連絡帳に “美文字” 、家族のための “編み物” 、ママの女度がUPする資格試験

連絡帳に “美文字” 、家族のための “編み物” 、ママの女度がUPする資格試験

Bu facebook
Bu twitter
通信講座のチラシを見て、ちょっと習い事でもしてみようかなと思っても、なかなか実行するキッカケがなくて……なんてことありませんか? 試験日の決まった資格検定を利用すると、目標ができて励みになる上、キャリアアップにもつながります。今回はママの女っぷりを上げるのにぴったりの資格試験をご紹介します。


© Rostislav Sedlacek - Fotolia.com



■連絡帳もお手紙もサラサラと! →「ペン字検定」(硬筆書写技能検定)
独身時代には何でもパソコンやスマホでこなしていた、という人も、子育てをするようになると「手書き」の必要に迫られる機会がぐっと増えますよね。学生のとき流行っていたかわいい文字もいいけれど、ペン字でサラリと大人っぽく書きたい場面も。

硬筆書写技能検定は、全国の都道府県で、県庁所在地での試験を実施しています。検定料も、入門編の5級はなんと¥1,100とリーズナブル。通信講座や自主練はいつでも始められるばっかりにかえって始めにくい……という人には、受験日からスタート時期を決めてみるのもオススメです。


■あこがれの編み物上手なママになる! →「毛糸編物技能検定」
初歩の腕試しから、講師への道につながる上級編まで、編物のスキルに合わせて受験できる検定です。試験はどの級でも、実技と筆記の両方で行われます。筆記試験に向けては、編み図の読み書きについても勉強することに。編物に興味はあるけど図とにらめっこするのが苦手で……という人は、この検定をチャンスに得意分野にしてしまえば、趣味の世界がぐっと広がるかもしれません。


© Denlux - Fotolia.com


試験は多くの都道府県で実施され、受験者に向けた講習会も各地の支部ごとに催されています。5級は受験料¥2,100(税抜)。子どもや学生はおトクに¥1,100(税抜)で受験できるので、親子でチャレンジするのもオススメです。
 
 

■インテリア・家族の服選びもセンスUP! →「カラーコーディネーター検定」
色の合わせ方が上手でオシャレな人がうらやましい、カーテンやベッドカバーの色を選ぶときに決め手がなくて悩む、いつも似た感じの色合いで服を選んでしまう、料理をもっとおいしそうに盛り付けたい……カラーコーディネーターの勉強は、じつはそんな日常的なニーズにも応えてくれるんです。


© 00132 - Fotolia.com


配色には、学べば誰でもコツをつかめる法則が存在します。レインボーカラーを輪にした「色相環(しきそうかん)」を見れば一目瞭然な色の相性、モノトーンとカラフルな原色とが混ざった微妙なニュアンスを分かりやすく分類した「トーン」、色彩がもたらす心理効果をはじめ、知っていると生活をより豊かに楽しめそうな知恵がいっぱい。試験は各都道府県にて実施、複数会場のあるところも。3級は受験料¥5,250(税込)。


習い事や資格がちょっと気になっていた背景には、何かでちょっと自分を成長させてみたい気持ちが隠れているのかもしれません。スキマ時間でマイペースに、スキルアップを楽しんでみてはいかがでしょうか。
 
(鈴木麻里)
 
 
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP