子どもとのおうち遊びにおすすめ! かわいくて簡単「プラバンアクセサリー」のつくり方

子どもとのおうち遊びにおすすめ! かわいくて簡単「プラバンアクセサリー」のつくり方

Bu facebook
Bu twitter
夏休み中の子どもたちも多いことでしょう。ママとしては、子どもとどう過ごすかは悩ましくもありますよね。そんなときこそ、子どもと一緒に“つくる”ことを楽しんでください。今回は、プラバンアクセサリーづくりをご紹介します。



女の子にはパッチン留め、男の子にはネームプレートがおすすめです。ちょっとしたプレゼントにもよろこんでもらえますよ。ママのほうがハマッてしまうかもしれません。

■材料のほとんどは100円ショップでそろう!
プラバンといえば、トースターでつくるキーホルダーだけではありません。プラバンが立派なアクセサリーになるほど進化しています。しかも、材料のほとんどが100円ショップで購入できます。

用意する材料は、プラバン、油性のマーカー(白)、パステル、紙やすり、レジン、パッチン留め、グル―ガン。着色は色えんぴつなどでもできますが、おすすめはパステルという画材。パステルを使うと色あいがとてもやわらかくなります。

■ヘアアクセサリーのつくり方
プラバンはアイテムによって収縮の比率が異なります。約5cmの正方形の試作品をつくって収縮の比率を確認してみるといいでしょう。だいたい1/3~1/4に縮むと思ってください。

では、パッチン留めのヘアアクセサリーをつくってみましょう。

プラバンアクセサリー

  1. 適当なサイズのプラバンにヤスリをかけて細かく傷をつけます。

  2. 油性のマーカーで好きな絵の輪郭を描いたら、パステルで着色。

  3. 輪郭に沿って切りぬきます。

  4. オーブントースターの網の上にアルミホイルを裏向きにして敷き、絵を描いたほうを下にしてのせください。800Wで50秒ぐらいを目安に加熱してください。火力調節がない場合は「トースト」が適しています。

  5. プラバンはあっという間に縮みます。縮み具合を目で確認して、取りだすタイミングを見つけましょう。取りだしたら、すぐ厚い本と本の間などに挟んで平らにします。

  6. 表側にレジンを塗って乾かします(裏にフェルトを貼るとクオリティがアップします)。

  7. グルーガンでパッチン留めに接着すればできあがりです。


絵の縁取りは黒いマーカーではなく、白などの淡い色を使うと優しい仕上がりに。着色に使うパステルは粉を固めた棒状のもので、布手袋をして指先も使って色を塗るとうまくいきますよ。



■プラバンつくりの注意点
ハサミやオーブントースターなどを使うので、安全面に配慮してください。プラバンは紙よりも硬いのでママがカットするなど、子どもの成長に合わせてサポートするといいですね。また、カットした部分でけがをしないように気をつけましょう。

子どもが描いた絵やママのオリジナルイラストなど、好きなモチーフでたくさんつくってみてください。ママ自身のアクセサリーなら、ラインストーンをつけてもすてきです。



子どもと何かをつくるときは、できばえよりも、楽しむことがいちばんです。子どもも自分らしいものができれば大よろこびするはず。

達成感を味わった子どもの笑顔は、ママを幸せな気持ちにしてくれるでしょう。暑さや雨で外遊びができないときなどに、試してみてくださいね。
 
 
 
(のりこ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP