これは使える! 一瞬でできる汁物レシピ

これは使える! 一瞬でできる汁物レシピ

Bu facebook
Bu twitter
できれば食事には汁物を一品つけたいところですが、毎回準備するとなると、結構面倒です。いつもお味噌汁では飽きてしまいますし、メニューによっては合わないことも…。そこで、そんなときに役立つ、一瞬でできる「超簡単」汁物レシピを紹介します。


© NOBU - Fotolia.com



■梅&とろろ昆布のお吸い物

お椀に種を取り除いた梅干し(1/2個くらい)、とろろ昆布、しょうゆ数滴を入れ、180ccくらいのお湯を注いだら完成です!

とろろ昆布の旨みと梅干の塩気があるので、だし汁を使わなくてもしっかりお吸い物の味になります。

もし味が薄いと感じたら、しょうゆを足すと塩辛くなってしまうので、かつお節を入れると良いでしょう。かつお節からだしが出て、よりお吸い物らしい味わいになります。



■キムチで簡単! チゲスープ

鍋に水、市販の鶏ガラスープの素を入れ、火にかけます。スープの素の量は、最初は少なめにしておき、あとから調整しましょう。スープの素がしっかり溶けたら、キムチを加え、ひと煮立ちさせたら完成です。

【もう一手間!】
これだけでもおいしいスープになりますが、ニラ・豆腐・春雨・豚肉などがあれば、加えるとさらにボリュームアップ。最後に溶き卵を加えると、味がマイルドになります。

 
■ショウガ風味の味噌スープ

お椀に大さじ1杯程度の味噌、顆粒だし少々、すりおろしたショウガ少々を入れます。そこへ180ccくらいのお湯を注ぎ、しっかりかき混ぜたら完成です。

この作り方では完全に「具なし」の状態なので、あれば乾燥ワカメ、ネギなどを加えても良いでしょう。

■海苔とネギのスープ

鍋にゴマ油を入れて火にかけ、輪切りにした長ネギを軽く炒めます。そこに水を加え、市販の鶏ガラスープの素、しょうゆで調味し、軽く煮立ててから火を止め、焼き海苔をちぎって加えれば完成です。

【ワンポイント】
ネギを炒めるのは香りを良くするためなので、「それすら面倒だ…」と思ったら、スープを煮立ててからネギを入れてもOK。その場合は、仕上げにゴマ油を数滴加えましょう。


汁物があるとないとでは、食卓の印象、食事の満足度が大きく異なります。疲れているときや、忙しいときの献立にはもちろん、ちょっと小腹が減ったときの夜食にもおすすめです。
 
 
(森川ほしの)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP