将来のオリンピック選手も夢じゃない!?ボルダリングを始めてみよう

将来のオリンピック選手も夢じゃない!?ボルダリングを始めてみよう

Bu facebook
Bu twitter
13246510263_afb071ef4f_z

2020年に開催される「東京オリンピック」。その追加競技にボルダリングがあるのはご存じでしょうか?

ボルダリングとは、比較的低い岩やデコボコの付いた人工壁をロープを使わずに手と足のみで登っていくスポーツで、近年では男性のみならず女性や子供の間でも人気が高まっています。

楽しみながら筋力や集中力もアップ

皆さんが子供のころを思い出してみて下さい。「木登りやジャングルジムが大好きだった」という方は少なくないと思います。

「次はどこに足をかけよう」と考えながら登っていく感じや、高い所まで到達したときの清々しい達成感を、今でも覚えている方もいらっしゃることでしょう。

子供は高い所が大好きです。高いものを見つけるとついつい登ってみたくなる。ボルダリングはそんな子供の欲求を満たしてくれるスポーツでもあるのです。

登れた!という達成感をダイレクトに感じることができるので喜びにも繋がり、もっとやってみたいという向上心もどんどん育まれます。

また、ただ手と足を使えば登れるというわけではなく、体全体の筋肉をバランスよく使っているのがボルダリングの大きな特徴です。継続することで体全体の筋肉を鍛えられるというメリットもあります。

さらに、筋力だけでなく「考える力」も重要。次はどこに足を掛ければ効率よく登れるのか、どういったルートで登って行けば成功するかなどしっかり考えながら進んでいく必要があります。足を踏み外せば落ちてしまうという緊迫した状況の中では、自分でも驚くいほど思考回路をフル回転させていることがあるのだとか。

初めのうちは失敗ばかりでも、戦略を練って次第にイメージ通りのクライミングができていく……。その達成感は、子供にとっても大人にとっても素晴らしいものです。

気軽に始めてみよう!

ボルダリングに必要なものは「シューズ」と「チョーク(滑り止めの粉)」です。これらは施設でレンタル可能な場合も多いので、事前に問い合わせておくと安心ですね。

試しに何度か通ってみて、子供が続けたい!と言えばそれから道具を揃えても十分だと思います。

前にも述べたように、ボルダリングはある程度の思考力も必要なスポーツなので、年長~小学生くらいが始めるのにちょうど良いかもしれません。ただし、施設によっては3歳くらいから楽しめるところもあるので、子供が興味を持つようなら挑戦させてあげても良いでしょう。

各施設で安全対策がきちんと取られているとはいえ、特に小さな子供の場合、怪我を防ぐためにも他の利用者に怪我をさせないためにも、絶対に目を離さないように注意して下さいね。

今後ますます注目度がアップすること間違いなしのボルダリング。最近ではショッピングモールなどにも簡易型の施設ができるなど、以前よりずっと身近なスポーツになっています。

今から練習すれば、子供がオリンピック選手になるのも夢じゃないかも!?お子さんの興味とやる気に応じて、ぜひチャレンジさせてあげてくださいね!

Photo/BLOCKHELDEN - Boulderhalle Erlangen

参照/ フクヤマクライミングクラブ MARCH「クライミング効果?子供と楽しむ集中力の身に付け方と基礎体力」 ボルダリングジムSORAYON「空の向こうへ四足歩行」

関連コラム

子供を夢中にさせる!? 個性的な習い事3選
人の気持ちがわからない?便利なスマホに潜む罠!
ダラダラ夏休みよさらば!短期ならいごとで充実夏休み!
子供の「習い事をやめたい」に親はどうすべき?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP