もう、夜ごはんの献立で悩まない! 働くママが実践する簡単テク

もう、夜ごはんの献立で悩まない! 働くママが実践する簡単テク

Bu facebook
Bu twitter
働くママにとって、家族の夕食づくりは日々の最大の難事。仕事を終えてダッシュで帰宅、そのまま夕食の準備に取りかかり、食べはじめるころにはぐったり…。そんなママも多いのではないでしょうか。

料理をする女性の手元

© lenetsnikolai - Fotolia.com



家計のやりくりをしながら、栄養バランスを考えて毎日献立を考えてつくるのは大変です。そんなときに役立つ簡単テクを紹介します。

■「家庭の味」を3つ決める
しょうゆ味、みそ味、塩味というように、「うちの味つけはこれ!」と決めてみましょう。ラーメンのようですが、最低この3つの味つけさえあれば、どんな食材もバリエーション豊かなメニューになります。

それぞれ使う調味料の分量を決めたらメモをして、キッチンの近くに貼っておくといいでしょう。毎回スマホでレシピを確認しなくても、刻んだ野菜や肉と「○○家の味」にするための調味料を入れるだけで、家族がよろこぶ献立が完成します。

「急いで食べさせなくちゃ!」と目分量で適当につくってしまったり、簡単そうだからと初めての味つけに挑戦したりすると、できあがりがイマイチになってしまうことも。せっかくがんばったのに、気持ちはブルーという事態は避けたいですよね。

大切なのは、めずらしかったり見た目がよかったりする献立よりも、おなかがいっぱいになる「家庭の味」にすること。

メモを見て頭を使わずにシステマチックに作業をするというのは、事務的で味気ないと思ってしまうかもしれません。しかし、これが忙しいママにとっても家族にとってもハッピーなことなのです。



■基本メニューを決める
うちの家族はこれさえ食べさせておけば大丈夫! という、“基本メニュー”をあらかじめ設定しておくのもおすすめです。

我が家の場合はスープとごはん。スープは、市販のめんつゆを使います。冷蔵庫にある野菜と肉(たまにエビやイカ)を細く薄く刻んだら、めんつゆの入った鍋に入れて食材に火が通るまでゆでるだけ。

玄関からキッチンへ直行して準備をすれば、10分で食卓に並べられます。スープとごはんだけでも、野菜がたっぷり入っていれば、大人でも満腹に。市販の粉末だしにしょうゆやみそを加えるなどアレンジもできます。

急な残業で帰りが遅くなってしまっても、「すぐできるからね!」と笑顔で言えるメニューをもっておくと、気持ちもグッと楽になります。

■献立を考える手間が省ける「宅配キット」を利用する
決められた献立に使う材料が人数分セットになった夕食宅配キット。献立に悩まされることもなく、また、煮たり焼いたりの調理は必要なので、「家族の夕食はできあいのおそうざいではなく、自分できちんとつくりたい」というママの気持ちも満たしてくれる優れものです。

筆者が利用している「ヨシケイ」は、レシピと食材がセットになって家に届くサービスです。栄養士による献立のため、栄養バランスもしっかり。即日注文・配達はできないので、1週間くらい前までにサービスを使うか決めなければいけませんが、週1日から7日まで、日数を選べるので便利です。

ほかにも、有機野菜など、おいしさにこだわった旬の食材メニューが20分でつくれる「キットオイシックス」や、週3日から利用できる「コープデリの料理キット」が働くママに人気。1食分のコストが明確なので、毎月の食費の管理がしやすくなるというのもメリットです。


悩むとキリがない毎日の夕食づくりも、シンプルにルーチン化してしまえば負担が少なくなるのではないでしょうか。がんばりすぎて疲れちゃった…という方は、ぜひ実践してみてくださいね。
 
 
 
(マムズラボ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP