はかせる必要ある?ない?寝るときの靴下

はかせる必要ある?ない?寝るときの靴下

Bu facebook
Bu twitter
寝る時の靴下

寒い季節になると、赤ちゃんや小さなお子さんがいらっしゃる方は、風邪やインフルエンザにならないように細心の注意を払いますよね。外に出ると風が冷たく、室内でも寒さを感じるようになると、カーディガンやジャケットなどを羽織るようになります。足元も寒くないようにズボンや靴下、レギンスをはかせるなど防寒対策を万全にして外出することでしょう。

赤ちゃんなど小さな子供には靴下をはかせる必要がないという考えがあります。ですが、お散歩のときや昼間にふと足をさわると、ひんやりとしていてビックリすることはありませんか?また、寝ているときでも足がひんやりと冷たくなっていることだってありますよね。

冷たい手足にふれると「寒いんじゃないかな……」と心配になるもの。そこで今日は、冬場の赤ちゃんの靴下事情について掘り下げていきたいと思います。

赤ちゃんは「手足」で体温調整をする

靴下は寒い冬に大活躍してくれますよね。冷え性で悩む大人にとって靴下は欠かせないことでしょう。身体が小さな赤ちゃんには、寒くないように日中や寝るときも靴下をはかせてあげたいと思うかもしれません。

しかし、赤ちゃんにとって「身体はあたたかいが、手足は冷たい」のが普通の状態なのです。自ら体温調整が十分にできない赤ちゃんですが、このときに役立つのが「手足」です。実は、赤ちゃんは「手足」で体温調整を行っており、暑ければ手足から熱を出しているのです。

ですから、赤ちゃんが暑がっていないか、寒がっていないかどうかを判断する場合は「手足」ではなく、背中やお腹などに触れてみると◎。背中に汗をかいているなら一枚脱がせばいいですし、冷たければ上着を着せる、エアコンなどで調整するなどしてみるとよいでしょう。

足の機能の発達につながる

裸足保育を取り入れている保育園をよくみかけますよね。裸足で過ごすと直接地面と接するようになります。すると、足の筋肉や神経機能が刺激されるんだとか。

土踏まずは乳幼児期に形成されると言われており、人間形成の基礎が培われる大切な時期。土踏まずがないと、ちょっとしたことでころびやすくなり、歩いたり走ったりが難しくなってしまいます。裸足保育は足の機能の発達につながるというわけですね。

寝るときはどうする?

寝るときは靴下をはかせる必要はありません。赤ちゃんや小さい子供が靴下をはいて寝てしまうと、外に熱を放出できなくなってしまいます。靴下などで足を覆ってしまうと、あたたまりすぎてしまうことにもなり、決して身体に良いとは言えません。

まして、近年では衣類の着せすぎやあたためすぎは乳幼児突然死症候群の原因になるのではないかという意見もあるとか。赤ちゃんは自ら「暑い」「寒い」と訴えることができません。だからこそ、あたためすぎを避けるためにも就寝時の靴下は不要というわけなのです。

おすすめの防寒対策

赤ちゃんや小さな子供には、室内や就寝時などに靴下をはかせる必要はありませんが、寒い季節の外出時ははかせるほうがいいでしょう。冷たい風と空気にさらされると、身体はどんどんと冷えていきます。外出時は、足元まで覆ってある厚手のカバーオール、上着、帽子、靴下、アフガン、ブランケットなどを上手に活用しながら、大人よりも一枚薄めで調整していくとよいでしょう。

気がついたときにいつでも調整できるよう重ね着しやすい服を選んだり、あらかじめベビーカーや車の中にブランケットや上着などを置いておいたりするのもおすすめです。

子供は「大人よりも一枚薄め」を心がけるのが基本です。また、外出時にはかせる靴下はきつくないもの、柔らかい素材のものなどを選ぶようにすると、血行が悪くなることや靴下の跡がつくことを避けられます。子供たちが室内で遊んでいるとき、寝ているとき、外出しているときなどなど、どんなシチュエーションでも快適に過ごせるような環境を整えてあげたいですね。

参考/イクシル「靴下はいて寝ても子供の発達に影響ない?」 赤ちゃんブログ「赤ちゃんに靴下は冬でも家の中や寝るときは必要ない!外出時は?」

関連コラム

機嫌が悪い!?それって病気のサインかも!
かわいいだけじゃない!赤ちゃんの笑顔には意味がある!?
気になる子供の肥満……。家庭でできる対策って?
2015年の人気商品は!?知育玩具の売れ行きランキング

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP