しりとりがマンネリ化したら、こんなバリエーションはいかが?

しりとりがマンネリ化したら、こんなバリエーションはいかが?

Bu facebook
Bu twitter
言葉をもっと知りたい時期の子供なら、しりとりをしたがりませんか?

しりとりは、マンネリ化してしまいがち。未だに、私が子供の頃にもやっていた流れで始まります‥しりとり→りんご→ごりら→らっぱ→ぱんだ→だんご→ごま→‥。ここから、昔は”まり”という言っていましたが最近は実物を見かけませんので、「マンゴー」などと変化。しかし結局、なんとなくラクな言葉でつなぐと結局いつも同じ流れになってしまいます。

そこで、こんな条件を追加して遊ぶのはいかがでしょうか。

■ハッピースイーツ編
みんなが「わあ!食べてみたいな」と思える夢のスイーツ限定です。現実的なものだけでもいいし、空想上のスイーツもありです。
☆現実的なスイーツ編
しりとり→りんごパイ→イチゴムース→すいかシャーベット→とれたて木いちごのミルフィーユ→ゆずみかんソフトクリーム→紫芋のアイス→スイートポテト→トマトゼリー

とれたて木いちごのミルフィーユなんてちょっと苦しいですが、これもOKにすると美味しそうなメニューのバリエーションが広がります。
☆想像上の夢のスイーツ編
しりとり→リボンの形のキャンディー→一番甘いイチゴと一番きれいなマスカットのミックスソーダ→白い雪に秘密のシロップをかけた虹色かき氷

こんな感じです。想像力もアップします。女の子に人気です。
■見えたものしりとり
歩いているときに見えたもの、持っているもの、着ているものだけで繋いでいきます。

しりとり→リップ→プラスチック→くるま→まど→どあ→あいぼりー(※服の色)→いぬ→抜いていく自転車→やえざくら→ライト→とけい

こんな感じです。どこまでOKかはそれぞれの親子のルールで決めてみてくださいね。意外につながるし、語彙も増えます。
■魔女の食べものしりとり
お食事中の方、ご注意を。男の子に人気のしりとりです。悪趣味ならごめんなさい。

しりとり→リんごの中に入った虫のソテー→えりすぐった黒ミミズのスープー→プルンとした芋虫バーガー

子供たちは怖い物見たさ、気持ち悪い物見たさの好奇心があるので、みんなでキャー!!!!と叫びながら明るく楽しみます。

以上、マンネリ化したしりとりを盛り上げるアイディアでした。

ライター:yuki
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP