離乳食初期のじゃがいも!おすすめレシピと冷凍保存方法

離乳食初期のじゃがいも!おすすめレシピと冷凍保存方法

Bu facebook
Bu twitter

風味も口当たりもよく、どんな料理にも使いやすいじゃがいもは赤ちゃんにとっても食べやすいので、離乳食の初期からおすすめの食材です。赤ちゃんが喜ぶおいしい離乳食づくりに、じゃがいもを活用してみましょう。

今回はじゃがいもの栄養や下ごしらえのやり方、じゃがいもを使ったおすすめ離乳食レシピや、冷凍保存方法などをご紹介します。

じゃがいもはいつから食べる?

5~6ヶ月くらいの初期以降から食べさせよう

離乳食を食べる子どもとあげる父親,離乳食,初期,じゃがいも

大人も子どもも大好きなじゃがいもは、離乳食初期から食べさせることができます。

じゃがいもは炭水化物主体の食材なので、主食代わりに食べさせることもできます。また、加熱してすりつぶすなどの調理をしたものは口当たりがよく、どんな食材とも合わせやすいので、離乳食期の赤ちゃんも嫌がらずに食べてくれることでしょう。

調理してなめらかにすることで、消化吸収力の未熟な赤ちゃんでも十分に栄養を取り入れることができる優秀な食材なのです。

じゃがいもに含まれる栄養素は?

赤ちゃんの風邪予防に効果的なビタミンCやカリウムが豊富!

元気な赤ちゃん,離乳食,初期,じゃがいも

じゃがいもは炭水化物主体の食材であり、ビタミンC・葉酸・カリウムなどを豊富に含んでいます。風邪の予防にも有効なビタミンCを簡単に摂取できる食材として大変おすすめです。加熱しても栄養が壊れにくいのもうれしいですね。

ミルクと母乳以外から栄養を摂りはじめる離乳食の時期は、生まれた時にママから受け取った免疫力が徐々に落ちてきているころになりますので、赤ちゃんが風邪をひいたり病気にかかったりし始める時期でもあります。

そんな時期にビタミンが豊富なじゃがいもを食べさせてあげれば、赤ちゃん自身が風邪や病気を撃退できる力をつけていくことができます。

また、カリウムには身体の中に溜まりがちな毒素を正常に排出する性質がありますので、これも離乳食期の赤ちゃんにも大切な栄養素ですね。

栄養が豊富で食べやすく、離乳食初期から食べさせられるじゃがいもは、まさにエリート食材です。

食べ合わせの良い食材は「ほうれん草」

じゃがいもと一緒に食べさせる食材としておすすめなのはほうれん草。鉄分の豊富な野菜として知られているほうれん草ですが、じゃがいもを一緒に食べると、じゃがいもがほうれん草の鉄分吸収を助けてくれます。

これは、じゃがいもに豊富に含まれるビタミンCの働きによるものです。じゃがいものマッシュにほうれん草のペーストを載せる、またじゃがいものお焼きにほうれん草を混ぜ込むなどの調理法で、簡単に離乳食に取り入れることができますよ。

じゃがいもを食べさせる際の注意点

皮と芽をきちんと取り除く

受診する子ども,離乳食,初期,じゃがいも

広く知られていることですが、じゃがいもの芽にはある種の毒素が含まれています。具体的には「ソラニン」や「チャコニン」という、アルカロイドです。体内に入ると、中毒症状として腹痛・下痢・嘔吐・めまいなどが発生するといわれています。

身体の小さな赤ちゃんには、ほんの少しの毒でも重大な中毒症状が出る恐れがありますので、調理前にじゃがいもの芽を深くえぐり取っておくようにしましょう。

またじゃがいもの皮が緑色になっている場合がありますが、これは有毒物質が含まれている状態です。変色している部分の皮は丁寧に厚めにむいてから調理してくださいね。

軽くアク抜きをする

じゃがいもは特にアクの強い野菜というわけではありませんが、アク部分には大なり小なりシュウ酸・アルカロイド・タンニンなどの毒素が含まれています。

せっかく皮や芽を取り除いても、毒素が残った状態で調理したのでは意味がありません。免疫力が低く、消化吸収の未熟な赤ちゃんに食べさせるものですので、できるだけこのような毒素を取り除いた状態にしてあげたいですね。

丁寧に皮をむいたじゃがいもは加熱する前にしばらく水にさらして、アク抜きをしてください。

アレルギー症状が出ていないか確認する

赤ちゃんによっては、じゃがいもでアレルギー症状を発症することもあります。食べるとかゆがったり、口の周りが赤くなったりという症状が出たらアレルギーかもしれません。

初めて与える際にはほかの食材同様、ほんの少量を午前中に食べさせて、様子を見るようにしましょう。アレルギー症状が出たらすぐに病院で受診するようにしてください。

じゃがいもの選び方

赤ちゃんに食べさせたいじゃがいもとは

離乳食を食べる子ども,離乳食,初期,じゃがいも

じゃがいもは1年中出回っていて手に入りやすいので、ついつい吟味することなく選んでしまいそうになるかもしれません。

でも、赤ちゃんが初めて口にするじゃがいもは、やはり新鮮でおいしいものを選んであげたいものです。新じゃがの季節でなくとも、ちょっと気をつけるだけでおいしいじゃがいもを選んであげることができますよ。

こんなところに注意して選ぼう

手に取ってみたときにずっしりと重量感があり、表面に傷やシワが少ないものを選びましょう。また芽が出ているものや緑色っぽいようなじゃがいもは避けてください。

たくさん袋に詰めて販売しているじゃがいもは古いものや傷んだものが混じっている場合がありますので、なるべくバラ売りのものを、必要な分だけ購入するようにしましょう。

じゃがいもの調理法/下ごしらえ方法

加熱の仕方は?

料理を考える子ども,離乳食,初期,じゃがいも

じゃがいもは火が通りやすいので、加熱方法はいろいろ考えられますね。お湯で茹でる・蒸す・電子レンジで加熱するなど方法があります。

茹でる場合は、かぼちゃやさつまいもと同じように、茹であがった後に少量のお湯と一緒につぶすと簡単です。

電子レンジなら、量にもよりますが、耐熱容器に皮をむいて切ったじゃがいもを入れて水を適量振り、500W~600Wで2~3分程度加熱すれば十分です。

量や電子レンジによって加熱時間は変わるので、様子を見ながら加熱してください。こちらも熱いうちにフォークなどでつぶしてしまいましょう。

じゃがいもは冷凍できる?

じゃがいもは、冷凍保存にも適した食材です。ただし、輪切りや細切りのような生のままで冷凍すると、繊維が壊れてぼそぼそとした口当たりになってしまいますので、必ず加熱し、ペースト状やマッシュ状にしてから冷凍しましょう。

製氷皿に流し込んで冷凍すると、使うときに決まった分量のみ取り出せるので、後で使用するとき便利です。解凍するときは、凍ったまま電子レンジで加熱してください。赤ちゃんは大人より抵抗力が弱いので、冷凍したものは早めに使ってくださいね。

調理に便利な調理道具をご紹介!

面倒なすりつぶし・裏ごしをもっと楽に!

ミキサー,離乳食,初期,じゃがいも 出典:Instagram: yuyu1008さん*写真はイメージです

じゃがいもに限らず、離乳食づくりが格段に楽になる調理器具をご紹介します。お粥からはじまる離乳食づくりですが、赤ちゃんの状況に合わせてすりつぶしたり裏ごししたりという作業はかなり手間がかかり、面倒なものです。

しかも、たくさん調理して保存しておこうとすれば、かなりの量を手作業で調理しなければいけないことになります。せっかく赤ちゃんにおいしい離乳食を作ってあげようと思っていても、食材の下ごしらえでうんざりしてしまいそうですよね。

家事は離乳食作りだけじゃないし、離乳食だけに手間をかけられないという忙しいお母さんの味方となる、おすすめで便利な調理器具をご紹介します。

【1】1台7役 調理もジュースもできるミルミキサー IT-1021|AITEC (アイテック)

刻む、おろす、混ぜる、砕くなど1台で7役こなしてくれます

1台7役 調理もジュースもできるミルミキサー IT-1021,離乳食,初期,じゃがいも 出典:www.amazon.co.jp

初期段階のペースト状に調理することから始まる離乳食づくりですが、こちらのミルミキサーを利用すると、食材を簡単にペースト状にすることができます。これまで裏ごし器やすり鉢で苦労しながら作っていたものが、これを使えば一瞬でできてしまいます。

離乳食の段階が進んでいっても使用時間を調整して、食材をお好きな状態に加工することができますし、離乳食が終わってからもフレッシュジュースを作ったり料理に使えたりと、幅広い用途に活用できるのでおすすめです。

またふた付きなので、食材が飛び散る心配もありません。便利ですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 3,218
*メーカー:AITEC (アイテック)
*パッケージサイズ:25cm x 25cm x 24cm
*パッケージ重量:2.5kg

商品の特徴
*サイズ:約幅11.5x高さ17x奥11.5cm
*本体重量:約1kg
*AS樹脂、PP樹脂、ABS樹脂
*AC100V 50/60Hz
*145W

【2】ブラウン マルチクイック ハンドブレンダー MR400Plus|DeLonghi(デロンギ)

簡単に離乳食が手作りできます

ブラウン マルチクイック ハンドブレンダー MR400Plus,離乳食,初期,じゃがいも 出典:www.amazon.co.jp

ミルミキサーを使うほどの分量ではなかったり、ミルミキサーは大がかりな感じがしてなんだか面倒・・・と感じるお母さんには、こちらのハンドブレンダーがおすすめです。収納も場所を取りませんし、ミルミキサーよりも手軽に使えるところが魅力ですね。

調理中の鍋に直接そのまま使えますし、食洗器対応で本体以外食洗器で洗えるのでお手入れも楽です。

こちらも、離乳食の状況に合わせて簡単に食材を加工できますし、離乳食づくり以外にも活用できる便利家電です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 6,300
*メーカー:DeLonghi (デロンギ)
*パッケージサイズ:36cm x 10cm x 10cm
*パッケージ重量:0.8kg

商品の特徴
*サイズ:幅75×奥行65×高さ340mm
*本体重量:600g
*定格電圧:AC100V 50-60Hz
*消費電力:300W
*付属品:専用計量カップ(500cc)
*コード長:1.5m

口コミ

・コンパクトで使いやすい
・お手入れが楽
・食材が飛び散らない
・ハンドルが持ちやすい
・シンプルで使いやすい
・モーターが力強く、すぐにジュースができる
・場所を取らない

離乳食初期におすすめのじゃがいもレシピをご紹介します!

【1】【離乳食 初期】じゃがいもペースト

まずは基本のペースト!

【離乳食 初期】じゃがいもペースト,離乳食,初期,じゃがいも 出典:cookpad.com

じゃがいもを使った離乳食はたくさんありますが、まず覚えておきたいのが、基本のペーストです。ただのお湯でペースト状にするのではなく、だしで溶いてあげるのがポイント。だしでうまみが加わり、とてもおいしくなりますよ。

こちらのレシピでは昆布のだし汁を使っています。普通のペーストではなかなか食べてくれない赤ちゃんでも、昆布の優しい味が加わることでおいしそうに食べてくれるでしょう。

最初はおかゆがわりの主食として食べさせられますし、離乳食に慣れてきたらじゃがいもがゆにしてあげてもいいですね。製氷皿などで冷凍できるので、多めに作っておくと便利ですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食 しらすとじゃがいものとろとろ粥

たんぱく質とビタミンを同時に摂れる!

離乳食 しらすとじゃがいものとろとろ粥,離乳食,初期,じゃがいも 出典:cookpad.com

離乳食の初期から重宝する食材といえば、しらすを思い浮かべる方も多いでしょう。しらすは赤ちゃんのたんぱく質源として優秀な食材ですよね。このレシピは、そんなしらすとじゃがいもを使った離乳食です。

このレシピのポイントは、レシピ名の通りとろとろとして食べやすいというところです。離乳食を始めたばかりの赤ちゃんは特に、ペースト状を飲み込むのにも苦労するものです。とろとろになっていると飲み込みやすく、赤ちゃんも進んで食べてくれそうですね。

こちらのレシピはしっかりとしらすとじゃがいもをなめらかにしていますが、ブレンダーやシリコンスチーマーを使用すればそれほど手間がかからないので、忙しいお母さんにもおすすめです。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】初期 じゃがいも&小松菜の2色ペースト♪

食べる練習におすすめのレシピ

初期 じゃがいも&小松菜の2色ペースト♪,離乳食,初期,じゃがいも 出典:cookpad.com

次にご紹介するのは、管理栄養士さんのおすすめレシピです。使用するのはじゃがいもと、小松菜の葉先です。

小松菜は栄養素が豊富で、カルシウムと鉄分はホウレンソウよりも多く含まれています。カルシウムも鉄分も、成長が著しい赤ちゃんにはぜひ食べさせてあげたい食材です。

こちらのレシピは、身延町の乳児健診で管理栄養士さんが紹介しているので栄養ばっちりです。大人用のメニューからちょっと取り分けて作れるという気軽さも人気です。

じゃがいもの大きさや品種によってゆでる時間が変わりますので、作る際には竹串などでやわらかさを確認してください。こちらのペーストも、多めに作って冷凍しておくと便利です。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】レンジで簡単☆ポテトスープ(離乳食初期)

お米代わりの主食としてもおすすめ

レンジで簡単☆ポテトスープ(離乳食初期),離乳食,初期,じゃがいも 出典:cookpad.com

最後にご紹介するのは、とにかく簡単ですぐにできるポテトスープのレシピです。離乳食が始まったばかりの赤ちゃんの中には、お米が嫌いという子も多いようです。でも、炭水化物は体を作る上で重要な栄養素ですから、しっかりと食べさせてあげたいですよね。

このポテトスープは、主食としてもおすすめです。ポテトスープといっても、その作り方はいたって簡単で、電子レンジがあればすぐにできてしまいます。

レシピではゆで汁でじゃがいもをなめらかにしていますが、とろみが欲しい場合は粉ミルクでもよいです。昆布のだし汁などもおすすめです。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

身近で便利なじゃがいもの魅力がおわかりいただけたでしょうか。いろいろな料理に使いやすいじゃがいもで、栄養たっぷりのおいしい離乳食を作ってあげてくださいね。

月齢が進んでも食べさせやすいじゃがいもは、離乳食初期の赤ちゃんにとてもおすすめの食材です。ぜひ試してみてください。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP