兄弟ゲンカ勃発! 素直に謝れない息子の対処方法を考えてみた

兄弟ゲンカ勃発! 素直に謝れない息子の対処方法を考えてみた

Bu facebook
Bu twitter
ある夜、割と大きい兄弟ゲンカが勃発しました。
発端は5歳の息子がお姉ちゃんの机から、買ったばかりのミサンガを作る刺繍糸(最近クラスで流行っているらしい)を勝手に取ってぐちゃぐちゃにしたとのこと。

%e3%83%9f%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%99

滅多に感情むき出しで怒らない11歳の娘が、怒り狂って息子を追いかけ回し始めました。息子は姉から逃げながら、さらに糸をぐちゃぐちゃに。
娘は号泣してキレるばかり。

こうなると当然のことながら、台所から「やめなさいよー」と叫んでも子どもたちは聞かないですよね…。

泣く娘から事情をひと通り聞いたあと、息子に近寄って謝るよう諭そうと思ったのですが、息子は絶対謝ろうとしない!

最初は「○○もこんなことをされたら嫌でしょう、お姉ちゃん悲しいよ。悲しくなることしちゃいけないよ、ごめんなさいしよう」と息子の目を見て落ち着いて語りかけてみました。

「わかった、ちゃんと謝るよ」

息子は話を理解してすぐに謝りました…って、そんな上手くいくわけなーい!!
人一倍負けず嫌いで頑固者な息子。親の思惑どおり解決するわけもなく「謝りなさい」と言えば言う程、ウォーと叫んで歯向かうばかり。

そこで作戦を変えてみることにしました!

■「手紙に気持ちを書いてみたら?」と紙と鉛筆を渡すと
old paper with black pencil on wooden table

最近ひらがなを練習して読み書きできるようになった息子は、自分で字が書けるようになったことに自信を持っていました。

そこで紙と鉛筆を用意して、お姉ちゃんに伝えたいなと思うことを書いてごらん」と言うと、子ども部屋に1人こもって黙々と書き始めたのです。

書いた手紙がこちら

%e6%89%8b%e7%b4%99

※「め」がカタカナの「メ」になっていますが。

文章として読みにくい部分はありますが、
要約すると



「ごめんなさい。ぼくも作りたかったんだ。こんど買いにいって作ろう。
(ぐちゃぐちゃにしたものを)もういちど買いにいこう。(手紙が)おもしろくてごめんね。」



お姉ちゃんのミサンガがうらやましくて、自分も作りたかったわけです。

書いた手紙を無言でぶっきらぼうに姉に渡す息子。(5才男のプライドか?)

「おもしろいね」を連呼する手紙に笑いをこらえつつ、「お姉ちゃんに伝えたいことをちゃんと書けたね。」と息子に言うと恥ずかしそうに照れ笑いしていました。

娘も納得して兄弟ゲンカは無事沈静。
ぐちゃぐちゃになった糸は筆者が粘り強くほどいて元通りにしました。
そして何事もなかったように夜は更けていきました…。

たいていの兄弟ゲンカはほっとくのですが、今回は息子の「やらかし」がひどかった!
子どもが素直に「ごめんなさい」と言えたら苦労はないですよね。
今回の兄弟ゲンカで、子どもの性格や成長に合った対処方法があることを発見した気がします。
毎日わが子の成長を見ている親だからこそ、わかることがあるかもしれませんね。

育児書通りに行かない子育て。
100人いれば100通りの子育て方法があってもいいのかなと思った1日でした。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP