子どもが楽しめるしかけもたくさん 東京・六本木にオープンした、スヌーピーミュージアムに潜入!

子どもが楽しめるしかけもたくさん 東京・六本木にオープンした、スヌーピーミュージアムに潜入!

Bu facebook
Bu twitter

© Peanuts


スヌーピーやチャーリー・ブラウンなど、個性的なキャラクターでおなじみのアメリカの漫画『ピーナッツ』。アメリカ・カルフォルニア州にあるチャールズ M. シュルツ美術館の、世界初のオフィシャルサテライトとなる、待望の「スヌーピーミュージアム」が、この4月、東京・六本木に開館。子どもから大人まで人気の、スヌーピーミュージアムに早速訪れました。

■半年ごとに変わる企画展、ゆったり楽しめる日時指定の予約制
この美術館は、2018年9月までの期間限定。本家の「シュルツ美術館」が所蔵する貴重なコレクションを、半年ごとに変わる企画展とともに見ることができます。

敷地に入るとすぐに出迎えてくれるのが、5体の「ウェルカムスヌーピー」。1950年から2000年にかけて、小さな子犬から2本足で歩く今の姿まで変わっていくスヌーピーの、代表的な姿をピックアップ。美術館に近づくにつれて、今のスヌーピーの姿になって行く様子が見られ、撮影スポットにもなっています。


© Peanuts




© Peanuts



敷地内には、チャーリー・ブラウンが凧揚げを失敗して、いつも凧を食べられてしまう「凧食いの木」もあるので、見逃さないようにして。

チケットはゆったりと楽しめるよう、日時指定の予約制に。前売り券の販売状況に余裕がある場合は当日並ぶことも可能ですが、平日でも夕方以降、落ち着いた時間に行くのがおすすめです。
 
 

■スヌーピーに抱きつける? 親子で楽しめる展示
来館してまず注目したいのが入場時に必ずもらえる「メモリアルチケット」。シュルツ氏が50年間ほとんど休まずに描いた、17,000を超すコミックの中から、入場した日に発表されたコミックが印刷されています。栞としても使えるこのチケットは1日4種類。家族や友人同士で行けば、違うコミックを見比べることも可能。いつ行っても違うので、コレクター心をくすぐられます。



早速展示コーナーへ。入ってすぐの場所に展示されているのは、1951年から1975年に描かれた、4,452枚ものコミックを組み合わせた立体的な作品「3Dピーナッツ」。本家のシュルツ美術館には、タイルに焼き付けたコミックからなるアート作品があり、それに呼応しているのだそう。


© Peanuts




© Peanuts



2016年9月25日(日)までは企画展として、「愛しのピーナッツ。」展を開催中。シュルツ氏の夫人、ジーン・シュルツさんがセレクトしたピーナッツの原画60点が、夫人だからこそ知る制作秘話とともに公開されています。


© Peanuts



特に1985年のバレンタインデーにシュルツ氏から贈られたという原画は、世界初公開。原画に色が付いているのは珍しく、ジーンさんの寝室に大切に飾られていたそう。夫婦の絆が伝わってきます。


© Peanuts



また、谷川俊太郎さん、吉本ばななさん、シュルツ氏の次男のクレイグ・シュルツ氏ほか、日米の著名人12人がピーナッツ愛を映像や秘蔵アイテムを紹介する、特別展示も。


© Peanuts



のぞき穴からのぞくとキャラクターが現れたり、スヌーピーに抱きつく感触を味わえたり、子どもも楽しめるしかけもたくさん。




© Peanuts



そのほか、最近発見された未発表のスケッチや資料を展示する「知られざるシュルツ」コーナーや、貴重なヴィンテージグッズを紹介するコーナーもあり、見応えがあります。
 
 

■ショップやカフェも忘れずチェック
展示を見た後のお楽しみは、ミュージアムショップ「BROWN’S STORE(ブラウンズストア)」でのお買い物。ぬいぐるみやステーショナリー、雑貨、クッキーまで、幅広いオリジナルグッズが500点以上。買いすぎてしまうこと必至です。


© Peanuts




© Peanuts



また、併設されたカフェ「Blanket」では、サンドイッチやパンケーキ、ミルクセーキなどを楽しめます。今回の企画展に合わせた、ピーナッツバターサンドにミニコーンドック、ポテトがセットになった「マイフェイバリット ピーナッツ」や、ミルクセーキ「マイ・スイート・バブー」もあり、スヌーピーの世界観を楽しめます。


© Peanuts




© Peanuts



館内の隅々まで、大人も子どももゆったり楽しめる美術館。ぜひお出かけしてみては?
  
スヌーピーミュージアム
東京都港区六本木5-6-20
(東京メトロ六本木駅より徒歩7分、または麻布十番駅より徒歩10分)
open. 10:00~20:00(入場は19:30まで)
オープン記念展会期中(2016年9月25日まで)無休、以降未定。
※展示内容および商品は、会期により異なります。
※商品は売り切れの場合がございます。

 


(赤木真弓)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP