今すぐ子供に教えたくなる!わかりやすい『お金の話』

今すぐ子供に教えたくなる!わかりやすい『お金の話』

Bu facebook
Bu twitter

最近「早くから子供にお金の教育をする」という方針のご家庭が増えているようです。クレジットカードが普及したり、個人投資が当たり前になったりしている今の世の中。正しいお金の感覚を身に付けることはとても大切ですよね。

そこで今回は、お金の教育の入り口ともなる『お金とは何か』をわかりやすく説明するため、3つのトピックをご紹介します。お金の成り立ちや価値を、ぜひお子さんに教えてあげてくださいね!

1.物々交換の不便さをお金が解消!

まだお金というものが存在しなかった時代、自分が持っていないものを手に入れるには「物々交換」をするしか方法がありませんでした。例えば山に住む人が魚を食べたいと思えば、肉を持って海に行き、漁師さんを見つけて魚と肉を交換してもらうという具合です。

物々交換では不便な点が3つありました。しかし、『お金』を間に挟むと、この不便さが解決できることがわかります。

1つめは、交換の相手を探すのが大変だということです。例えば、自分はリンゴを持っていて魚と交換してほしい。でも、魚を持っている相手がリンゴを欲しがらなければ、物々交換は成立しませんよね。しかし、ここにお金が入ると交換が簡単になります。お金はみんなが欲しがるものですから、相手を探す必要がなくなるのです。

2つめは、交渉に時間がかかることです。さっきの例で言うと、幸運にもリンゴと魚を交換できる相手が見つかったとしても、「ではこの魚1匹とリンゴ何個で交換するか」についてお互いが納得するまで毎回議論しなければなりません。お金があれば、その物の値打ちを決まったものさしで定めることができるので簡単です。

3つめは、物々交換で扱うものは価値を保つのが難しいことです。いつでも魚と交換できるようにリンゴをたくさん持っていたとしても、そのうち腐ってしまいます。リンゴをお金に替えておけば、腐る心配はありません。貯めておけるということも、お金の大切な機能です。

2.『お金』になるには条件がある

物々交換で不便な点を解決するために『お金』が生まれましたが、最初から今のような形ではありませんでした。昔、日本では『稲』がお金のように物々交換の仲立ちに使われていました。世界中では貝や布、塩などが使われていたという記録が残っています。つまり、それぞれの土地で誰もが欲しがるものが、お金としての役割を果たしていたということです。

その後、“品質が変わらないもの”“より価値のあるもの”“一つ一つが同じ大きさで、バラつきがないもの”“小さくて持ち運びしやすいもの”ということから、金・銀・銅など希少価値の高い金属を加工した『硬貨』がお金の主流になっていきました。

3.信じることで価値が生まれる『紙幣』

小さいころのお年玉、紙のお金よりピカピカしていてずっしり重たい硬貨の方を喜ぶ子供も多いのではないでしょうか。確かに、1万円札が何枚あっても紙きれの束。そんな紙幣に価値を感じられる理由は、その成り立ちにありました。

お金の形として『硬貨』が普及しましたが、高い買い物をするときにはたくさんの硬貨を運ばなければならず、重くて大変!また、金貨などは硬貨そのものに価値があったので、襲われて盗まれる危険もありました。

そこで、お金を預かってくれる店が現れました。日本では『両替商』と呼ばれたその店は、金貨を預けると『預り証』を発行してくれます。その預り証を渡せばいつでも金貨と替えてもらえたので、金貨の現物を持ち歩かなくても預り証を渡すだけで商売ができるようになったのです。この預り証が紙幣の始まりです。

このように、かつての紙幣は持っていくと同じだけの価値がある金や銀と替えてもらえる券でした。その紙幣を日々の暮らしで便利に使い、慣れることで、お金に対する信頼が増していきました。今の紙幣は、金や銀に替えてもらうことはできませんが、私たちが紙幣の価値を信じているので、お金として成り立っています。逆に、信用がなくなればお金としての価値を失うことも、心のどこかで覚えておかなければなりません。

言葉では難しく聞こえるかもしれませんが、家族で物々交換のロールプレイをして遊んでみたり、「もしお金がハンバーガーだったらどうなると思う?」など投げかけてみたりと、お子さんの年齢に合わせて楽しく伝えてみてくださいね!

参照/ 日本銀行「にちぎん☆キッズ」 日経Bizアカデミー「第2回 お金はなぜ、お金なのか?」

関連コラム

お金で釣るのは悪いこと?子供へのご褒美の与え方
子供に身に付けさせたい金銭感覚! いつから始める?お金の教育
子供に宿題をやらせると悪影響ってホント?
試さないのはもったいない!音楽が子供に与える驚きのメリットとは

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP