春休みの家族旅行に!おすすめスポット10選

春休みの家族旅行に!おすすめスポット10選

Bu facebook
Bu twitter

寒い時期を過ぎて暖かさが感じられるようになったら、おでかけ気分がムクムクと顔をもたげます。冬休みや夏休みと比べるとやや存在感が薄い春休みですが、宿題がない場合もあり、家族旅行にはうってつけ。

風邪の心配もぐんと減るので、小さい子どもとの旅行もしやすい季節です。日本全国いろんなスポットに、日帰りで、旅行で、行ってみませんか?

1.北海道 流氷を見に行く


春休みと言っても北海道はまだ冬。3月は流氷観光のベストシーズンでもあります。

流氷をドリルで砕きながら進む「流氷砕氷船」に乗って、船の上から流氷の迫力を体感してみるのはいかが?

百聞は一見に如かず、子どもたちも感動の体験になりそう。

【船名】
流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱ
【冬期出航時刻】
9:00以降5便出航、2月は6:00、16:10も出航、所要時間は1時間
【住所】
北海道紋別市海洋公園1番地
【アクセス】
オホーツク紋別空港から連絡バスで12分
【問い合わせ】
0158-24-8000(オホーツク・ガリンコタワー株式会社)

2.宮城県 仙台うみの杜水族館

2015年7月にオープンした水族館。東北最大級のイルカ、アシカのパフォーマンスは迫力満点!なんと客席との間に仕切りがないんです!

そのほか、東北の海を再現した水槽も。普段見ることのない変わった生きものにも出合えそうです。

【開館時間】
9:00~18:00(18:30閉館)
【住所】
宮城県仙台市宮城野区中野4丁目6番地
【アクセス】
JR仙石線「中野栄駅」~「仙台うみの杜水族館」まで無料シャトルバスを運行
【問い合わせ】
022-355-2222

3.千葉県 東京ディズニーランド

travel-933171_1920

卒園、卒業、入園、入学のお祝いに東京ディズニーランドやシーへの旅行を企画する人、実は結構多いようですよ!

1度は行きたい…そして1度行くと何度も行きたくなるTDR。

2016年3月25日(金)~6月15日(水)はスペシャルイベント「ディズニー・イースター」をディズニーランドで開催中です。

【運営時間】
春休み期間は8:00~22:00(運営時間は日によって異なるので確認を)
【住所】
千葉県浦安市舞浜1番地1
【アクセス】
羽田空港から直通バスで約45分
【問い合わせ】
0570-00-8632

4.愛知県 日本モンキーセンター附属世界サル類動物園

今年は申年!展示数世界一を誇るサル類専門動物園に行ってみませんか?

昨年末に生まれたワタボウシパンシェの赤ちゃんも、春休みには少し大きくなっている頃。毎日開催されているイベントもありますよ。

【開館時間】
10:00~17:00(3月~10月)10:00~16:00(11月~2月)
【住所】
愛知県犬山市大字犬山官林26番地
【アクセス】
犬山駅から路線バスで約5分
【問い合わせ】
0568-61-2327

5.福井県 福井県立恐竜博物館

日本を代表する恐竜博物館。巨大な無柱空間に立ち並ぶのは、巨大な42体もの恐竜全身骨格…。

恐竜好きの子どもなら、一日中興奮しっぱなしの見ごたえのある展示内容です。

同館がある「かつやま恐竜の森」は、アスレチックやビオトープ、「さくらの森」など見どころたっぷり。平成28年3月20日からは恐竜化石発掘体験も可能です。完全予約制なので要チェック。

【開館時間】
9:00~17:00(入館は16:30まで)
【住所】
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
【アクセス】
JR福井駅下車、えちぜん鉄道勝山永平寺線「勝山行き」乗車(約1時間)→勝山駅下車、コミュニティバスにて約15分またはタクシーにて約10分
【問い合わせ】
0779-88-0001

6.大阪府 なんばグランド花月

人気芸人の漫才や新喜劇の舞台を目の前で見ることができる「なんばグランド花月」。

現在、出演者が決定しているのは3月末までですが、春休み期間を中心に「こども特別公演 お子様3000円キャンペーン」が実施されます!初めて見る子どもでも、新喜劇の分かりやすいお笑いにはだいたいハマるはず…。

朝昼夜の3公演のうち、朝の公演にキャンペーンが適応されます。大阪らし~い場所、堪能して!

【公演時間】
9:15開場(こども特別公演 お子様3000円キャンペーン)、12:30開場、15:30開場(本公演)
【住所】
大阪府大阪市 中央区難波千日前11−6
【アクセス】
南海・近鉄・阪神・JR各線の難波駅下車
【問い合わせ】
06-6641-0888

7.高知県 アンパンマンミュージアムとアンパンマン列車

アンパンマンの生みの親、やなせたかしさんの故郷・高知県に作られた最初の「アンパンマンミュージアム」。展示内容もさることながら、ここにいくまでの道程が楽しい!

四国内を21車両が走っているJRのアンパンマン列車。最寄駅の「土佐山田駅」まではアンパンマン列車で、そこからは「アンパンマンバス」に乗って最寄りのバス停「大栃」まで行くことができます。

高松駅や高知駅では、アンパンマン弁当が売られているから、こちらも見逃せない!

【開館時間】
9:30 ~17:00(最終入館 16:30)
【住所】
高知県香美市香北町美良布1224-2
【アクセス】
JR土讃線・土佐山田駅のりかえ、JRバス大栃線で約25分「アンパンマンミュージアム前」バス停下車すぐ
【問い合わせ】
0887-59-2300

8.鳥取県 森の国

雄大な大山山麓にある「森の国」。森での遊びをたっぷり楽しめるのが「アスレチックの森」。

西日本最大級のフィールドアスレチックは、入門編の「昆虫コース」と「冒険コース」の2種類で、どちらも3歳からチャレンジできます。

そのほかにも宝探しに参加できたり、自転車に乗れる小学生は、森のコースをマウンテンバイクで走る事も可能!思いっきりアクティブに過ごそう!

【営業時間】
9:00-17:30
【住所】
鳥取県西伯郡大山町赤松634
【アクセス】
大山観光道路沿い 県道24号線沿い
【問い合わせ】
0859-53-8036

9.長崎県 ハウステンボス

全国イルミネーションランキングで3年連続の日本一を受賞。

「花と光の王国」ハウステンボスは、春休み満開の花が咲き、訪れるには最高の時期。2月18日(日)~4月18日(月)にはチューリップ祭を開催中です。

【営業時間】
9:00-22:00(日によって営業時間が異なるので確認を)
【住所】
長崎県佐世保市ハウステンボス町1−1
【アクセス】
博多駅から特急「ハウステンボス」で1時間45分
【問い合わせ】
0570-064-110(ハウステンボス総合案内ナビダイヤル)

10.沖縄県 ブセナ海中公園(グラスボート)

3月末の沖縄は夏の気配が聞こえそうな日があるほど暖かい!といっても海開きはまだなので、海を別の形で楽しみましょう。

「ブセナ海中公園」で楽しめるのは底がガラスになっているグラスボート。手が届きそうな位置を泳ぐ色鮮やかな魚たちを見ることができます。

【出航時間】
(毎時)10分・30分・50分  16時は10分・30分 ※始発便 9:10 最終便 17:00(11月~3月)、
(毎時)10分・30分・50分  12時は10分・50分 ※始発便 9:10 最終便 17:30(4月~10月)
【住所】
沖縄県名護市字喜瀬1744-1
【アクセス】
那覇空港発 ⇒ ブセナリゾート前下車
【問い合わせ】
0980-52-3379(グラス底ボート運行状況お問い合わせ窓口)

北から南まで、楽しいスポットたくさん

3月下旬から4月上旬は南北に長い日本列島の季節の多様さを一番感じる事ができる季節。北海道には冬の気配が残りますが、沖縄は夏の足音が聞こえます。

日本列島を見渡せば、希望に合う場所がきっと見つかるはず!どんな体験をしたいか、家族でよ~く相談してくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP