「それは触らないで!」注意しても子どもがガマンできないのはなぜ?

「それは触らないで!」注意しても子どもがガマンできないのはなぜ?

Bu facebook
Bu twitter

「触っちゃダメ」と注意しても、子どもにはつい触りたくなるときがある

「それは触らないで!」注意しても子どもがガマンできないのはなぜ?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10272003058

発達障害のお子さんにしばしば見られるトラブルとして、「触ってはいけないものに触ってしまう」ことがあります。

例えば遊びの場面では、ボードゲームをしているときに、他の子のコマを勝手に動かしたり、誰かが一生懸命積み上げた積み木を、崩してしまったり…。

学習場面では、目新しい教材が配られたときに、先生の指示の前に触り始めたり、調理実習や図工では刃物を勝手に触ったりし、叱られてしまうこともしばしばです。

こうした行動は、注意した時にはなくなっても、別の場面で繰り返されることが多く、対応に困っている親御さんや先生が少なくありません。

大人と子どもでは関心の持ち方が違う

「それは触らないで!」注意しても子どもがガマンできないのはなぜ?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11044003115

実は、「触っていはいけないものに触る」ことの背景には、大人とは異なる子どもならではの関心の持ち方が関わっています。

まだ言葉を持たない1歳半くらいまでの子どもたちは、色や音・手触りといった、感覚的な刺激に興味を持っていますが、それが大人に成長する過程で、感覚的なものから、概念的なものに少しずつ興味・関心が移っていきます。

幼児から小学校低学年のお子さんの場合、こうした関心の移り変わりの過渡期にあり、ゲームのルールのような概念的なものも理解できる一方で、色や音、手触りへの興味が、大人よりずっと強く残っています。

つい触りたくなってしまうけれど、阻止すると…

「それは触らないで!」注意しても子どもがガマンできないのはなぜ?の画像

Upload By 松本太一

たとえば、キラキラと輝く宝石が目を引くこちらのボードゲーム。大人がこれをみたら、まず「この宝石はゲームの中でどう使われるのだろう?」という関心を持つと思います。

ところが子どもの場合は、「この宝石はどんな触り心地なのだろう?」「手にたくさん持って上から落としてみたら、どんな音がするのだろう?」という感覚的な興味が優先します。

こうした理由から子どもたちは、手を出してその宝石を触ろうとするのです。

「それは触らないで!」注意しても子どもがガマンできないのはなぜ?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161016846

大人からすると、ゲームの説明もしないうちから宝石を触ろうとするので、つい「宝石を置いて、ちゃんと説明を聞きなさい。」と注意しがちです。

しかし、この状態では子どもの感覚的興味は満たされていないので、説明の途中で再び宝石に触ったり、プレイ中宝石をいじってゲームに集中できないことがあります。

では、どうすればいいのか?

「それは触らないで!」注意しても子どもがガマンできないのはなぜ?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10568002398

こんなときは逆転の発想で、ゲームを始める前に、コマやチップ、ボードなどを自由に触っても良い時間を作ります。

子どもは存分に触って感覚的興味が満たされるので、その後のルール説明に集中できるのです。

危険な物は使う直前に見せ、説明する

「それは触らないで!」注意しても子どもがガマンできないのはなぜ?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11044013661

ゲームなどのおもちゃであれば、自由に触らせても安心ですが、調理実習で使う包丁やカッターなどの刃物は危険なので、自由に触らせるわけにはいきません。

その場合は、道具を使用する直前に、お子さんに渡すようにしましょう。

お子さんの目の前に物を置いてから、使い方を説明するのではなく、まず説明をした後で道具を渡すのです。そうすれば、お子さんは興味のままに道具をもてあそぶことなく、すぐ作業に入ることができると思います。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP