一年に一度だけ! 子どもとつくる「七夕フルーツ葛きり」

一年に一度だけ! 子どもとつくる「七夕フルーツ葛きり」

Bu facebook
Bu twitter
笹の葉に短冊をかけて願い事… 。
クリスマスやハロウィンほどの盛り上がりはないものの、七夕は、私たちが小さい頃から変わらない季節の節目の行事。大人になってあらためて考えてみると、星空に願いをかけて… なんて、とてもロマンチックなイベントですよね!

子どもと一緒に短冊を書き終えたら、今度は一緒に特別なこの日のためのデザートづくりを楽しんでみては。大好きなフルーツを型抜きする作業は、大喜びで手伝ってくれることでしょう!


七夕フルーツ葛きり

調理時間30分 1人分191Kcal

レシピ制作:フードコーディネーター 増田 知子


<材料 2人分>
葛きり(乾燥) 40g
スイカ 1/8個
メロン 1/4個
パイナップル(缶) 2枚
<シロップ>
 水 200ml
 砂糖 大さじ1
 ハチミツ 大さじ1
レモン汁 小さじ1


<下準備>
・葛きりは袋の表示通りにゆでてザルに上げ、冷水でしめて水気をきる。


<作り方>
1、耐熱ボウルに<シロップ>の材料を入れ、電子レンジで30秒程加熱する。砂糖が溶けたらレモン汁を加え、冷蔵庫で冷やす。電子レンジは600Wを使用しています。


2、スイカとメロンは厚さ1cmに切り、種を取って星形で抜く。パイナップルは食べやすい大きさに切る。


3、器に葛きりとフルーツを盛り合わせ、<シロップ>を注ぐ。


葛粉は体を温め血行をよくするとして、風邪予防や胃腸不良のときに昔からよく食べられていたそうです。乾燥葛きりが手に入りにくければ、ところてんで代用してもOKです!

(フジノアサコ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP