安くなるの?便利になるの?「電力自由化」の真実

安くなるの?便利になるの?「電力自由化」の真実

Bu facebook
Bu twitter

P63.jpg
4月1日から、ついに電力自由化が始まりました。


“電気を売る電力会社”を自由に選べるようになり、その選び方で「電気代が安くなる」らしいけど、まだまだよくわかりませんよね。


そこで、今さら聞けない基本の「き」と、素朴な疑問について、電力比較サイトを運営する電気のプロに、聞いてきました。


これさえ知っていれば安心の、電力自由化の“ホントのところ”教えます♪

教えてくれたのは、約40年間電機業界で過ごしてきた電機のエキスパートで、現在は電力比較サイトを運営する会社の副社長を務める、巻口守男さん。


Q.ズバリ、電力自由化で、電気代が安くなるって本当ですか?
A.YES,本当です。


まずはおさらい。
電力自由化とは?
今までは、住む地域によって契約できる電力会社は1つに限定されていました。
それが、複数の会社から選べるようになることで、「A社は電気料金が安い、B社は高いけどポイントがもらえる」など、個性豊かな選択肢が生まれます。


なぜ安くなるのでしょう?
⇒電力を売る会社が増えるので、競争してお得なプランが多くなるからです。

では、私たちは何をすればいいのでしょう?

1 自宅の電気の使用状況を把握しましょう
電気料金の領収証、検針票を見てください。前月の金額と昨年の同月の金額がわかるので、増減を確認し、理由も考えてみましょう。同時に年間の電気料金も、サイトや家計簿で確かめ、現状を把握しましょう


2 シミュレーションサイトでお得度を診断
ざっくりと自宅の電気料金額がわかったら、シミュレーションサイトで済んでいる地域や金額を入力し、複数の新電力会社での料金を試算します。朝型・夜型などライフスタイルも考慮しましょう。およそのお得額がわかります!
シミュレーションサイト「エネチェンジ」https://enechange.jp/


3 各社のプランやサービス、発電スタイルをチェック
勧められた料金プランやサービスにはどんな利点・不利点があるのかを、各社HPで確認します。同時に、環境に関心があるなら、供給される電力がどうやってつくられたかもチェックすると、風力、火力、原子力など、さまざまあることがわかります。


4 新電力会社に申し込めば完了!
すべてに納得がいったら、HPや電話で申し込みます。このとき、今までの電力会社との解約は、申し込み先がしてくれます。最短約1週間~最長約1カ月で、新サービスがスタートします!


思っていたより、「やること」は簡単ですね♪
では、素朴な疑問を解決していきましょう!


Q.団地やマンションでも関係ありますか?
A.マンションは一括契約している場合は、個人で電力会社を選ぶことはできません。ただ、一括契約の場合は10年単位の長期契約で、もとからお得になっていることが多いです。


Q.安い会社にすると電力が弱かったりするんですか?
A.電気は発電会社でつくられ、送電会社が各家庭のコンセントまで届け、それを売るのが電力会社です。なので、コンセントに届く電気はどれも一緒! 安いからって電力は弱くないし、「うちだけ停電!」ということもありません!


Q.何もしなかったらどうなるんですか?
A.何も起きません。現在の電力会社のプランがそのまま4年間適用されます。電気が止まったりしないので大丈夫です。


Q.結局今までと何が変わるんですか?
A.携帯電話やガスとセットでお得になるプランや、太陽光発電などの再生可能エネルギーの割合が高い電力を選ぶことができるようになります。生活スタイルや考え方で電気を選ぶ時代になるんです。


いかがでしたでしょうか?
まだ何もしていないからって、慌てなくても大丈夫で安心しましたね。
じっくり検討して、自分のライフスタイルに合った、お得な電気を選びましょう♪



参照:『サンキュ!』4月号「電力自由化で電気代が安くなる」より一部抜粋 監修/巻口守男、取材/中尾巴、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP