キラキラネームは落ち着いた?古風な名前が密かに人気

キラキラネームは落ち着いた?古風な名前が密かに人気

Bu facebook
Bu twitter


一般には浸透していない変わった名前、個性の強い「キラキラネーム」が話題となっていた数年前からここ最近になって「子」などの昔ながらの名前をつける家庭が以増えてきたといいます。

昨年発表された「2015年赤ちゃん名づけ男女年間トレンド」でも漢字一文字の名前人気がある中で、9位に「文子」、19位に「徳子」、10位に「美由紀」など懐かしさを感じる名前がランクインしたようです。

また男の子の場合「~太郎」「~一郎」「~之介」といった三文字の名前を希望する人も多くなり、音読みと訓読みの混じった名前ではなく「こうよう」「りょうせい」など音読みだけの名前も好まれているといいます。

■最近の名づけ事情、どう思う?

ママスタのママはこうした名づけについてどう考えているのでしょう? 意見を聞いてみましょう!
『幼稚園の同じクラスに、たけし、ゆうじろう、のりこ、ようこがいる。名前聞いた時、いまどき新鮮で逆にインパクトあるなと思った』
『そういえば3歳になる末っ子の1ヶ月健診の時、呼ばれる赤ちゃんたちは普通の名前ばっかりだったなぁ。さゆりちゃんとかだいすけくんとか。お母さんも若く見えたよ。お母さんの名前がキラキラなのかもね』
『アラサーだけど、私の世代ですら同級生に○夫くんて何人かいたよ。俊夫とか和夫とか。お父さんの世代ならなおさら普通なのでは?』
『友だち、雪乃ってつけてた。ちょっと昔風だよね?』
『子がつくからって頭がいいわけではなく「有名進学校には子のつく名前の生徒が他よりも多い」って進学塾の経営者かなにかが話してる記事なら見たことある』
■名づけの思い出ってある?

30代以上のママやパパだと「子」や「美」などになじみのある人も多いようです。対して今20代のママは自身がキラキラネームという人も。自分の名前をどう感じていたのか、そうしたこともわが子の名づけに影響を与えるようです。
『恭平くんって名前の子がいてかっこいいなって思った。昔ながらの名前いいよね。女の子で子がつく名前は私自身嫌だったからなー。かわいい名前が羨ましかった』
『珍しくても雰囲気が良い名前は就活とか面接で話題になるよね。私は珍しいからよく名前を良い意味でネタにされるよ。漢字の組み合わせが良いとかいわれる』
『そういえば、子どもの頃にユウキちゃんという子と仲良かったけどしきりに子がつく名前を羨ましがられた(私は子がつく名前)当時は不思議に思ってたけど…』
『私は44なんだけど子が付かない。新撰組に憧れた父のせいで男の名前。同級生は9割子が付く名前だから、羨ましくて仕方なかった。なんで女のトイレに入るんだ! とか、同じ名前の男と結婚したらおもしれーとか言われて本当に嫌だった。先生にもすぐ名前覚えられるし』
■古風な名前もキラキラネームもあまり変わらない?

一方、古風な名前もキラキラネームもそこまで差はないのでは? と考えるママもいます。自身が「子」のつく古風な名前でも特別に嫌悪感を感じたことはなかったけれど、個性的でかわいらしい名前にも憧れを抱いていた、などどちらにも好意的な意見が寄せられました。
『こてつ、こたろうとか、あまりにも古風なのはキラキラとさほど変わらないと思う。古き良き名前よりは古風に見える今時な名前のイメージ』
『私自身は子がついてたけで、特別に嫌ではなかった。36歳まだまだ子の多い世代だからね。でもかわいい名前には憧れた。子も別に悪くないけどとりたてていいとも思わない』
『古臭い系の名前とキラキラネームで二極化させて語ってる人が多いけど「古臭くないけど、キラキラネームでもない名前」だってたくさんあるんだからそういう名前をつければいいと思うんだ』
その時代によって様変わりする「いまどきの名づけ」。時代を感じられておもしろいですね。どんな名前にもママやパパ、家族みんなの願いがこめられているもの。子どもの実りのある未来を願ってつけられた名前にはたくさんの愛情がつまっています!

参考サイト:キラキラネーム頭打ちか 古風な「子」や「太郎」に回帰傾向
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP