子連れ家族にやさしいホテルタングラム斑尾の魅力発見! |長野県

子連れ家族にやさしいホテルタングラム斑尾の魅力発見! |長野県

Bu facebook
Bu twitter

小さな子どもと一緒に旅行する時、何かと荷物が増えて大変…とお悩みの方におすすめなホテルがあるんですよ。

長野県の信濃町にあるホテルタングラム斑尾です。ベビー・キッズ連れのファミリー向けの特別ルーム 「わくわくわしつ」もあり、温泉の日帰り入浴のみの利用も可能なリゾートホテルです。

ホテルタングラム斑尾の詳しい特徴や、魅力について詳しくご紹介していきます。

【ホテルタングラム斑尾の魅力(1)】温泉

温泉は、筋肉痛や冷え性に効能あり

ホテルタングラム斑尾,ホテル,タングラム,斑尾 出典:www.tangram.jp

ホテルタングラム斑尾(まだらお)は、信濃町(しなのまち)にあるリゾートホテルです。ホテルタングラム斑尾の温泉は、延徳(えんとく)温泉が源泉の弱アルカリ性低張性高温泉。

効能は神経痛・筋肉痛・打ち身・冷え性・切り傷・火傷などです。また、サウナ・水風呂のほか、露天風呂もあり開放感たっぷりです。

ホテルタングラム斑尾は総合リゾート施設内にあるため、スキーや室内プール、キッズパークなど遊べる施設が充実しています。

たっぷり遊んだ後は、温泉で疲れを癒してはいかがでしょうか。宿泊者は24時まで、日帰り入浴の方でも20時まで受付しているので、日帰り入浴の方も時間的にゆったりとくつろいで入浴できますよ。

なお、料金は日帰り入浴の方で大人1,000円、小人500円とリーズナブル。もちろん、宿泊者は無料で入浴できます。

【ホテルタングラム斑尾の魅力(2)】バイキング

レストラン「バイキングZIGZAG」

ラングラムのレストラン,ホテル,タングラム,斑尾 出典:www.tangram.jp

ホテルタングラム斑尾には、お子さんが大好きなバイキングレストランと季節ごとのコースメニューが楽しめるレストランがあります。

バイキングレストラン「バイキングZIGZAG」では、和食・洋食・中華のメニューが約50種類と豊富でお子さんも大喜びです。

また、座席も400席とたくさんありますのでお子さんが一緒でも気兼ねなく利用できます。「コースレストラン 風車」では、季節ごとに日本海の幸、信州の山の幸を用いた和食や旬の食材を用いたコース料理を堪能できます。

お子さん用のメニューもあるので、子連れ家族でも大満足です。詳細は、お問い合わせください。

【ホテルタングラム斑尾の魅力(2)】アメニティ&サービス

子連れに優しいサービスでパパママもうれしい!

ウェルカムベビーのお宿認定のアメニティ,ホテル,タングラム,斑尾 出典:www.tangram.jp

ホテルタングラム斑尾に宿泊すると、フェイスタオル・バスタオル・浴衣・スリッパ、シャンプー・リンス、ボディーソープ、歯ブラシ、などのアメニティが付きます。

なお、お子さん用浴衣(100cm、120cmサイズ)の用意もあります。フロントでの無料貸し出しです。 いつものパジャマと違い、旅行の雰囲気を味わえそうですね。

ドライヤーなどがお部屋に用意されているので、子どものボディケア用品やママの化粧品を持参すればいいのは、旅行の支度する上でも助かりますね。

ホテルタングラム斑尾の「わくわくしつ」は、赤ちゃんや小さな子どもがいるファミリーに最適な特別な客室で子連れファミリーに大人気!

なんと、ミキハウス子育て総研株式会社により認定された「ウェルカムベビーのお宿認定」のお部屋で随所にパパママ子どもに嬉しいポイントがあるんです。

柱などが角のない作りになっていたり、お部屋が畳敷きでローベット(低いベッド)など、赤ちゃんに優しい作りになっています。

またミルクをさっと作れる電気ケトルや離乳食をあたためられる電子レンジを初め、子どもも安心して使えるソープ類やかわいいスポンジなどとにかく子ども目線のアメニティが満載!

また「わくわくわしつ」滞在者への特典としておもちゃの貸し出しやお風呂用ベビーチェアやベビーカーも貸していただけるのです。

子連れ旅行でも、コンパクトな荷物で不便なく楽しめること間違いなしですよ!

このスポットの基本情報、口コミはこちら

まとめ

アメニティーが充実しているホテルなら、旅行の支度も楽な上、帰宅後の洗濯に追われなくていい点がママにとっては、嬉しいですよね。

ホテルタングラム斑尾は、子ども向けのサービスが充実している子連れファミリーにとって利用しやすいリゾートホテルです。

ワンストップで、遊びと癒しを体感できるホテルタングラム斑尾にぜひ、おでかけしてみませんか。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP