発達障害の検査。子どもに「診断名をつけること」は目的じゃない

発達障害の検査。子どもに「診断名をつけること」は目的じゃない

Bu facebook
Bu twitter

うちの子、発達障害かも?でも診断を受けるのは怖い…

発達障害の検査。子どもに「診断名をつけること」は目的じゃないの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174005559

子どもの発達が気がかりだけど、病院に行く程ではないだろう。障害だなんて…そんな風に思う方もいるかもしれません。

でも、大人が思う以上に子ども自身が困っているかもしれません。

私の娘は、療育施設に1年ほど通い、その後保育所へ3年通って、現在は地域の小学校に通っています。
どの施設でも行事に参加したことがありますが、保育所や小学校の通常クラスであっても「この子、発達障害じゃないかなあ」と思える子が1人、2人ほどいました。

しかし保護者会に行くと「まだ子どもは診断を受けていないんです」と言う方もいらっしゃいました。

私自身は、親の「発達障害かもしれない…でも、もし障害だと判明したら怖い…」という気持ちが、子どもの得意不得意をちゃんと知れる機会を遅らせしまうのも1つだと思っています。

不安な気持ちは、私もよくわかります。療育手帳を持つことに「抵抗がある」という知人もいました。そう簡単に子どもに障害があると受け入れることはできないと思うのです。

私たち親子が診断を受けるまで

発達障害の検査。子どもに「診断名をつけること」は目的じゃないの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015193211

確かに、病院へ行って発達障害だと診断を受けたら、気持ちが落ち込むかも知れません。

私の場合も、娘の様子が何かおかしいと最初に気づいたのは妻でした。
でも私は「ただちょっと遅れているだけだろう」としか思いませんでした。誰しも自分の子どもの成長を、発達障害を前提にして考えてはいません。

しかし、インターネットや関連本などで調べていくうちに、その症状が当てはまることに気付いてからは、きちんと病院で調べてもらう気になりました。

診断が出たときは、薄々気づいていたとはいえやはりショックでした。でも、娘が大人になった時、社会の一員として暮らしていけるように親として今出来る限りの手助けをしてあげないといけない、と考えなおしました。

きちんと診断を受けたからこそ、行政から支援を受ける事ができるならそれは利用するのが得策だとも思いました。

誰のための診断なのか、ゆっくり考えてみよう。答えを出すのは家族のペースで良い。

発達障害の検査。子どもに「診断名をつけること」は目的じゃないの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030030753

病院へ行き、診断を受けるのは子どもです。親ではありません。
現実を受け止めることは難しいかもしれませんが、親の都合や気持ちで子どもの自身の成長のキッカケを遅らせてしまう一方では、子ども本人のためにはならない、と考えるようになりました。

診断を受けるということは、その子に必要な支援がどんなものか?周囲はどう支えたらよいか?をきちと知る機会なのです。

診断に行くことは、「障害のラベル」を子どもに付けることじゃない。

発達障害の検査。子どもに「診断名をつけること」は目的じゃないの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174007653

私も診断を受けた直後はショックでしたが、時間の経過とともに大事なことに気づきました。

診断名だけにとらわれず、まずは子どもが困っている事にきちんと注目するということです。

診断の有無に関わらず、子どもの成長は人それぞれです。。理解のはやい子・ゆっくりな子、運動の得意な子・苦手な子、おしゃべりな子・大人しい子…。

子どもの苦手なことが見えたら、どうすれば伸びるかを考えますよね。発達障害の診断がある子どもに関しても、基本的には同じような考え方でいいのではないでしょうか?

診断名にとらわれすぎず、今目の前にいる自分の子どもが困っていることや、苦手なところに寄り添い、サポートをしていけばいい。そう思っています。

もし、発達障害かもと心配していながらも、病院に行く一歩を踏み出せずにいる方…少し立ち止まってゆっくり考えてみませんか?

「診断を受ける」ということは、子どもに「障害」というラベルを付けることではないと思います。診断は、子どもが困っていることに気付き、子どもに合ったサポートや学び方をきちんと考える為のもの、なのですから。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP