「~しないで!」は逆効果!?効果的な注意の仕方とは?

「~しないで!」は逆効果!?効果的な注意の仕方とは?

Bu facebook
Bu twitter
効果的な注意の仕方

皆さんは、子供に「走ったらダメ!」「落ちないようにね」「こぼさないでね」などのような注意をしてしまっていませんか?

実は、こういった「~はダメ!」「~しないで」などの否定形を使った注意は、子供にとって逆効果になることもあるのです。

ではどうして否定形を使った注意や言葉がけがNGなのでしょうか。そして、どのような言い方がベターなのでしょうか。

脳は否定形を理解することができない!?

「赤いりんごのことを考えてはいけません」

そう注意されたとき、あなたの脳の中にはどんな映像が浮かびますか?

考えてはいけないと否定されている“赤いりんご”のことを考えてしまう人がほとんどのはずです。

このように脳は、否定形でいくら打ち消したとしても、そのものをイメージしてしまうようにできているのです。

ですから、例えば、子供に対して「ぼろぼろこぼさないで!」「廊下を走らないで!」と注意した場合、子供の脳の中では“ぼろぼろこぼす”“廊下を走る”というイメージができあがってしまうのです。

脳の中で強くイメージされたことに、子供の行動が引っ張られてしまい、無意識に「だめ!」と言われていることをしてしまう…なんていうこともあり得ます。

このように、親が良かれと思って否定形を使って注意したことが、子供には逆効果になってしまう可能性があるのです。

子供を叱るときは、肯定系の表現を使おう

それでは、子供を注意するときは、どのように表現したら良いのでしょうか。

それは簡単なことです。

否定形の言葉を使った注意がダメなのであれば、肯定形の言葉を使った注意をしてあげればよいのです。

例えば、「大声を出して騒がないで!」は、肯定的な言葉に変えると、「声を小さくして。静かにしようね」ですし、「廊下を走らないで!」は「廊下は歩こうね!」となります。

同じ目的で注意しているにも関わらず、否定形の言葉を使うのと、肯定形の言葉を使うのでは、伝わり方が全く違うことがわかるのではないでしょうか。

子供に成功をイメージした思考パターンを持たせる注意をしよう

否定形を使っていなかったとしても、「そんなに走ると転ぶよ!」「そんなことしたら怪我するよ!」など、ネガティブな言葉を使った子供への言葉がけにも注意しなくてはいけません。子供が“転ぶ”“落ちる”“怪我をする”という言葉に意識を持っていかれてしまうからです。

「気をつけて、少しゆっくり歩けば、上手に渡れるよ」「ちょっと慎重にやってみよう。きっとできるよ」など、“こうして欲しい”という形の言葉がけをするようにしましょう。

こうすると子供の脳には、無意識のうちに「上手に渡れる!」「きっとできる!」という成功イメージが広がり、それを実現しやすくなるというわけです。

親も子も脳内にポジティブなイメージを!

パパやママの脳内にポジティブなイメージがあれば、子供に対する言葉がけには否定形ではなく、肯定形が使われるようになるはずです。

ぜひ子供に注意や声がけをするときの参考にしてみてください。

参照/ ハピママ「えっ! ダメだったの? ママがやりがちな“間違った叱り方”ベスト5」 THE HUFFING POST「失敗してはいけないと思うとなぜ失敗をするのか?」

関連コラム

深爪はNG!綺麗な手指のために覚えておきたい爪の切り方
どうするのが効果的?親が子供に勉強を教えるときのポイント
「子供のため」が逆効果に!先回り行動をやめて子供の力を伸ばそう
怒る前にすべきことがある!子供の脳を伸ばす『しつけ』とは?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP