先進国スイスの出産事情とは?とってもゆるい出産スタイル(前編)

先進国スイスの出産事情とは?とってもゆるい出産スタイル(前編)

Bu facebook
Bu twitter

スイスといって思い浮かぶのは、アルプスの少女ハイジ?または国連などの主要組織の集まる先進国?そんな山奥の先進国スイスで子育てしている筆者が、スイスでの出産子育て事情をご紹介します。

さて前回、陣痛開始から病院に向かうまでをご紹介しましたが、今回は出産編(前半)です。

スイスはとってもゆるい出産スタイル

スイスの病室はLDRで超リラックス

スイスの出産,スイス,出産,事情

スイスではLDRが主流です。ご存知の方は多いでしょうが、LDRとは「Labor Delivery Recovery」の頭文字をとり省略したもので、直訳すると「陣痛分娩回復室」という意味になります。つまり、陣痛開始から出産まで移動の必要がなく、リラックスしてお産にのぞめます。

筆者が入院した病院のLDRは、部屋自体とても広く、家族全員応援に来ても問題ない広さでした。

分娩台に早変わりするベッドは円形に近くとても幅広なので、のたうち回っても大丈夫です(笑)。

その他、普通の入院患者用ベッド(出産後はこのベッドに乗ったまま、ガラガラと入院する部屋まで運ばれます)、付き添いの旦那さま用にソファーベッド、そして何と水中出産もできるように浴槽も完備されていました。

ベッドと浴槽の上部には、天井から神社の鈴緒(=お参りするときに鳴らす鈴に下がってるもの)さながらの、痛み逃しの為のロープが吊るされていて、これから始まる陣痛、そしてお産がリアルに想像でき少し恐怖を感じてしまいました。

スイスでは日本同様、出産形式の希望を事前に伝えますが、患者(というより国民自体)の数が少ないためでしょうか?実際はとてもゆるーく、臨機応変にいろいろ対応してもらえます。

そのため、陣痛の最中に「ちょっと水中出産を試したくなっちゃった。」というのも可能です。また、浴槽は水中出産の為だけではなく、陣痛を和らげるリラックス効果があるとして、いつでも勝手にしかも何度も!お湯をためて使用することができます。

スイスではボタンを押して麻酔を追加?

スイスの出産で麻酔,スイス,出産,事情

これは先進国、そして製薬が主要産業の一つであるスイスの本領発揮といってもいいでしょうか?こちらでは無痛分娩を選ぶ人がとても多く、ほぼ主流といってもいいほどです。

麻酔医がLDRに出向き局所麻酔の処置を施します。おもしろいのは医師の処置後、なんと自分でボタンを押して麻酔を追加注入できるんです!

ナースコールのようなコード付きのボタンで手に持たされます。「イタタタタ、陣痛強くなってきた。」ポチッ!という感じです。

筆者は怖くて自分で追加する勇気はないですが、危険防止のため制御装置がついているそうで、麻酔が入りすぎるという事はないそうです。

まとめ

いかがでしたか?臨機応変に出産方法を変える事ができたり、勝手に入浴することができたり、麻酔を追加するボタンを自分で押せたり...と、なんだかスイスのお産はとってもゆるいなぁ~と感じてしまった筆者でした。

事実、その後の出産・入院生活でも衝撃のゆるさを体験することに!

次回は出産編(後編)をご紹介したいと思います。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP