「寝不足の赤ちゃんは肥満になりやすい」英調査

「寝不足の赤ちゃんは肥満になりやすい」英調査

Bu facebook
Bu twitter
テレビなどを見て寝不足になっている赤ちゃんは後々大きくなって肥満や不安、鬱状態などに陥りやすいことがわかりました。子供の寝不足が肥満のリスクを上げることは以前より研究で分かっていた事実ですが、赤ちゃんまでもが寝不足により、肥満の危険性に陥るということがで研究でわかったのです。

Archived of pediatric and adolescent medicine で掲載された研究では、まず915人の母親がその幼児の睡眠時間と体重、さらにテレビを見る時間を三年間記録しました。もう一つの研究はロンドン大学で行われ、4歳から16歳までの子供に、睡眠不足がどのように影響するかが観察されました。

もし子供に健康に育って欲しいのなら答えは簡単。寝かせてください。赤ちゃんや幼児で一日12時間以下しか寝ない子供は、それ以上寝る子に比べ、3歳になる間に肥満になるリスクが2倍高いことが研究で分かりました。もう少し大きい子に関しては、夜あまり寝ない子は不安、うつ、攻撃的な態度に陥るリスクが高くなります。

睡眠不足は満腹感を伝えるホルモンの邪魔をし、その結果ご飯を食べてもお腹がいっぱいに感じず、体重増加につながるようです。先ずは規則正しく睡眠時間をとらせることが大事です。

ではどうやってたくさん睡眠を取らせたらいいのでしょう?子供が眠る部屋からテレビやパソコン、ゲーム機などを取り除くことだそう。テレビやゲームは子供の睡眠を妨げます。

※ 当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

参考:Sleep-deprived babies risk obesity
http://health.ninemsn.com.au/healthnews/694691/sleep-deprived-babies-risk-obesity

関連リンク
睡眠時間の長さは関係ない!? 眠りの質を上げる「5つの習慣」
集中力もアップ!頭の働きを良くする3つの方法
「睡眠不足だと太る」学者が発見したその原因→「空腹ホルモンが増える」
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP