作,鯉のぼり 出典:www.amazon.co.jp

絵の具を練り込むのが大変!という場合には、カラフル粘土はいかがですか?こちらの商品は、白、黄、赤、青、緑色の5色セットです。

こちらも子どもが扱いやすいように、伸びがよく手につきにくい作りになっています。

各10gずつなので少なめですが、ミニサイズの鯉のぼりを作るのも良いかもしれませんね。粘土と粘土を混ぜ合わせれば、ピンク色や水色といった中間色を作ることもできます。

違う色同士を混ぜると、また違う色ができるということを発見でき、学べるのも楽しいですね!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 421
*メーカー:学校教材の専門店 美工社

まとめ

いかがでしたでしょうか?簡単に作れて、とってもかわいい鯉のぼりの出来上がりです。

玄関に飾ったり、トイレの棚に飾ったりすれば、ちょっと心が華やぐかわいい鯉のぼりとなるでしょう。鯉のぼりの色を変えるとまたイメージも変わります。

また、今回は100均の軽い粘土を使用しましたが、粘土の種類によっても完成イメージが変わります。ご紹介したようなオーブン粘土を使えば、色を付けなくても焼き物のような質感が出て、毎年飾れる立派な鯉のぼりになることでしょう。

粘土工作で親子で楽しくオリジナル鯉のぼりを作ってみてくださいね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP