入園式、パパのスーツ選びのポイントは?

入園式、パパのスーツ選びのポイントは?

Bu facebook
Bu twitter

もうすぐ入園式シーズン! 今年保育園や幼稚園に入園するお子様がいらっしゃる家庭は、新生活が楽しみですね。ママも入園式の服装についてあれこれ悩んでいる時期かもしれませんね。一方、意外と情報が少ないのがパパの服装……。

「いつものスーツでいいかな」と思っている人も多いでしょう。でも、ちょっとした工夫でぐっとおしゃれにみせることも可能なので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

父親は、どんな服装で参加する人が多い?

07b37f875709b3aa96d3836e163b5541_s

入園式に参列する父親の服装は、一般的には

・ブラックスーツ(略礼服)

・ダークスーツ

のどちらかがほとんどです。仕事上スーツを持っていない人もいるかもしれませんが、カジュアルな服装だと浮いてしまいますので、用意したほうがいいでしょう。入園式があるということは、当たり前ですが数年後に卒園式や入学式もあるわけですから、1着もっておいて損はしません!

ただし、小規模な園であったり、入園式を「式典」という扱いではなくイベント・行事としてとらえている場合には、カジュアルな服装を指定される場合もあります。

逆に、幼稚園から一貫教育を行うような園だと、服装に関してフォーマル色が強く、独自の慣例があるケースもあります。どちらにせよ、園に事前に聞いておくといいでしょう。

服装に関するマナーを知っておこう

1c5cad5d58098f6c97d1a5a740610f10_s

では、もう少し詳しく父親の服装に関するマナーについてみていきましょう。

礼服を着て行っても大丈夫?

マナー上は礼服でも問題はありません。でも、礼服を着ている人は少数派だと思われます。園長先生は着ているケースが多いかもしれませんが、それ以外の人はあまり着ていないため、カッチリし過ぎていて浮く可能性もあります。また、基本的にフォーマル度合いをママとあわせたほうがいいと言われているんです。ママが一般的な服装をしているのに、パパだけカッチリし過ぎていると、やはり不自然になってしまうでしょう。

シャツは白でなきゃだめ?

白は無難ですが、「白でなければいけない」という決まりはありません。ただし、奇抜過ぎる色や柄が目立ちすぎるものなどは避けましょう。

ネクタイに決まりはある?

当然ながら、白シャツに白いネクタイや黒いネクタイはNG。結婚式やお葬式を彷彿とさせてしまうからです。それ以外であれば、基本的に決まりはありません。ただ、シャツと同様、あまりに目立ちすぎるものは避けたほうがいいでしょう。

靴は革靴が基本

靴は、革靴が基本です。紐の革靴がより良いと言われていますが、そうでなくてもOK。靴下もビジネス用のものを用意してくださいね。入園式では、靴を脱いで上がることが多いです。「どうせ見えないだろう」と穴あき靴下やスニーカー用靴下を履いていってしまうと、恥をかいてしまいます……。スリッパを持参するよう言われている場合、忘れないように用意しておきましょう。園のものもあるでしょうが、借りていると結構目立ってしまいます

普段のスーツがおしゃれに見える方法

0f2c144e95dd3f6bd4b887777f5a2dc1_s

人によっては、結局「普段出勤するときの服装と同じだな」という人もいるかもしれません。実際、平日に開催される場合、そのまま遅れて出勤する人もいます。そういう人はそのままでも全く問題ありません! でも、もしおしゃれを楽しみたいたら、ちょっとした工夫で随分変わりますよ。

ポケットチーフやラペルピンなどの小物使いで

ポケットチーフやラペルピン、普段とちょっと違うネクタイなど、小物使いでアレンジするといいでしょう。随分印象が変わります。そのまま出勤する際も、外したり付け替えたりするだけなので手軽です。

シャツだけ新調

普段白シャツが多いなら、少し襟元などにワンポイント入ったシャツや、淡いカラーシャツストライプシャツなどを着るのもいいでしょう。華やかになりますよ。

ママとおそろい!

基本的に夫婦並んで参列することが多いので、ママと少しおそろいの部分があると、2人そろっての姿が素敵に見えます。ママの服装のベースになる色と、ネクタイやシャツ、ポケットチーフの色を合わせるといいですよ。

マナーを守って、気持ちよく参列!

入園式では、先生も含めて初対面の人がたくさんいるケースが多いです。第一印象は大切にしたいですね。また、保護者も含めて集合写真をとることも多いので、ずっと記念に残ります。後悔するような服装で行ってしまうと、後々写真を見返すたびに嫌な気持ちになってしまうことに……。

マナーを理解した上でおしゃれを楽しめば、きっと素敵な思い出に残り、子どもも喜ぶでしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP