【くわばたりえさん インタビュー】体重や先生の言葉だけに振り回されず、ママの直感も大切にしたいです…

【くわばたりえさん インタビュー】体重や先生の言葉だけに振り回されず、ママの直感も大切にしたいです…

Bu facebook
Bu twitter

お子さんの体重のことで悩んだことはありますか?

くわばたりえ

実はそんなにないんです。たぶんこれまで、小児科の先生や保健師さんなどに、気になることを言われなかったからだと思うんですね。
というのも、自分のブログに届くコメントを読んでいると、何か月検診に行って、ミルク飲みすぎで大きすぎるから減らしなさいと言われたとか、小さすぎるから足しなさいと言われたとか、やはり専門家に指摘されると悩みが大きくなってしまうケースが多いように思うんです。
もちろん、そうした言葉も聞かなければいけませんが、一方でママ自身がどう思うかということも、見失わないでいたいと思っています。

お子さんの成長ぶりは、3人それぞれ違いますか?

長男は、標準に近いけれど、身長も体重も少し大きめですね。
次男はさらに大きめで、長男の同時期に比べると、ぽちゃぽちゃしているなあと思います。でも、「100人子どもがいたら、このくらいぽちゃぽちゃの子もひとりくらいはおるんやろうな」と思う程度なので、そこまで気にしていません。
そして、いちばん下の娘は、お兄ちゃんたちとまったく逆で、標準より身長も体重も小さめです。いま7か月ですが、離乳食もぜんぜん食べない。くちを開けなくなっちゃって…もうすぐ検診なので、もしかするとその際に先生に何か言われるかな? 軽すぎますって言われるかな?とは思っているのですが、びっくりすることに、私自身があまり焦っていないという…!

3人目だから大らかになれる、というのもあるかもしれませんね。

それはあると思います。3人目で慣れてきたのもありますし、お兄ちゃんたちを育てていくなかでまわりを見たとき、食べない子もたくさんいるし、いつかは食べるんだということを知ったのも大きいでしょうね。
だって、教科書どおりに離乳食が進む子のほうがきっと少ないでしょう。毎日娘と接している私から見て、体重は軽めだけど、元気で太ももなんかめっちゃたくましいのだから、離乳食もあせりすぎず、娘のようすを見守ろうと思います。
先生のお話も大切、でも、ママだからこそ感じる直感も大切。いろんな子がいてあたりまえと、3人目にして思えるようになりました。


すくコムだけで読めるくわばたさんのインタビュー記事をお届けしました!
すくコム編集部が「すくすく子育て」番組収録におじゃまして、子育てのいろんなお話をうかがいます。同じママたちということで盛り上がり、涙あり笑いあり。次回もどうぞお楽しみに!

「くわばたりえさん インタビュー」をまとめて読む


くわばたりえオフィシャルブログ「やせる思い」 by Ameba

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP