妊娠初期、チクチクする腹痛の原因は?出血や下痢を伴う場合は?

妊娠初期、チクチクする腹痛の原因は?出血や下痢を伴う場合は?

Bu facebook
Bu twitter

妊娠初期の腹痛、とても心配ですよね。妊娠初期の腹痛はどこの部分が痛むのか、いつからか、などによってさまざまな要因が考えられます。今回は、妊娠初期のチクチク痛む腹痛について、詳しく紹介します。

【1】妊娠初期の腹痛、どこの部分が痛むのか、いつから痛むのか確認してみましょう。

【1】妊娠初期の腹痛は場所によって原因もさまざま。

妊娠初期の腹痛、とひとことで言っても、原因は様々です。

腹痛がどの場所で起きているのか、をよく確認して見ましょう。

腹痛がみぞおち(左右の肋骨の間くらい)の部分のばあいは、胃からきている痛み、真ん中あたりなら腸、下腹部の場合は子宮や泌尿器から来る痛みの可能性が考えられます。

受診する場合でも、どこの部分が痛いのか、を尋ねられますので、適切にこたえられるようにしておくと良いですね。

【1-2】妊娠初期の腹痛、いつからなのか、も重要なポイント。

腹痛の確認をする場合、いつからなのか、も重要なポイントになります。

同じみぞおちのあたりの痛みだとしても、痛みの置きだした時期が妊娠が判明した時期と同じころであれば、妊娠が原因のものと推測されます。しかし、妊娠する前からのものだと、胃炎や他の胃の病気なども考えられます。

大体、いつごろからか、も確認しておきましょう。

【2】妊娠初期の腹痛は場所と痛みによって原因が違います。

【2-1】妊娠初期の腹痛。下腹部の痛み。

妊娠初期腹痛チクチク,妊娠初期,腹痛,チクチク 出典:PIXTA

妊娠初期にはチクチクした下腹部の痛みを訴える人も多いです。

これは、妊娠したことにより子宮が大きくなっていく過程で起こる痛みの場合があります。子宮そのものは妊娠していない時はニワトリの卵ほどの大きさですが、妊娠2カ月では、その1.5倍ほどまでに大きくなります。当然、周囲の筋肉やじん帯がのびることにより、引っ張られるような痛みを感じることも出てくるのです。

こうした子宮が大きくなることによる痛みは、下腹部全体から足の付け根にかけて引っ張られるような痛みやチクチクした痛みが起きることも。断続的で日常生活に支障をきたさない程度でも、気にかかるようであれば次回の受診の時に主治医に伝えてみましょう。

また、生理痛のような重だるい痛みが続いたり、段々強くなる場合は、流産の兆候かもしれません。こうした症状の場合が気になるときは、早めに相談した方が良いでしょう。

【2-2】妊娠初期の出血を伴う下腹部痛

妊娠初期腹痛電話,妊娠初期,腹痛,チクチク 出典:PIXTA

妊娠初期に最も心配してしまうのが、このタイプの腹痛です。

出血を伴う腹痛と言っても、様々な程度がありますが、心配なのは、長く続く出血と生理痛のような腹痛が一緒に起こることです。また、出血の量もおりものに血が混じる程度なら、妊娠初期にはよく見られる症状でもあるのですが、何度もナプキンを変えるような出血があり、腹痛を伴うようなら流産の兆候かもしれませんので要注意です。

妊娠初期は一番、流産が起きやすい時期です。この時期の流産は、妊婦さん側に原因があるというよりも、自然に起きる流産が多いのですが、適切な処置を行わないと、妊婦さんの健康に問題が起きたり、以後の妊娠に支障をきたす場合も。

こうした場合は、出血や腹痛がいつから起きたか、どのくらいの痛みがあるか(起きていられないほど、痛みの間隔など)、出血の量などを電話で伝え、急いで受診するようにしましょう。

【2-3】妊娠初期の腹痛。お腹が張るような痛み。

妊娠初期腹痛食物繊維,妊娠初期,腹痛,チクチク 出典:PIXTA

妊娠初期のお腹が張るような痛みは、まだ、子宮の収縮によるお腹の張り、ではありません。子宮そのものは小さく、張る感じが出るような段階ではないからです。

この時期のお腹が張るような痛みは、便秘によるものが多いようです。この便秘は、妊娠したことで女性ホルモンが急増することにより引き起こされるものです。この女性ホルモンは、胃腸の働きを悪くする働きがあり、水分を身体にため込む作用もあるので、むくみがでたりすることもあります。

あまりに便秘がひどい場合には、主治医に相談してみましょう。妊娠中に使える便秘薬もありますが、使う場合には主治医への相談が必要です。また、海藻や豆類、お米など、食物繊維の多い食品を取るように心がけたり、水分を多く取るだけでも、違ってきます。

【2-4】妊娠初期の下痢を伴う腹痛

妊娠初期腹痛ヨーグルト,妊娠初期,腹痛,チクチク 出典:PIXTA

妊娠初期には、便秘がひどくなる人が多いのですが、実は下痢の症状に悩まされる人もいます。

便秘と同じようにホルモンバランスの乱れの場合もありますし、つわりも同じ時期に始まるために、同じものばかり食べるようになり、食生活のバランスが崩れることも原因の一つだと言われています。

例えば、つわりの症状がある妊婦さんの中には、フライドポテトばかりが食べたくなるという人が多かったり、温かいダシのにおいがダメなので、冷たいものばかり食べている、という人もたくさんいます。

もちろん、栄養バランスの取れた食生活を送ることが理想的なのですが、つわりの時期は、どうしようもない部分もあります。この場合は、主治医に下痢に効果があるような薬を処方してもらうといいでしょう。

また、最初にも書いたように便秘が続くと、腸内環境が悪くなり、結果、下痢を引き起こすこともあります。この場合もやはり、主治医に相談して、腸内環境を整える薬を処方してもらったり、ヨーグルトを食べ
たりして、腸内環境を整えるようにしましょう。

一般的には、急激な下痢症状で腸が動くことにより流産を引き起こすことはないと考えられています。
しかし、回数が多かったり、長い期間、下痢が治らない、ひどい嘔吐を伴うといった場合には、胃腸炎などの可能性もありますので、必ず受診するようにしましょう。中にはリステリア症など、胎児に深刻な影響を与える感染性の胃腸炎もあります。重症なものでなく、積極的な投薬治療を行わなくても、点滴で水分を補ったりすることで、体調の改善を図ることができます。

【2-5】妊娠初期の腹痛。胃の痛み

妊娠初期の腹痛の中には、胃の痛みを訴える方も多くいらっしゃいます。

胃の痛みがいつから起こったものなのか、また、日常のどういったタイミングで起きるのか(食事の後やお腹が空いているときなど)によって、その原因も異なってきます。

妊娠前から起きている胃の痛みであれば、慢性的な胃炎なども考えられます。あまり数は多くないですが、ガンなどを心配される方には、採血などで検査を行うこともできます。

また、妊娠の成立と同じころから起きた痛みであれば、ホルモンバランスの変化によるものが考えられます。つわりの一種のようなものなので、つわりが落ち着いてくると治る場合もあるようです。

【3】妊娠初期の腹痛、どうしたらいい?

妊娠初期の腹痛は心配ない場合も多いですが、すぐに休める環境を

妊娠初期腹痛寝る,妊娠初期,腹痛,チクチク 出典:PIXTA

妊娠初期に限らず、これは妊娠中全般にわたって言えることなのですが、妊娠中は、ちょっとした腹痛や張りなどを感じた時に、すぐに休めるようにしておくことが大事です。

腹痛を感じたらすぐに横になること。これは、週数が進んで、張りを感じた時なども同じです。そして、痛みがどのくらい続くのか、どういった種類の痛みなのか、メモを取っておくと良いでしょう。それがすぐに収まれば、大体の場合において問題はありません。しかし、軽い痛みでも長く続いたり、日常生活に支障をきたすような場合は、早めに受診することをお勧めします。

また、受診するかどうか、悩む場合もできることなら受診してしまった方が安心です。

妊娠初期だと、職場への報告も迷ってしまうのですが、信頼できる上司など、自分が少し休むばあいに許可が必要な人には早めに伝えておけるといいですよね。

まとめ

妊娠初期の腹痛は誰にとっても心配なものですよね。でも、妊娠初期は実は、ちょっとした腹痛が起こりやすい時期でもあるんです。まだ、お腹が大きいわけでもなく、なかなか実感も湧かないだけに、ちょっとしたことでも赤ちゃんのことが心配になってしまいますが、冷静に自分の体調を観察するようにしましょう。そして、心配なことは必ず主治医に相談すること。思い悩んでいるのが、一番妊婦さんの生活には良くないですよ。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP