【関東】スヌーピーにムーミン。家族で楽しいキャラクターに会えるカフェ

【関東】スヌーピーにムーミン。家族で楽しいキャラクターに会えるカフェ

Bu facebook
Bu twitter
1.ピーナッツカフェ

5130e446419b47198c895267945a46b9 l1
スヌーピーと仲間たち、アメリカ西海岸をコンセプトにしたおとなが楽しめるキャラクターカフェ、ピーナッツカフェ。目黒川沿いのおしゃれな外観の一軒家に思わず心躍ります。カフェではオリジナル商品の販売も行っており、ピーナッツの世界で過ごした後は、大人買いしたくなってしまうので要注意。

12918034 1179173608759504 1530749740 n1
ピーナッツの漫画にちなんだメニューが多数あり、事前に予習していくとさらに楽しめるかも。
“ビーグル・スカウト”スモア
スヌーピー率いる“ビーグル・スカウト"たちがキャンプで楽しんでいる焼きマシュマロをアレンジ
出典:www.peanutscafe.jp

Peanutscafe 021
PEANUTS Cafe / ピーナッツ カフェ | 中目黒 ネット予約も可能
2.ムーミンハウス・カフェ

S 00001
北欧好きにはたまらない、ムーミンの世界を味わえるムーミンハウスカフェ。東京ドームシティに続き、都内では2店舗目となるムーミンカフェですが、連日大人気で行列必至。でも、このソラマチのムーミンカフェは、なんと、個室の予約ができるのです。最大8名まで入れて、ネットで予約ができるので、子連れにも安心です。 メニューは、ムーミンハウスをモチーフにしたデザートプレートや(ムーミンハウスはお持ち帰りできます)、ムーミンまたはニョロニョロをモチーフにしたランチプレートなど。

Moomincafe 011

0252 600x4001
店内中央にあるムーミンハウスが、ムーミン谷にいる気分を高めてくれます。
ムーミンハウスカフェ 東京スカイツリータウン・ソラマチ店
ぐるなび - ムーミンハウスカフェ個室の予約はこちらから
3.ポムポムプリンカフェ

Contents 3 imageurl1
ママは懐かしい〜♡と思わず顔がほころぶ、サンリオキャラクター、ポムポムプリン。愛らしい垂れ耳にキッズもとりこになるはず。そんなポムポムプリンカフェは、関東は原宿・横浜、関西は梅田の3か所にあります。 店内では、プリンとマフィンがお出迎え。記念撮影もできます。ポップで明るい店内で、楽しく食事ができそうですね。

201502242253331
メニューは、プリンとその仲間たちがかわいくデザインされたものばかり。食べるのがかわいそうになってしまいます。
タコライス 1,290円

Food recommended 2
ポムポムプリンカフェ
4.ワンピースレストラン バラティエ

201604290911541
大人にも熱烈なファンが多いワンピース。フジテレビ本社屋7Fに、ワンピースの世界が再現されたレストランがあるんです。エンターテインメントレストランを名乗るだけあって、店内装飾だけでなく、メニューにもワンピースの世界観がぎっしりつまっています。
〝おれは竜ドラゴン食って竜ドラゴンパワーがついたんだ!!〟炎の竜ドラゴンBBQ 骨付きポークスペアリブ 1,750円

Ala201603 001
〝私はずっとそばにいる!!!〟レベッカと兵隊さんのひまわり畑仕立てのオムライス 1,300円

Ala201603 008
などなど、漫画の中のエピソードに沿ったメニューばかり。また、数カ月に一度物語が進み、メニューも一緒に変化していく仕組みなので、リピートしたくなります。 電話で翌月分までを予約することができます。
ワンピースレストラン BARATIE(バラティエ)
5.シルバニア森のキッチン

1010331

Faff654c1
横浜、越谷、船橋の3か所で、シルバニアファミリーのキャラクターに会うことができます。店内では決まった時刻になると、シルバニアのウサギさんなどのキャラクターが登場。テーブルを回ってくれ、一緒に記念撮影することができます。

Maxresdefault1
メニューは、メインにブッフェがついてくるスタイルで、2歳以下の子どもはブッフェ無料。オードブルの他にパンやライス、スープ、デザートなど色々な種類が食べ放題なので、よく食べるキッズにはもってこいです。
森のキッチン|Sylvanian Familiesスマホや携帯にて、順番予約も可能。
6.ジャムおじさんのパン工場

Ctg03 photo01 01
子どもは誰でも一度はハマる、アンパンマン。横浜にあるアンパンマンミュージアムは有名ですが、その中の入場料がかからないエリアに、ジャムおじさんのパン工場があるのをご存知でしたか?ミュージアムに入らなくても、アンパンマンワールドを堪能することができるんです。
パン工場では、ジャムおじさんがアンパンマンキャラクターたちのかわいすぎるパンを製造。どれにするか迷うこと必須です。

1035631

Shohin
ジャムおじさんのパン工場 | ショッピングモール・エリア | 横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール
行ってみたいキャラクターカフェは見つかりましたか? 筆者の双子の娘は、4歳になるまでレストランでなかなか静かに座っていられないタイプだったのですが、ジャムおじさんのパン工場へ連れて行ったときは、大好きなアンパンマンの世界に半分びっくりしつつ、座ってパンをほおばっていました。子どもは、純粋にキャラクターの世界を楽しんでくれるので、連れていく価値があると思います。お休みのアクティビティーに取り入れてみてはいかがでしょう♡
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP