夏に太るってホント? その原因とは...

夏に太るってホント? その原因とは...

Bu facebook
Bu twitter

 薄着になる機会が多く、ダイエットへの関心が高まる夏ですが、実は太りやすい季節だということを知っていましたか? 『オリーブチャンネル』でお馴染みの、女医・馬渕知子先生に理由と対策についてお話をうかがいました。

 

なぜ、夏は太りやすいのか

「いっぱい汗をかくし、食事もさっぱりした物が多くなるから太るわけがない!」などと思っていると、体重計の数値は増える一方…。なぜ夏に太りやすいのか、その原因と対策ついてご紹介しましょう。

 

1.png

<原因1>夏は冬よりも消費カロリーが少ない?

 夏は汗をたくさんかくため、痩せそうなイメージを持ってしまいますよね。でも場合によっては、ごくわずかですが代謝が低下することがあります。人間の体温は常に36~36.5℃前後を保とうとしています。外気と自分の体温との温度差があるほどたくさんのカロリーを消費する為、体温と外気温が同じくらいの夏は体温維持のためにはほとんどカロリーが使われず、蓄えられてしまうのです。 逆に、冷房の効いた環境も要注意。体が冷えることで代謝機能が落ちれば、やはり消費カロリーが落ちる可能性があります。

 

<原因2>内臓の冷え

 暑さで体が火照り喉がカラカラになると、つい手を伸ばしたくなるのが冷たい飲み物です。ジュースやビールなどの糖質の多い飲み物を飲む機械が増えそうですが、そればかりが太る原因ではありません。体に冷たい物が入ってくると、血管が縮まって血行が悪くなり代謝が低下します。さらに胃腸を守ろうとしてその回りに脂肪を蓄えようとするため、気付くとポッコリお腹になってしまう可能性があるのです。

 

<原因3>さっぱりとした食事

 食欲がなくなるとさっぱりとして喉越しの良いそうめんやうどんなど、炭水化物メインの食事だけですませてしまうことが多くなります。これらは消化され糖となるので、摂り過ぎると脂肪として蓄えられやすくなります。同時に筋肉や皮膚を作る素となり、代謝に必要なたんぱく質などの栄養素が不足すると、摂ったカロリーの消費力が低下します。この主な二つの原因が重なり太りやすくなるのです。

 

 意外な落とし穴が多く、なかなか難しい夏のウエイトコントロール。次の章からは、明日からできる簡単なエクササイズ方法と、ダイエットにぴったりな食事の摂り方についてご紹介します!

 

>>次の章では、「夏太り解消をサポートする運動」についてお伝えします!!

 

 

 

先生プロフィール画像2.jpg◆監修◆
マブチメディカルクリニック 馬渕知子先生

マブチメディカルクリニック医院長。内科医、皮膚科医。東京栄養食糧専門学校副校長。東京医科大学医学部卒業。東京医科大学病院に勤務後、マブチメディカルクリニックを開院。内科学・皮膚科学専門だが、あらゆる科との提携を結び、多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。親しみやすい人柄でTV、雑誌など数多くのメディアで活躍中。

 

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP