子供限定のフリマ!『MOTTAINAIキッズフリーマーケット』が面白い

子供限定のフリマ!『MOTTAINAIキッズフリーマーケット』が面白い

Bu facebook
Bu twitter
14edc315ab605749da74601de9f24b15_s

『MOTTAINAIキッズフリーマーケット』というイベントをご存知ですか? このMOTTAINAIキッズフリーマーケットは、子供たちだけで行うフリーマーケットのことです。 実際に物を売り買いすることで、物やお金の大切さ、他人とコミュニケーションをとることの大切さを学ぶイベントなのです。 今回は、MOTTAINAIキッズフリーマーケットについてお伝えします。

『MATTAINAIキッズフリーマーケット』とは?

東京リサイクル運動市民の会事務局内にあるNPO法人キッズフリマが主催しています。 このマーケットに出店できるのは、小学校中高学年の子供たちだけ。買い物だけの参加もOKですが、買い物ができるのも小学生以下の子供たちだけという、名実ともに子供限定のフリーマーケットなのです。

どうやって参加するの?

公式サイトからキッズフリーマーケットの日程を確認し、お店を出す日にちを決めて電話かWEBで予約すると、出店整理券が届きます。 整理券の内容は事前にしっかりパパやママも確認しておくようにしましょう。

次に売る物を決めます。子供部屋を整理し、おもちゃや本、ゲームなど、もう要らなくなったものを集め、パパやママも協力して値段をつけていきます。 価格の上限は、カードゲーム1枚300 円まで。その他の商品は500円まで。「最初はこのくらいで売るけれど、最終的にはいくらまでは下げても良い」というような値段を決めておくのをおすすめします。 お客となる子供たちは、500 円くらいのお金を持ってくるそうなので、あまり高く値段をつけると売れないかもしれませんね。

お店の設営や運営に必要なものは、お店の床に敷くビニールシートや、商品を入れてお客さんに渡すレジ袋や紙袋、お金やお釣りを入れるウエストポーチやポシェット、電卓やメモ帳・筆記用具などです。 お釣りは細かいお金をたくさん用意する必要があるでしょう。

キッズフリーマーケットでどんなことが学べる?

キッズフリーマーケットでは、買うのも売るのも完全に子供たちだけで行うので、自立心や積極性、責任感などが身につきます。 金銭の授受や売上表の作り方、お店の終了後は収支バランスの考え方も学ぶことができますので、商売がいかにして成り立っているのかを身をもって知ることができるでしょう。 またリサイクルというのはどういうものなのか、物の大切さなども感じることができるため、子供たちにとっては学びが多い場所となるようです。

社会勉強としてぜひ参加してみよう!

ぜひ参加させてみたいというパパとママはぜひキッズフリーマーケットのHPをチェックしてみてくださいね。

開催場所は東京、大阪、福岡など多数あります。詳細はこちら

9月現在決定している開催場所は以下です。

2016 年9月19日(月):東京(豊島区)池袋サンシャインシティ 2016 年9月22日(木):東京(文京区)プリズムホール/東京(練馬区)としまえんフリーマーケット 2016 年9月25日(日):栃木(小山市)おやまゆうえんハーヴェストウォーク 2016 年10月2日(日):栃木(那須郡)那須ハイランドパーク 2016 年10月10日(月):東京(文京区)プリズムホール 2016 年10月22日(土):東京(港区)田町グランパーク

スケジュール詳細はこちら 

子供だけでお店を運営するというのは、子供にとってかなり大きな経験となり、成長にもつながるのではないでしょうか。 いきなり出店はハードルが高いと感じるのであれば、まずは買い物を楽しんでみてはいかが?お近くで開催されるときは、ぜひ足を運んでみましょう!

参照/ 「キッズフリーマーケット」公式サイト

関連コラム

マシュマロを我慢できる子は将来成功する?!IQより大事な自制心
目指せ東大!?低学年から家庭学習の習慣をつけよう
今すぐ子供に教えたくなる!わかりやすい『お金の話』
1日でできる自由研究まとめ

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP