親子で受けてみよう!いま注目の『スマホ検定』とは?

親子で受けてみよう!いま注目の『スマホ検定』とは?

Bu facebook
Bu twitter
スマホ検定

スマートフォンと言えば大人はもちろんのこと、中高生のみならず小学生の子供まで持つことが浸透しつつあります。

そんな中、子供同士でスマートフォンのSNSや無料通話アプリなどを使ったいじめなど悲しい事件が起こっているのも事実。便利な反面、親としては心配なこともたくさんありますよね。筆者もまだ子供は小さいものの、今後持たせることをきっと躊躇するであろうと感じています。

そんな中、スマホでインターネットを使うときに必要なルールやモラルを親子で学べる『スマホ検定』というものが注目されていることを知っていますか?

『スマホ検定』とは?

スマホ検定の正式名称は『ジュニアスマホ検定』といって、小学校4年生から中学3年生までの子供と、その保護者を対象に自宅で気軽に受験できる無償の検定サービスです。

検定形式で出題されるインターネットのモラルやルール、セキュリティに関する質問を解きながら、インターネット利用時の基礎知識を学ぶことができます。

小学4~6年生を向けの『基本編』と中学生向けの『上級編』があり、それぞれ20問程度ランダムに出題され、80点以上正解すると合格となって合格証明書が発行されるなど、本格的な検定となっています。設問も定期的に変更があるということで再受験も可能です。

受験対象に保護者も含まれているのは、子供と同じ問題を回答することで親子間の知識のギャップを把握し埋めるため。子供が自身で挑戦したあと、保護者が同じ問題を受験することができます。

なお、小学4年生以下の子供向けには、検定ではなくサイコロゲームが用意されています。スマホを持つタイミングを考えるためにも、ルールを学べるゲームを一緒に楽しんでみても良いかも知れません。

実際に受けてみた感想

この記事を執筆するにあたり、筆者もスマホ検定を受けてみました。

対象が小学生からということもあり、設問の表現は非常に分かりやすいです。例えば、「スマートフォンを買ってもらったタカシくんへのアドバイスは?」というように、基本的に身近な事例を挙げて出題されているので想像しやすく、ただ回答するのではなく、その状況を自分に置き換えて考えながら回答できることが利点だと感じました。

スマホ検定 質問1

出典:ジュニアスマホ検定

また、「ネットを使う際、次のようなことはありますか」と、ネットトラブルにありがちな経験を確認する設問もありました。

このような項目を確認すると、自分がしてはいけないこと、されては嫌なことなどが明確になって、自然とモラルが身に付くきっかけとなるように感じました。

スマホ検定 質問2

出典:ジュニアスマホ検定

このほかにも「相手からメールの返信が来なかった場合どうするか?」という設問もありました。最近『既読スルー』という言葉も耳にしますが、相手のことを考えるという基本的なことが忘れがちになるとトラブルになりかねませんよね。検定を通して考えるきっかけになるなと思いました。

今回はまだ筆者の子供が3歳ということもあり、受験したのは親だけです。でももし子供とこの検定を受けたとしたら、子供が受験したあとそのまま親も同じ受験ができるというのは、子供が受けた内容も把握できるし、スマホの利用に関して向き合って話す良いきっかけにもなるように感じました。

スマホ検定を利用して家庭でのルール作りに役立てよう

子供と一緒にスマホ検定を受けたあとは、受けて終わりにせず、是非家庭でのルール作りに役立ててみてください。例えば食事中のスマホ利用など、身近なことを一緒に考え、スマホを持つときのルールを決めていきましょう。 このスマホ検定にはルール作成時に活用できるテンプレート も用意されています。

スマホ検定 ルール作り

出典:カスペルスキー

このようにルールを決めて、印刷したものを目に付くところに貼っておけば、つねに意識できそう! 保護者も子供もお互い気持ちの良いスマホとの付き合いができると良いですよね。

家庭で心配しない、不安にならないスマートフォンライフを送るために

このスマホ検定は大人もスマホやインターネットの利用を見つめなおす良い機会になると思います。

今回筆者が受験してみて、当たり前のように日々スマホでインターネットを利用している中であまり気にしていないことを再認識することが気付くことが出来ました。

例えばコンピューターウィルスについて、複数の人にメールを送る際のマナーなど普段そこまで注意して使っていないなと思いました。写真撮影した際も、写真に記録される情報のことまでいちいち考えておらず、安易にSNSなどに投稿していることも正直ありました。しかし、軽い気持ちでいることの危険性をこの検定を受けることで改めて気付かせてくれました。

細かいことですがこのような知識を一人ひとりが持っていること、理解していることが非常に大切です。

これから子供にスマホを持たせる方も、すでに持たせている方も、家庭でのルール作り、モラルやセキュリティについての理解のために一度検定を受けてみてはいかがでしょうか。

『スマホ検定』受検はこちらから

参考/ KASPERSKY lab 「カスペルスキーと静岡大学が共同開発、小中学生と保護者向け「ジュニアスマホ検定」の無償提供開始」 「ジュニアスマホ検定」

関連コラム

新生児を持つママ必見!『臍ヘルニア(でべそ)』の原因と治療法
こどもの日って?意味を知ってこそ楽しめる兜・こいのぼり作り!
子供だって立派な発明家!豊かな発想力を伸ばしてあげよう
最もケガが多いのはすべり台!子供が安全に遊ぶための注意点とは

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP