離乳食調理のフードプロセッサーは必要?人気のおすすめ商品&レシピ

離乳食調理のフードプロセッサーは必要?人気のおすすめ商品&レシピ

Bu facebook
Bu twitter

離乳食の調理は食材を細かく刻んだり、すり潰したり、裏ごししたりと手間がかかりますよね。筆者は離乳食を始めた頃は包丁やすり鉢を使って調理していました。

子どものためなら手間ひま惜しまず、と言いたいところですが、大人の食事も別で作らなければいけないので調理時間を短縮できたらと考えていました。

そんな時に結婚祝いのプレゼントで頂いて眠っていたフードプロセッサーを使ってみたところ、とても便利でした。今回は離乳食の調理に便利なおすすめの人気フードプロセッサーについてご案内します!

また、フードプロセッサーを使った離乳食レシピもご紹介。これから離乳食がスタートする方も、もうスタートしている方も必見です。

フードプロセッサーについて

みじん切りからペースト状まで!お助け調理グッズ

フードプロセッサー,離乳食,フードプロセッサー,必要 出典:Instagram: fumiyon2323さん*写真はイメージです

フードプロセッサーは、食材をみじん切りやペースト状にするなど面倒な下ごしらえ調理を手軽にできる調理器具です。

最近では機能が充実してきてみじん切りやペースト状以外にも、スライス、おろす、こねるなどができるものもあります。

なかには加熱機能もついていて材料をを入れるだけでスープが作れる便利なものも!フードプロセッサーがご家庭にひとつあると料理がはかどります!

離乳食期にフードプロセッサーは必要?

食材を細かく刻んだり、ペースト状にしたりする必要がある離乳食期に、フードプロセッサーがあると下ごしらえの時間が短縮でき、手間を省くことができます。

また冷凍保存など作り置きのために大量に調理する際にもとても便利ですよ!離乳食が終わった後も料理やスムージー作りなどに使えるので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか?

いつから使う?

刻む・すりつぶすなどができるフードプロセッサーは、離乳食初期から使うことができます。離乳食が進み2回食、3回食と回数・量が増えてくると、便利さをより実感できるでしょう。

魚のすり身なども作ることができるので、既製品ではなくなるべく手作りしたい、無添加のものを与えたいなど食にこだわるパパママさんにもおすすめです。

フードプロセッサーで野菜を刻んだ後にひき肉を加えて混ぜれば、簡単にハンバーグや餃子も作れちゃいますよ。1台でできるので、ボールなどの洗い物が減るのもうれしいですね!

フードプロセッサーの選び方

どんな調理機能があるかチェックしよう

ベビーブレッツァ フードメーカー ,離乳食,フードプロセッサー,必要 出典:www.amazon.co.jp

フードプロセッサーは商品によって、調理機能が異なります。離乳食調理の使用だけでなく、その他の調理の可能性も含め検討すると良いでしょう。

刻む、つぶす、スライスする、おろす、泡立てる、こねるなど様々な機能があるものや、刻むだけのシンプルなものもあります。

お菓子作りが趣味の方なら、泡立て機能も使えそうですね!他には加熱機能がついていて、ご飯と野菜と入れると野菜粥を手軽に作れるものや、スープを作れるものもあります。

フードプロセッサーを購入される際は、それぞれの商品の機能をチェックして自分が使いたい機能があるか確認しましょう。

キッチンや収納スペースに合ったサイズを選ぼう

実はフードプロセッサーを持っているけど使っていないというご家庭も多いのではないでしょうか?筆者もそうでした。
 
筆者がフードプロセッサーを使わなかった理由は収納棚からの出し入れが面倒で、かといってキッチンに出して置くには大きすぎたためでした。

これからフードプロセッサーの購入を検討される方は、どこに置くのかあらかじめ決めその場所に合ったサイズのものを選ぶことをおすすめします。収納する場合は、出し入れがしやすい場所に収納しましょう。

お手入れの仕方も確認しよう

赤ちゃんの離乳食に使うものなので、常に清潔に保ちたいですよね。刃や細かい部分も洗いやすいか、食洗器可能かなどチェックしましょう。

洗うパーツが多すぎるのも人によっては面倒に感じるので、洗うパーツがいくつあるかも確認しておくといいですね。煮沸消毒OKなものもあるので、こだわる方はその点もチェックしておくことをおすすめします。

使用時の音の大きさも知っておこう

赤ちゃんが寝ている間に料理の下ごしらえをするパパママも多いのではないでしょうか?電動のフードプロセッサーは使用時モーター音がするので、少しでも音が静かなものを選ぶと良いでしょう。

あまりに音が大きいものだと、使うことにためらって使用頻度が減り最終的にしまいっぱなしになる可能性もあります。購入する前に音の大きさを確認しておけば安心ですね。

人気のフードプロセッサーをご紹介!

【1】フードプロセッサー ホワイト |パナソニック

1台で4役!刻む、する、混ぜる、おろす

パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W,離乳食,フードプロセッサー,必要 出典:www.amazon.co.jp

こちらの商品は1台で、刻む、する、混ぜる、おろす機能がついてます。調理できる量ですが、魚のすりみなら300g、ハンバーグなら500gを調理することができます。

これだけ容量があれば、離乳食の作り置きにも活躍してくれそうですね!容器は傷がつきにくいガラス製なので、傷に食材のカスが入りこむこともなさそうです。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 13,125
*メーカー:パナソニック(Panasonic)

商品の特徴
*サイズ:21.2×15.4×22.5cm
*本体質量:2.8kg
*主な材質:PP樹脂、ABS樹脂、ソーダガラス
*生産国:マレーシア
*付属品:ナイフカッター(チタンカッターではありません)、おろし・とろろカッター
*電源コードの長さ:100cm
*消費電力:約120W
*容量:魚のすりみ/最大量・300g、最小量・100g、ハンバーグのたね/500g、大根・長いも(おろし・とろろ)/250g、大根(鬼おろし)/250g
*清潔:ガラス容器
*使いやすさ:入れすぎストッパー
*できる機能:きざむ・まぜる・する(ナイフカッター)、おろす(おろし・とろろカッター)

口コミ

・シンプル、コンパクト、使いやすい!野菜を調理した後の汚れは水洗いで簡単に落ちました。
・時短料理のお助けグッズです。早く買えばよかったです。
・機能がシンプルで、パワーと耐久性もよく満足しています。
・音が静かでキッチンに据え置きできるコンパクトさです。

【2】フードメーカー |ベビーブレッツァ

蒸す機能がついた離乳食のためのフードメーカー

ベビーブレッツァ フードメーカー 【安全基準適合の日本仕様】 離乳食調理 ,離乳食,フードプロセッサー,必要 出典:www.amazon.co.jp

こちらの商品は刻む、つぶす以外に、なんと蒸す機能もついてます!野菜を入れると、蒸したあと刻んだりつぶしてくれます。

ご飯と野菜をいれておかゆやアレンジメニューも調理可能だそうです。火を使わずに調理できるのは、赤ちゃんのお世話をしながら料理するパパママにはうれしいですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 14,904
*メーカー:baby brezza(ベビーブレッツァ)
*カラー:ホワイト
*商品サイズ:23cm x 18cm x 20cm
*商品重量:1.5kg

商品の特徴
*正規輸入代理店商品、日本語ラベル、日本語取扱説明書付き
*オリジナルレシピ本付き
*【定格】AC100V、50/60hz、ブレンダー150W、スチーマー400W
*◆本製品は日本国内での販売を認可されている正規輸入代理店商品です。重大事故を防ぐため、電気安全用品法に適合しない並行輸入品の購入はお控えください。
*◆日本の電気用品安全法および食品衛生法に適合
*[素材] 本体:ポリプロピレン、カップ:コポリエステル(トライタン)、ブレード:ステンレス
*[製造国] 中華人民共和国

口コミ

・添加物なしの手作り離乳食をあげたくて購入しました。蒸し野菜はより野菜の甘味を感じ、美味しく調理できます。
・離乳食づくりが楽ちん!料理が苦手でも簡単にできます。
・2人目の育児に購入しましたが、1人目から使えばよかったです!調理も洗浄も楽です。

【3】サイレントミルサー|イワタニ

低騒音設計で音が静か!

イワタニ サイレントミルサー IFM-S10G,離乳食,フードプロセッサー,必要 出典:www.amazon.co.jp

こちらは商品名にサイレントとあるように、低騒音設計されています。昼も夜も安心して使うことができるので、アパートやマンションでお隣を気にされる方にもおすすめです。

サイズもコンパクトなので、キッチンに据え置く場合も収納する場合も便利ですね。容器は電子レンジ対応のガラス製です。

調理後に容器ごと電子レンジで加熱すれば、野菜スープや離乳食が簡単に作れます!また、容器とカッター部分は煮沸消毒ができるのも、離乳食におすすめポイントです。カッター部分は4枚刃でナッツや氷も粉砕でき、野菜をジュース状に粉砕することもできます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 16,200
*メーカー:岩谷産業
*カラー:ホワイト
*商品重量:1.8kg
*パッケージサイズ:29cm x 20cm x 14cm

商品の特徴
*朝や夜も安心して使える、低騒音設計のミル・ミキサー
*約55dBの低騒音設計:作動音が従来タイプの約65dBから大幅に軽減!カッターの軸棒のブレによる振動 (音) を抑制するとともに、本体のプラスチック部にエラストマーを一体成型し、振動を吸収させて音の発生を抑制します。
*新開発カッターを搭載:新開発4枚刃カッターの採用で粉砕力がアップ。冷凍食材や氷、ナッツ類も粉砕可能となり、幅広い用途でお使いいただけます。
*電子レンジ対応のガラス容器を採用:容器には、電子レンジ対応の強化ガラスを採用。ジュースのように野菜を粉砕し、容器ごとレンジで加熱すれば、簡単に野菜スープが出来上がり。鍋やお玉も不要で、誰でも手軽に作れるのが魅力です。ガラス製なので、カッター部分と一緒に煮沸消毒ができ衛生的。離乳食作りにもおすすめです。
*メーカー型番:IFM-S10G/カラー:ホワイト/本体サイズ:幅11.4×高さ27.4cm/商品重量:[大容器時] 約1.75kg、[小容器時] 約1.6kg/電源コード長:約1.6m/有効容量:[大容器] 260cc、[小容器] 75cc/定格電圧・消費電力:AC100V/210W/連続使用時間:3分以内/セット内容:本体、カッターユニット、スイッチカバー、ガラス容器 (大・小)、容器用ふたキャップ (2コ)、ヘラ (1コ)、取扱説明書/材質:[本体] ABS樹脂・エラストマー、[容器] 強化ガラス、[保存用フタ] PE樹脂、[カッター] ステンレス304/生産国:中国

口コミ

・赤ちゃんが寝ている部屋で使いましたが、起きませんでした。毎日使用しています。
・友人のすすめで離乳食用に購入しました。子どもが寝ている間に使っていますが、音が気になりません。
・野菜のピューレ作りに役立っています。

フードプロセッサーを活用した離乳食レシピ!

【1】9ヶ月~の離乳食♡優しい味の鶏胸つくね

材料

9ヶ月〜の離乳食♡優しい味の鶏胸つくね ,離乳食,フードプロセッサー,必要 出典:cookpad.com

・鶏むね肉
・絹豆腐
・ひじき
・にんじん
・片栗粉

作り方

鶏むね肉とにんじんはある程度の大きさに切り、ひじきは水で戻しておきます。つぎに鶏むね肉とにんじんをフードプロセッサーにいれ10秒ほど長押しします。

さらにひじきと絹豆腐を加え滑らかになるまでつぶしたら、片栗粉を入れスプーンで混ぜます。鍋にお湯を沸かしたら、たねをスプーンで形を整えてゆでます。

ゆであがったら出来上がりです!

この記事に関連するリンクはこちら

【2】フープロでパラパラ鮭ふりかけ

材料

フープロでパラパラ鮭ふりかけ,離乳食,フードプロセッサー,必要 出典:cookpad.com

・鮭

作り方

まず鮭を中火で4~5分ゆでます。火が通ったら身をほぐし骨を丁寧に取ります。つぎにほぐした鮭をフードプロセッサーにかけます。

そのあと、細かくなった鮭をテフロン加工のフライパンで炒って水分を飛ばします。ある程度水分が飛んだら、再度フードプロセッサーにかけて完成です!

この記事に関連するリンクはこちら

【3】離乳食にも☆簡単マグロのテリーヌ風

材料

離乳食にも☆簡単マグロのテリーヌ風,離乳食,フードプロセッサー,必要 出典:cookpad.com

・まぐろ(刺身)
・はんぺん
・豆腐
・片栗粉
・豆乳
・ケチャップ
・好きな野菜

作り方

まず野菜に火を通しておきます。そのあと、すべての材料をフードプロセッサーに入れ滑らかになるまで回します。

つぎにシリコンスチーマーに入れて表面をきれいに整え、電子レンジで4分加熱します。スチーマーから取り出したあと、カットしたら出来上がりです!

この記事に関連するリンクはこちら

【4】離乳食 豆乳さつま芋クリーム(きなこ)

材料

離乳食 豆乳さつま芋クリーム(きなこ,離乳食,フードプロセッサー,必要 出典:cookpad.com

・さつまいも
・豆乳
・砂糖
・きなこ

作り方

まずさつまいもを輪切りにし、電子レンジなどで加熱しやわらかくします。つぎに、材料を全部フードプロセッサーにかけます。

滑らかになったら出来上がりです!

この記事に関連するリンクはこちら

【5】30秒で離乳食!

材料

30秒で離乳食! ,離乳食,フードプロセッサー,必要 出典:cookpad.com

・食パン
・レーズン
・粉ミルク

作り方

材料を全部フードプロセッサーにかけ細かくし、冷凍保存します。食べるときに必要な量を器に入れ、水を加えたあと電子レンジで20秒ほど加熱したら完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

おすすめのフードプロセッサーとレシピをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?離乳食がスタートすると、子どもがなかなか食べてくれない、食べこぼし汚れなどパパママの苦労も多いでしょう。

そんなパパママが少しでも時間と労力を節約するために、時短調理グッズを活用するのも一つの方法です。この機会にぜひフードプロセッサーをお試しください。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP