小学生の児童書5選!人気のシリーズものを厳選

小学生の児童書5選!人気のシリーズものを厳選

Bu facebook
Bu twitter

小学生向けのシリーズものの児童書は、たくさん出版されています。書店に行っても種類が多いので、どれがおもしろいのか、分からなかったり。また内容を把握するのに、時間がかかったりしますよね。

小学生になったら、絵本だけじゃなくて児童書の楽しさにも気づいてほしい…なんてお考えのママ・パパも多いのではないでしょうか。

今回は、一度読んだらはまってしまう可能性大の小学生に人気なシリーズものの児童書を厳選して5選、ご紹介します。

児童書を選ぶ時のポイント

子どもが興味を持つテーマを選びましょう

自宅で読書する女児,小学生,児童書,人気

子どもが興味を持つテーマとは、子どもが楽しく本を読み進めるために大切なことです。関心がある内容の本に出会うことで、本がもっと好きになるかもしれません。

子どもの興味は、どんどん変わるものです。子どもに本を自由に選ばせてみませんか?「こんなジャンルに興味が出てきたんだ。こういう絵のタッチが好きなのね」など。

子どもが選んだ本によって、親が知らない子どもの一面や、我が子の成長を垣間見ることができるかもしれませんよ。

内容がおもしろいかどうかも必ずチェックしましょう

おもしろいということも重要なポイントです。子どもにとって難しすぎると読むことが苦痛になるかもしれません。おもしろいと思えるような本を読むことで、もっと読みたいという気持ちが湧いてくるでしょう。

具体的には冒険の要素など、読んでいてワクワクするような本なら読書が楽しくなるかもしれませんね。

家読(うちどく)のすすめ

家読(うちどく)という言葉をご存知ですか?家族みんなで同じ本を読む新たな読書スタイルです。

読書習慣を親子にもたらすのと同時に1冊の本、共通の本を通して親子のコミュニケーションをはかります。コミュニケーションツールとして本が親子の間、家族の中に存在するというわけです。

読んだ本の感想をお互いに話して、感じ方の違いに気付いたり。「どこまで読んだ?」「どこが面白かった?」「自分だったら、この場面どうする?」など、会話のきっかけにもなりやすく話も弾むと思います。

シリーズものの児童書なら、子どもでも読みやすく初めての家読(うちどく)に最適です。子どもが大きく成長しても親子一緒の本の思い出があるなんて!素敵ですよね。

この記事に関連するリンクはこちら

【1】かがくるBOOK―科学漫画サバイバルシリーズ|朝日新聞出版

ハラハラドキドキしながら科学が学べる

かがくるBOOK―科学漫画サバイバルシリーズ,小学生,児童書,人気 出典:amzn.to

シリーズものの児童書で人気が高いのが、韓国の科学漫画サバイバルシリーズです。特に男の子からの人気が高く、1冊読むと次々に読みたくなってくるようです。

自然や災害、生物や人体など、科学や理科の分野に関係あるテーマで、子どもたちが毎回ピンチに立ち向かいます。

厳しい状況でも知恵を絞ってサバイバルするストーリーなので、ハラハラしながら夢中になって読むことができます。

また、物語を楽しみながら科学に関する知識もつきますよ。代表的な作品は、「昆虫世界のサバイバル」「宇宙のサバイバル」「自然史ミュージアムのサバイバル」などがあります。

「鳥のサバイバル 1」は、2016年2月に発売されたばかりの科学漫画サバイバルシリーズの最新刊です。美しい鳥の島で繰り広げられるドキドキワクワクの大冒険が展開されますよ。

基本情報

参考価格:1,296円
作者:ゴムドリCO. (著)、韓賢東 (イラスト)
単行本: 172ページ
出版社: 朝日新聞出版
言語: 日本語
発売日:2016/2/5

【2】わかったさんのおかしシリーズ|あかね書房

おかしのレシピも覚えられる

わかったさんのおかしシリーズ,小学生,児童書,人気 出典:amzn.to

わかったさんのおかしシリーズは、毎回ストーリーの中にお菓子が登場し、レシピまで覚えられる児童書です。

お料理やお菓子作りに興味を持ち始めた子どもなら、この本を読んで自分もお菓子を作ってみたいという気持ちになるでしょう。

わかったさんは、クリーニング屋の娘です。毎回不思議な世界に迷い込んでしまいます。そこで冒険をしたりお菓子を作ったする…というストーリーです。

巻末にはテーマになったお菓子のレシピも記載されています。読み終わったら、子どもと一緒にお菓子作りをするのはいかがでしょうか?

代表的な作品は「わかったさんのクッキー」、「わかったさんのアップルパイ」などです。

基本情報

参考価格:972円
作者:寺村輝夫 作/永井郁子 絵
単行本:74ページ
出版社:あかね書房
発売日:1987/12

口コミ

・全てのページに絵がついているので、文字を追って読まなくても内容が理解しやすいようです。

・レシピ付きなので、お菓子作りにも子どもが興味を示すようになりました。

・わかったさんが失敗しながら作る工程が面白いです。作り方が分かりやすく載っているので助かります。

【3】エルマーのぼうけん|福音館書店

読み継がれる児童書の名作

エルマーのぼうけん,小学生,児童書,人気 出典:amzn.to

「エルマーのぼうけん」はシリーズ3部作です。「エルマーのぼうけん」、「エルマーとりゅう」「エルマーと16ぴきのりゅう」の3作があります。

小学校低学年から自分で読めるので、ママの読み聞かせを卒業して自分で本を読み始めた子どもにおすすめです。ストーリーは勇気がある9歳の少年エルマーの冒険物語です。

自分と同年代の男の子が困難を乗り越えていくお話しなので、ワクワクしながら読み進めることができるでしょう。

児童書として長く読み継がれている本なので、パパやママも子どもの頃に読んだ方も多いのではないでしょうか。

子どもの頃に読んだ本を自分の子どもも読むと、お互いの感想を話し合うことができるので楽しいですよね。

基本情報

参考価格:1,296円
作者:ルース・スタイルス・ガネット (著)、ルース・クリスマン・ガネット (イラスト)
単行本:128ページ
出版社:福音館書店; 新版
言語:日本語
発売日:1963/7/15

口コミ

・エルマーの活躍を応援しながら親子で読んでいます。知恵、優しさ、勇気など、いろんなことを教えてくれます。

・何度読んでも子どもは、面白いようです。大人が読んでも充分に楽しめる冒険ストーリーです。

・いろんな種類の動物が登場したり、危険と隣り合わせのドキドキの展開です。冒険の地図が付いているので、お話の進み方も分かりやすいです。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【4】ミルキー杉山のあなたも名探偵|偕成社

名探偵気分で事件を解決しよう

もしかしたら名探偵,小学生,児童書,人気 出典:amzn.to

ミルキー杉山のあなたも名探偵シリーズも、小学生低学年に特におすすめの児童書です。一見すると、分厚くて、読むのが大変そうと思われるかもしれません。

が、実は開くと絵が中心で文章はちょこっとだけのレイアウト。小学生になり、学校では音読もスタートし少しずつ自分で読む面白さが分かってくる頃。

そんな時に読む児童書としてぴったりです。シリーズは、全部で17作品もあります。名探偵になりきって、犯人探しをするという一話完結のお話が1冊につき、2話~4話入っています。

1冊ずつ完結型のストーリーなので、どの本から読んでも良さそうですが…。ちょっと待ってください。実は探偵、ミルキー杉山の家族構成や住んでいる街などが緻密に事件と、ストーリーに絡んできます。

事件を解決する度に、ミルキー杉山の推理に協力してくれる人も続々と登場してくるのです。「あの時の事件は、◯◯だったな~」など、事件を振り返る場面もときどき登場します。

読む順番が違ったことで、事件の犯人が分かってしまったり、推理内容がネタバレする可能性が大です。

読み進める時は、ご注意くださいね。ミルキー杉山のあなたも名探偵シリーズ1作目は、「もしかしたら名探偵」です。

謎解きは、とんち満載で細かい描写による間違い探しや、暗号解読など…。子どもも大人も夢中になるしかけが満載です。ぜひ、親子で探偵気分を味わってくださいね!

基本情報

参考価格:1,080円
作者:杉山 亮 (著)、中川 大輔 (イラスト)
単行本:145ページ
出版社:偕成社; 改訂版
発売日:1992/04

口コミ

・小学生でも頭をひねれば事件が解決できます。とんちや、暗号解読など、子どもが好きな推理の要素がいっぱいあります。

・間違い探ししたり、記憶力を試されたり。読み物というより、推理絵本という感じ。低学年でも充分、読み進められます。

・「事件編」と「解答編」と話が分かれているので、推理する時間を自分で決めて楽しんでいます。

【5】かいけつゾロリ|ポプラ社

いたずら好きのきつね、ゾロリと双子のイノシシの大冒険!

かいけつゾロリのドラゴンたいじ,小学生,児童書,人気 出典:amzn.to

自称天才大ドロボウのきつね、ゾロリと、その子分のイノシシ、イシシとノシシ(実は双子)が織りなすはちゃめちゃな冒険ストーリーです。

文字が大きく、絵が中心で物語が進んでいくので、1人で読書をするようになった子どもにはちょうどいいボリュームの1冊ですよ。

かいけつゾロリシリーズは、全部で61作品。おおよそ1年に2作のペースで作成されています。これからもシリーズは、まだまだ続きそうです。

登場するキャラクターも皆、個性的です。「ゾロリのママって幽霊なの?パパはどこにいるの?」など、疑問がいっぱい。

読んでいくうちに、「そうだったのか…」という発見があるでしょう。何度でも読み返したくなるしかけとして、隠れキャラもいます。

作者、原ゆたか先生が時々、お話の中に登場しストーリーを解説してくれたりしますよ。また、物語の場面や背景も見逃せないしかけがあります。

ゾロリママ、原ゆたか先生、先生の奥さん、先生が飼っているハムスター2匹が隠れているんです。「こんな所にいた!」と、見つける度に、子どもは大はしゃぎです。

よーく見ないと見えない発見できなかったりするので、キャラクター探しに夢中になったり、何度も読みたくなるのも分かると思いますよ。

あらゆる小学校で全国的に有名な作品です。転校した先でも共通の話題として、きっと盛り上がることができるでしょう。

「何のキャラクターが好き?」「ゾロリシリーズ、どこまで読んだことある?」なんて話しかければ、初対面のお友達とも仲良くなれるきっかけになるかもしれませんね。

友達同士で貸し借りをすることも多いようですよ。

基本情報

参考価格:972円
作者:原ゆたか (著、イラスト)
単行本:85ページ
出版社:ポプラ社
発売日:1987/11

口コミ

・絵を見ているだけでも楽しいようで、子どもは何度も読み返しています。

・ゾロリシリーズを買うようになってから、1人で読書するようになりました。

・ゾロリとイシシとノシシの掛け合いや、おっちょこちょいの冒険ストーリーにドキドキハラハラ、目が離せません。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?児童書は数がとても多いため、選ぶだけでも迷ってしまいますよね。子どもに児童書を買ってあげようと思っている親御さんは、子どもが興味を持つテーマとおもしろさに注目して選んであげましょう。

シリーズものの児童書は、一度読んだら続きが読みたくなったり、別の作品が読みたくなったりしますね。子どもの「おもしろい!」という気持ちから読むことをスタートすれば、自然と読書習慣が身に付くかもしれませんよ。

ぜひ、家読でシリーズものの児童書をご家族で楽しんでみてくださいね!!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP