年齢別、叱り方のコツ。やってはいけないことを伝えたい!

年齢別、叱り方のコツ。やってはいけないことを伝えたい!

Bu facebook
Bu twitter

子どもにやってはいけないことを伝えたい時、どのような言葉を使っていますか?
子どもが大人の言うことを理解するには段階が必要です。
年齢別の叱り方のコツを紹介!


0~1歳

短く、わかりやすく、表情豊かに。
擬音語・擬態語を使う。
0~1歳の叱り方のコツ


1~2歳

1歳半を過ぎると、自我が芽生え、自分の気持ちが強くなってくる。
叱る前に、子どもの気持ちに共感する言葉をかける。
1~2歳の叱り方のコツ


3~4歳

少しずつ親の気持ちを理解し始める頃。
その場で具体的な言葉で説明する。
3~4歳の叱り方のコツ


4~5歳以降

社会のルールや他人の気持ちがわかるようになる頃。
自分の欲求をコントロールできないため、丁寧な説明が大切。
4~5歳以降の叱り方のコツ
 
子どもの成長に合わせて、あせらず根気よく、伝えられるようにしましょう。



子どもを叱るときのポイントは?

叱っていることは子どもに伝わっているの?

0歳の子にも叱れば伝わる?

感情的にならずに叱れる?

叱る基準がぶれてしまう。このような叱り方は大丈夫?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP