超簡単レシピ!2つの缶詰を組み合わせたら「おしゃれおかず」ができちゃった!

超簡単レシピ!2つの缶詰を組み合わせたら「おしゃれおかず」ができちゃった!

Bu facebook
Bu twitter

IMG_4783.jpg
ものによっては日常使い、ときには非常食、最近では新しい味の楽しみとして、誰もが一度は食べたことのある缶詰。どんな風に食べていますか? ソース? トッピング? おつまみとしてそのまま? もちろんどれも正しい食べ方なんですが、2種類の缶詰を組み合わせると、味つけも一発で決まり、調理の手間も極小でメインディッシュを作ることができるんです! そこで今すぐ作れる、魚の缶詰×野菜の缶詰のおすすめレシピをご紹介。


ツナ缶×コーンクリーム缶
「ツナとオクラのコーンクリームグラタン」
IMG_5163.jpg

<材料>4人分
●コーンクリーム缶 1缶(435g)
●ツナ缶(大) 1缶(190g)
→汁けはきる
●オクラ 20本
→斜めに2~3等分に切る
●ピザ用チーズ 80g
●バター20g ●塩、こしょう各少々


<作り方>
耐熱容器に、ツナ、オクラを入れて、塩、こしょうをふり、コーンクリームをかける。バターをちぎって散らしてチーズをのせ、オーブントースターで12~15分、こんがりとした焼き色がつくまで焼く。


さんま缶×トマト缶
「さんまのトマトスパゲティ」
IMG_5132.jpg

<材料>4人分
●さんまのかば焼き缶 1缶(100g)
●トマト水煮缶 1缶(400g)
→つぶしておく
●玉ねぎ 1/2個(400g)
→縦に薄切り
●スパゲティ 250g
●おろしにんにく1かけ分 ●オリーブ油大さじ3 ●塩小さじ1/3 ●こしょう少々 ●赤唐辛子の小口切り1本分


<作り方>
フライパンに、オリーブ油、にんにくを入れて弱火にかけ、香りが立ったら玉ねぎを加えて炒める。トマトをつぶして入れ、赤唐辛子、さんまを入れて2~3分煮る。水3 1/2カップ、スパゲティを半分に折って入れ、ふたをして時々混ぜながら表示時間どおりにゆでる。塩、こしょうで味をととのえる。


缶詰食材はカット済み、加熱済みだから、調理はとにかく超カンタン! 2つの缶詰の味がかけ合わさって、どんな新しい味ができるかも楽しいですね♪ ぜひトライしてみて!


参照:『サンキュ!』9月号別冊付録「15分夏おかず31日分」より一部抜粋 監修/藤井恵、写真/高杉純、取材/春日井富喜、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP