今秋京橋エドグランがオープン!子連れの注目ショップが知りたい

今秋京橋エドグランがオープン!子連れの注目ショップが知りたい

Bu facebook
Bu twitter

移り変わりの早い東京の街に、2016年秋またも新たな注目スポットがオープンします。その名は「京橋エドグラン」。ご存知ですか?

お出かけ大好きファミリーならばぜひチェックしておきたい、京橋エドグランの概要やおすすめショップ・エリアなどをご紹介します!

京橋エドグランってどんなところ?

東京の玄関口東京駅のほど近く、東京メトロ銀座線京橋駅からは直結という好立地に誕生する新複合施設です。

歴史的建築物棟と新築する再開発棟の2棟で構成され、さらに高層棟と低層棟に分かれています。低層棟は、中央通りの景観に配慮されて設計されたそう。

高層棟はオフィスとなり、低層棟は『“上質” “知性” “本質”を知る大人のためのカジュアル』がコンセプトの商業ゾーンとなります。東京・京橋周辺のオフィスワーカーはもちろん、国内外からの観光客への情報発信が意識され、観光拠点施設が整備される予定です。

子連れにおすすめのショップやエリアは?

今秋新オープンということでまだ多くは公表されていませんが、現在発表されているテナントで気になるショップエリアをチェックしてみましょう!

1.トシヨロイヅカ

自ら農園を持つほど素材にこだわった菓子作りで、日本中にファンを持つパティスリー。その世界観を存分に表現する旗盤店が、京橋エドグランにオープン予定です。

おそらく、とても華やかできらびやかな店舗になるのでしょうね。楽しみです!

2.明治屋

京橋の街で長らく「顔」として親しまれてきた上質の食品を扱うショップ「明治屋」。京橋エドグランには、歴史的建築物棟という形でその外観がそのまま残ります。

古さと新しさが共存するというのも、江戸の頃から商業と文化の中心だった京橋らしさを感じます。

3.銀座中央観光情報センター(仮称)

東京駅や銀座にも近く、皇居や築地場外市場といった観光スポットにもほど近い素晴らしい立地を活かして、観光情報を発信する拠点が開設される予定。

また、開放的な大空間を活用してマルシェ等のイベントも定期的に開催予定です。人々が自然と集い行き交う活気のある空間になるのは間違いなさそうですね。

Like A Big Tree !

京橋エドグラン全体の開発コンセプトは「Like A Big Tree」。これは、大きな木に多様な命が共生しているように、様々な人が集い思い思いの時間を過ごす居場所にしたいという思いがあります。

ビジネス、商業、アート、観光、文化。様々な要素が共生して、京橋エドグランのオープンで、今までの京橋にはなかった新たな魅力が発揮されていくことでしょう。

子連れで行きたい京橋エドグラン

高さ約31メートルもの吹き抜けのある「ガレリア空間」というオープンスペースが設けられるそうです。都心でゆとりのある空間というのは、ありそうでなかったので期待が増します。また、施設内にはハイグレードの共用屋外家具も設置されるとか。魅力的なテナント名も続々と発表されることでしょう。ショッピング、くつろぎ、文化的な刺激、グルメとここ一カ所で様々なジャンルのニーズを満たすことができそう。京橋駅から直結という交通アクセスの良さも、子連れには何かと便利ですよね。

京橋エドグランのオープンが楽しみです!

京橋エドグラン

【住所】

東京都中央区京橋2-2-27

【問い合わせ】

日本土地建物株式会社 公式ホームページ 問い合わせフォームをご利用ください

【アクセス】

東京メトロ銀座線 京橋駅直結

JR、東京メトロ各線 東京駅 徒歩5分

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP