妊娠初期の出血、少量なら大丈夫?原因と考えられるトラブルまとめ

妊娠初期の出血、少量なら大丈夫?原因と考えられるトラブルまとめ

Bu facebook
Bu twitter

妊娠初期の出血は、誰でもドキッとしてしまいますよね。しかし、妊娠初期の出血はよくある症状の一つ。

少量であれば心配のない場合もありますし、すぐに受診した方がいい場合も。今回は、この妊娠初期の出血の原因と考えられるトラブルについて、解説します。

妊娠初期の出血、どんな場合が考えられる?

着床出血

カレンダー,妊娠初期,出血,少量

妊娠初期に起こる出血のうち、心配のない出血としては着床出血があります。着床出血とは、文字通り受精卵が子宮に着床するときに起こる出血のことです。

受精卵は、受精して1週間ほどで着床するので、着床出血がみられるのもその頃になります。妊娠週数で言うと3~4週頃なので、まだ妊娠に気づいていない妊婦さんも多いです。

出血の量や性状も人によってさまざまで、ごく少量の人から生理の多いときくらいの量が出る人までいますし、色も薄いピンク色や茶色の場合もあれば、生理のようなドロッとした赤色の場合もあります。

また、1回きりの出血のこともあれば生理のように数日間断続的に続くこともあるため、出血の時期と性状などから、生理が来たと勘違いしてしまう妊婦さんも少なくありません。

ただし、着床出血は全ての妊娠で起こるわけではなく、むしろ着床出血は起こらない妊婦さんのほうが多いのです。全体の2割程度に見られる症状と言われています。

筆者も、第一子妊娠の際には着床出血らしき出血がありましたが、第二子妊娠のときにはありませんでした。

また、着床出血がみられる時期は、着床後1週間程度までですので、遅くても妊娠4週、つまり月経予定日頃までになります。

ですので、月経予定日を過ぎた妊娠5週目以降に出血がみられた場合は、着床出血以外の出血の可能性が高いと考えたほうがよいでしょう。

妊娠を望んでいる人にとっては、妊娠したかも、という兆候の一つにもなりますね。

異常妊娠に伴う出血

横になる妊婦,妊娠初期,出血,少量

受精卵が子宮内に着床することで成立する正常な妊娠に対し、異常妊娠と呼ばれる妊娠があります。

その代表的なものが、子宮以外の場所に受精卵が着床してしまう子宮外妊娠や、受精卵が異常増殖を起こす胞状奇胎などです。

これらの異常妊娠でも妊娠検査薬は陽性を示しますが、この場合、残念ながら妊娠を継続することはできません。

こういった異常妊娠の症状の一つとして、出血が起こる場合もあります。エコー検査で、子宮内に胎嚢が確認できれば子宮外妊娠の可能性はなくなります。

胞状奇胎もエコーや血液検査ですぐにわかる病気ですので、妊娠の兆候に気づいたり市販の妊娠検査薬で陽性が出るなど、妊娠を自覚したら早めに医師の診察を受けて正常な妊娠かどうかを確認しておくのが良いと思います。一般に、胎嚢は妊娠5週前後から確認できます。

特に子宮外妊娠は、早めに処置をしないと大量出血を起こすこともあるので、未受診のまま間をあけることがないようにしましょう。 

初期流産の兆候としての出血

医師の診断をうけましょう,妊娠初期,出血,少量

受精卵が子宮内に着床し胎嚢が確認されたものの、その後、残念ながら体外に出てしまったり、体内にとどまっていても胎児の心拍や成長が確認されず、妊娠12週までに流産と診断される場合があります。

これを初期流産と言い、全妊娠の10~15%がこれにあたります。

また、こういった流産になりかけている状態を切迫流産と言い、出血は、流産または切迫流産の主な症状の一つになります。

ただし、人によって症状の出る出ないはさまざまなので、必ずしも出血があるとは限りません。

何一つ自覚症状がないまま流産となってしまう場合もあります。

もちろん、妊娠初期に出血して切迫流産と診断されても、必ずしも流産になってしまうとは限らず、安静を保つことで妊娠を継続できることもあります。

たとえば絨毛膜下血腫は、妊娠初期に子宮を包む膜の外側に血液がたまってしまうことで出血を起こし、切迫流産と診断されることがありますが、胎盤が完成するにつれて症状がおさまっていくことが多いです。

いずれにしても、胎嚢の確認以降に出血があった場合は、医師の診察を受けて状況を確認することが大切です。

ポリープやびらんに伴う出血

妊娠初期に出血を起こす原因として、子宮の入り口にできる子宮頸管ポリープや、膣の壁がただれたようになる子宮膣部びらんなどの疾患がある場合もあります。

妊娠中の膣や子宮は非妊娠時に比べて少しの刺激でも出血しやすいため、ポリープやびらんがあると出血がみられることはよくあります。

ポリープやびらんは、非妊娠時には無症状のことも多いため、妊娠する前からあったけれど気づかなかったという人もたくさんいます。

妊娠によるホルモンバランスの急激な変化によって新たに出現する人もいます。筆者も妊娠中、ポリープがありましたが、産後にはきれいに消えてなくなっていました。

このようなポリープやびらんからの少量ずつの出血であれば心配はいりませんが、流産の兆候などではなく、本当にポリープやびらんからの出血であるか、医師の診察を受けて確認する必要があります。

まとめ

一口に妊娠初期の出血と言っても、さまざまな原因が考えられますし、週数によっても可能性は変わってきます。

確かに心配なものもありますが、お母さんがやみくもに不安になるのはおなかの赤ちゃんのためにも避けたいですよね。

そのためにも、妊娠を自覚したら、まずは産婦人科を受診して正常な妊娠かどうかを確認しましょう。

そのうえで、出血がみられた場合は、少量でも必ず主治医に相談して指示を受けるようにしてくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP