いよいよ息子が高校生。私立と公立、学費の差ってどれくらい?

いよいよ息子が高校生。私立と公立、学費の差ってどれくらい?

Bu facebook
Bu twitter

来年、子どもが高校生に。私立に通わせるか、公立に通わせるか悩むところ。もちろん、かかる費用も違うだろうし……。私立と公立の学費の差って、どれくらい違うのかな?

お子さまが義務教育のうちは、あまり進路で悩むことはないかもしれません。ですが、高校受験を迎える年頃のお子さまを持つ親たちにとっては、きっと深刻な問題なのではないでしょうか?今回は、そんな悩める親たちに送る、私立と公立の学費の差についてのコラムです。

■私立高校ってどれくらいかかるの?

家計を考えるうえで、聖域という扱いになりがちな教育費。お子さまの進路次第で大きく変わってくるという特徴があります。高校選びも、その一つです。私立に進学するのか?公立で良いのか?この選択によって、教育費は大きく変わってくるのです。

では、私立の高校に通った場合、学費はどれくらいかかるのでしょうか?

文部科学省の「子供の学習費調査(平成26年度版)」のデータを中心に確認してみましょう。こちらによると、私立高校に必要な学校教育費(学費や修学旅行代、教科書代など)は、740,144円/年となっています。他にも、塾や習い事といった学校外での活動費(学校外活動費)が必要となります。前述のデータによると、学校外活動費は255,151円/年かかるようです。合計すると、995,295円/年となります。つまり、私立の高校に通わせた場合、年間約100万円はかかると考えていたほうが良いということです。

しかし、「高校に通うのは3年間だから、費用も3倍なのかな……」と単純に考えないほうが良いでしょう。たとえば、入学時には最初に制服などを購入することになりますよね。そのため、高校生の学校教育費は、一年生の時に最も高くなるのが一般的です。また、大学受験を検討している家庭の場合、3年生になると学校外活動費の1つである塾代が高くなりますよね。こういったことを考えると、高校3年間の学費=300万円とはならないことがわかるかと思います。

■公立高校の場合は?

筆者も地元の都立高校に進学したのですが、やはり私立と比較すると公立高校は安いイメージがありますよね。実際、公立高校はどれくらい費用がかかるのでしょうか?

同じ文部科学省のデータから確認すると、公立高校の学校教育費は242,692円/年です。私立高校の740,144円/年と比較すると、なんと3分の1になります!やはり、私立と比較すると、公立高校は圧倒的に安いですね。一方、学校外活動費をみてみると、前述の私立が255,151円/年であるのに対し167,287円/年と、学費ほど大きな差がないことがわかります。あくまで公立の平均なので、学力の高い高校だと、塾代はもっと高いのかもしれませんね。
とはいえ、学校教育費と学校外活動費の合計額は、409,979円/年と私学の半額以下に収まります。経済面を考えると、やはり公立のほうが優位ですね。

■補助金について

「やっぱり私立は高いので、わが家には無理だ……」と落胆した方もいるのではないでしょうか?

そんなご家庭にご紹介したいのが、各種助成の制度です。2010年に、高校授業料の無償化という制度があったことを覚えていますでしょうか?政権交代もあり、すでにそのような制度はなくなっているように思うかもしれませんが、現在でも「高等学校等就学支援金」と名前を変えて存続しています。

では、どのような内容になっているのでしょうか?

簡単にいうと、一定の世帯収入以下のご家庭には、毎月一定額の就学支援金を支払うという内容になっております。具体的な金額は、月額9,900円です。(公立の定時制高校は月額2,700円など、一部金額が異なる高校も存在します。)気になる給付の基準となる所得ですが、「市町村民税所得割額」が304,200円未満となっています。年収に換算すると、900万円強というところでしょうか?

ここで気になるのが、「世帯収入」という部分です。児童手当などは、ご夫婦の収入が高いほうの金額で計算しますが、今回ご紹介した高等学校等就学支援金は「世帯」という概念なので、共働きの場合は合算されます。そのため、夫婦ともフルタイムで働いている場合、それぞれは高所得でなかったとしても、上限を超えてしまうご家庭が発生しますのでご注意ください。

なお、国のこういった制度とは別で、各自治体が独自に実施している制度もあります。たとえば、福岡県では、福岡県に居住しており、高等学校等就学支援金や生活保護を受ける世帯などを対象に、私立高校に進学する場合は、52,600円/月を支給する独自の制度があります。(生活保護世帯や進学先によっては、金額が異なります。)
このように、自治体を含め各種助成制度などもあるので、お子さまの進学タイミングが来たら、いろいろ調べるようにしましょうね。

こういった制度は、随時変更があるので、Sodanでは常に最新の情報を届けていきたいと思います。引き続きチェックしてみてくださいね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP