山梨でさくらんぼ狩りができるおすすめ農園10選!

山梨でさくらんぼ狩りができるおすすめ農園10選!

Bu facebook
Bu twitter

桜の花の季節が終わると次はいよいよさくらんぼ狩りシーズンの到来です。その場でそのまま食べられるさくらんぼは、果物狩りとしても人気

山梨県は果物の生産で有名です。盆地の地形から夏は暑く冬は寒い気候が果物作りにも適しています。また、富士山など景観を楽しみながら果物狩りを楽しめるのも魅力です。

今年は、是非子どもと一緒に山梨でさくらんぼ狩りを楽しんでみませんか?

子どもと一緒にさくらんぼ狩りを楽しもう

子どもと一緒に果物狩りを楽しむ際には、やはり、あまり傾斜の強い農園は避けたいところですよね。

最近は、ハウス栽培や、屋外でも屋根付きだったりと、雨の日でも安心な農園も多くあります。

特に、さくらんぼは、子供でも大人でも食べやすく収穫もしやすいのが特徴の果物。初めての果物狩りにはお薦めです。

人気の園では、土日など入場制限がかかる場合もありますので、事前予約を行っていくことが確実に楽しむための秘訣といえそうです。

1.JAフルーツ山梨いわで支所

ハウス13農園、露地40農園からなる大規模なさくらんぼ狩りの観光組合です。

山梨県知事認定のエコファーマーにも取り組んでいる減農薬で安心・安全のさくらんぼが美味しく好評です。

受付をした後に指定の農園に移動してのさくらんぼ狩りを楽しむこととなりますが、車椅子にも対応した農園もあり、小さな子供連れでも安心して楽しむことが出来ます。

【住所】
山梨市東1734-1
【営業時間】
9:00~16:00
【料金】
ハウス(5月1日~5月27日):小学生以上3000円、小学生未満1500円  3歳以下無料
露地(5月28日~6月下旬):小学生以上2000円、小学生未満1000円 3歳以下無料
【電話番号】
0553-22-5286
【アクセス】
中央自動車道 一宮御坂ICから車で25分/JR中央線 山梨市駅からタクシー10分

2.わくわく観光村

全ての園で屋根がついているため、雨が降っていてもさくらんぼ狩りを楽しめちゃうのが嬉しいわくわく観光村。山梨県でも最大級の規模を誇ります。

お年寄りや小さな子どもでも安心してさくらんぼ狩りを楽しめるようにと、樹の低い位置に実をならせるように工夫がなされいるのが嬉しいですね。

さらに、エコファーマー認定も受けています。

【住所】
山梨市上岩下1329-1
【営業時間】
9:00~16:00
【料金】
ハウス(4月下旬~5月下旬):小学生以上3100円、小学生未満1600円  3歳未満無料
露地(5月下旬~6月):小学生以上2000円、小学生未満1000円 3歳未満無料
【電話番号】
080-1103-8897
【アクセス】
中央自動車道 一宮御坂ICより30分 勝沼ICより20分

3.萩原フルーツ農園

TVや雑誌にもたびたび取り上げられるほど人気の農園。サイドレスハウス(屋根にのみビニルを張ったハウス)が導入されているため、雨の日でもさくらんぼ狩りを楽しめます。

農園内のカフェやテラス席も人気の秘密。富士山を眺めながらほっと一息つくのもよさそうですね。園内のトイレにはおむつ交換シートも設置されているのも赤ちゃん連れには嬉しい心遣いです。

【住所】
山梨市落合1337
【営業時間】
9:00~17:00
【料金】
大人:2100円 小学生:1050円 小学生未満:無料
【電話番号】
0553-23-0133
【アクセス】
中央自動車道 勝沼IC(東京方面)もしくは、一宮御坂IC(名古屋方面)より約25分

4.白山園

大型バスは入らず個人客に限定している白山園は、リピーター率80%を超えるという「知る人ぞ知る」人気園。休憩所は蔵作りや土間で雰囲気もよく、冷たい麦茶などを味わえます。

勝沼ICから約10分で、東京から最も近いさくらんぼ園といえるかも知れません。

また、完全予約制での営業なので、混雑しないところものんびり楽しみたい家族連れには嬉しいですね。

【住所】
甲州市塩山下萩原1916
【営業時間】
8:00~15:00
【料金】
小学生以上:2000円 小学生未満:1,000円 3歳以下:無料
【電話番号】
0553-33-3859
【アクセス】
中央自動車道 勝沼ICから10分/JR中央線 塩山駅からタクシーで15分

5.観光果樹園 童夢

山梨県甲州市塩山地域は、山際の西斜面に位置します。水はけの良い扇状地はさくらんぼの生育に最適といわれています。

また、低木Y字仕立の栽培方法により安心して美味しいさくらんぼ狩りを楽しむことが出来ます。脚立を使わずに美味しいさくらんぼを収穫できるので小さな子供でも安心してさくらんぼ狩り出来るのがうれしいですね。

【住所】
甲州市塩山下萩原2097
【営業時間】
9:00~18:00
【料金】
大人:2500円 小学生:2000円 小学生未満:1000円 3歳以下無料
【電話番号】
090-3516-0716
【アクセス】
中央自動車道 勝沼ICから10分/JR中央線 塩山駅から徒歩10分

6.宿沢フルーツ農園

こちらもエコファーマー認定農園となっていますので、さくらんぼの品質はお墨付き。

さらに、さまざまな品種のさくらんぼが栽培されていますが、人気の高級品種「佐藤錦」が全体の50%を占めています。高級品種ほど栽培が難しいといわれていますので、この辺りからも栽培技術の確かさがうかがえます。

塩山地区では最大級の農園で、7月頃までさくらんぼ狩りが可能なのも嬉しいですね。

なお、事前予約で割引となるサービスもあります。

【住所】
甲州市塩山下萩原2104
【営業時間】
8:00~16:40
【料金】
小学生以上:2000円 小学生未満:1000円 3歳以下:無料
【電話番号】
0553-33-3861
【アクセス】
中央自動車道 勝沼ICから10分/JR中央線 塩山駅から車4分、徒歩10分

7.さくらん坊の原農園

予約優先で、さらに日々の入場人数に制限が設けられているため、混雑をさけ、のんびりとさくらんぼ狩りを楽しみたい御家族にお薦めです。

農園はサイドレスハウスで屋根がついているため雨が降るなどの悪天候でもさくらんぼ狩りを楽しむことが出来ます。

複数の園をローテーションで収穫案内してくれるため、いつでも美味しく熟したさくらんぼを食べることができます。

【住所】
南アルプス市上今諏訪1407-5
【営業時間】
9:00~17:00
【料金】
30分1500円 ゆったり40分2000円 小学生未満半額 3歳未満無料
【電話番号】
090-8870-7195
【アクセス】
中部横断道白根ICから5分/中央道甲府昭和ICから15分

8.中込信之農園

高速インターから約1分で到着するアクセスのよさ。首都圏からも車で約90分で到着することができます。また、新宿発の高速バスのバス停も近い立地も魅力です。道の駅「しらね」も徒歩2分とドライブがてらのお出掛けにはうってつけ。

園内には佐藤錦・高砂・豊錦などさまざまな品種のさくらんぼが実ります。富士山や八ヶ岳などの絶景を眺めながらのさくらんぼ狩りは格別です。

【住所】
南アルプス市在家塚713-2
【営業時間】
9:00~15:30
【料金】
小学生以上:2000円 小学生未満:1000円
【電話番号】
090-1409-6064
【アクセス】
中部横断道白根ICから1分

9.中込農園

さくらんぼ狩りは30分から40分程度の時間制限を設けている農園が多い中、こちらは40分の他に60分コースもありゆっくり楽しみたい家族におすすめです。

また、他にも狩りやプラム狩りとあわせたセットコースがいくつか設定されていますので、色々楽しみたい人にはお得です。

なお、さくらんぼをはじめとする各種果物狩りには事前予約が必要となっています。

【住所】
南アルプス市飯野2281-1
【営業時間】
9:00~16:00
【料金】
40分間 小学生以上:2000円 小学生未満:1000円
60分間 小学生以上:3000円 小学生未満:1500円
その他 セットコースあり
【電話番号】
055-283-0505
【アクセス】
中部横断道白根ICから3分/中央自動車道甲府昭和ICから15分

10.岩田フルーツ農園

日本一の桃源郷とうたわれる桃の産地笛吹市御坂町。桃狩りは6月下旬からですが一足早くさくらんぼ狩りを楽しむことが出来ます。園内ではさくらんぼを低樹高で栽培しているので、子供やお年寄りにもとても収穫しやすくなっています。

高速インターチェンジからもほど近く、アクセスのよさも魅力です。

【住所】
笛吹市御坂町尾山463-2
【営業時間】
8:30~17:30
【料金】
大人2,160円
【電話番号】
055-262-6096
【アクセス】
中央自動車道一宮御坂ICから5分

山梨県でさくらんぼ狩りを楽しもう

今回は、山梨エリア、甲州エリア、南アルプスエリアを中心にご紹介しました。

山梨県は東京などの首都圏を始めとする関東からも、長野や静岡などの東海中部地方からもアクセスしやすい場所ですが、空気もきれいで果物狩りスポットも豊富なのが嬉しいポイント。

東京などからも気軽に日帰りで、自然と存分に触れ合えるのが魅力ですね。

なお、料金設定が各園により微妙な差異がありますので、子供の年齢なども考慮に入れて、出来るだけお得な農園を選んでも良いかもしれませんね。

是非、今年は、さくらんぼ狩りにも挑戦してみましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP